赤岩寺自然歩道(赤岩尾根)の登山口にアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県の豊橋市から静岡県の湖西市に掛けて東西に連なる赤岩寺自然歩道(赤岩尾根、西猿岩:309.3m)。

赤岩寺の山門北に対峙する石巻尾根とセットで縦走コースが組まれることも多いトレイルで、豊橋だけでなく名古屋近隣からもアクセスが容易なことから東海地方でも人気となっているお手軽縦走スポットとして知られています。

赤岩寺自然歩道の登山ルートは赤岩尾根の南山麓に佇む赤岩寺を起点とするのが一般的。

(📷 画像は赤岩尾根の南側の登山口となる赤岩寺の山門)

豊橋鉄道の赤岩口電停から徒歩圏内にあることから公共交通機関利用したハイキングも特に問題ありません。

そこで今回は、赤岩寺自然歩道の登山口となる赤岩寺に公共交通機関を利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は名古屋駅発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から名古屋までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
▶ 福岡から名古屋にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

ちなみに、赤岩尾根に北側の石巻山方面からアプローチする場合はこちらのページを参考にしてください。
▶ 石巻山(石巻尾根)の間場登山口にバスでアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度  😭
 山岳名  赤岩寺自然歩道(赤岩尾根)
 登山口名  赤岩寺
 最寄りバス停  –
 最寄り駅  赤岩口電停(豊橋鉄道東田本線)


赤岩寺自然歩道(赤岩尾根)の登山口にアクセスする方法

~ 赤岩口電停から歩く ~

スポンサーリンク

STEP1
(名古屋駅から豊橋駅まで)

名古屋駅からJR東海道本線(豊橋方面行き)に乗車し、豊橋駅で下車する。

※ 運賃は1,320円。

📷 豊橋駅(※画像はありません)。

STEP2
(駅前電停から赤岩口電停まで)

駅前電停から豊橋鉄道の東田本線に乗車し、終点の赤岩口で下車する。

※ 運賃は150円。

📷 駅前電停(https://goo.gl/maps/29ouko6yHqv)(※画像はありません)。

赤岩口電停(豊橋鉄道)📷 赤岩口電停(https://goo.gl/maps/cwGvd2JAqKt)。

STEP3
(赤岩口電停から赤岩寺まで)

赤岩口電停から赤岩寺自然歩道の登山口となる赤岩寺まで歩く。

赤岩口電停前の県道4号線を東に進む赤岩口で電車を降りたら、電停前の車道(県道4号線)を東にまっすぐ歩いてください。

県道4号線の多米町交差点を左折する1.5kmほど歩いたら、赤岩寺を示す案内板が立てられている交差点(多米町の交差点)がありますので、ここを左に入ってください。

赤岩寺の仁王門前道なりにまっすぐ進むと赤岩寺の仁王門があり…

赤岩寺の山門その先に赤岩寺の山門が見えますので、赤岩寺の境内に入ったら…

赤岩寺本堂右側の小路本堂右手の小路を奥に進んでください。

赤岩寺の本堂右側の小路の先にある赤岩寺自然歩道の道標本堂右手の小路を少し奥に進むと赤岩寺自然歩道の案内板が立てられていますので、あとは道標に従って赤岩寺自然歩道の登山コースに入ってください。

赤岩口電停から赤岩寺自然歩道の登山口となる赤岩寺までの道順はこんな感じです。


参考サイト

豊橋鉄道
http://www.toyotetsu.com/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス