六甲山の登山口 滝ノ茶屋と芦屋ロックガーデンへのアクセス方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

六甲山地最高峰の六甲山(931.3m)。

滝ノ茶屋(芦屋ロックガーデン入口)六甲山地の盟主、また六甲全山縦走路の中心として多くのハイカーを魅了し続ける関西屈指の登山スポットです。

京阪神でも有数のハイキングエリアだけあって登山ルートも豊富に整備されているようですが、その正面ルートとなるのが日本ロッククライミング発祥の地として知られる芦屋ロックガーデンから雨ヶ峠を縦走するコースです。

登山口となる滝ノ茶屋( 左の画像)は阪急電車の芦屋川駅から徒歩圏内にあるので、公共交通機関を利用したアクセスも非常に便利です。

そこで今回は、六甲山の表玄関となる滝ノ茶屋(高座ノ滝)および芦屋ロックガーデンにアクセスする方法をご紹介いたしましょう。

なお、今回は梅田(大阪駅)発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から梅田(大阪駅)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
 福岡市内から大阪(梅田・新大阪)にアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥
 山岳名  六甲山
 登山口名  滝ノ茶屋、高座ノ滝、大谷茶屋、芦屋ロックガーデン
 最寄バス停  –
 最寄駅  芦屋川駅(阪急神戸線)


六甲山の登山口 滝ノ茶屋と芦屋ロックガーデンへのアクセス方法

~ 阪急芦屋川駅から歩く ~

スポンサーリンク

STEP1
(梅田から芦屋川駅まで)

阪急梅田駅から阪急神戸線に乗車し、芦屋川駅で下車する。

 運賃は280円。

芦屋川駅(阪急電車) 阪急芦屋川駅。

STEP2
(芦屋川駅から高座の滝まで)

芦屋川駅から六甲山の登山口となる高座ノ滝(大谷茶屋)まで歩く。

阪急芦屋川バス停芦屋川駅で阪急電車を降りたら、駅前の川沿いの車道を北に進みます。

阪急芦屋川駅北側の芦屋道路との分岐駅のすぐ先の交差点(信号がある)を右に進むと橋を渡って有馬・六甲方面に至る芦屋道路となりますが、ここは右ではなく(橋を渡らず)直進してください。

阪急芦屋川駅北側の芦屋道路との分岐を直進したところの川沿いの道川を右に見て川沿いを北に真っ直ぐ進むと・・・

芦屋ロックガーデンに行く途中の最初の分岐分岐がありますので、右に進みましょう。

芦屋ロックガーデンに行く途中の2番目の分岐その次の分岐は左に進み・・・

芦屋ロックガーデンに行く途中の2番目の分岐の先のT字路その次のT字路も左に入ります。

芦屋ロックガーデンに行く途中の2番目の分岐の先のT字路の先のT字路その次のT字路は直進し・・・

芦屋ロックガーデンに行く途中の2番目の分岐の先のT字路の先のT字路の先の角その先の角を右に入ります。

芦屋ロックガーデンに行く途中の2番目の分岐の先のT字路の先のT字路の先の角の先のT字路その先のT字路は左に(直進)・・・

芦屋ロックガーデンに行く途中の2番目の分岐の先のT字路の先のT字路の先の角の先のT字路の先の分岐その先の分岐を右にとって坂を上ると・・・

芦屋ロックガーデンと鷹尾山(鷹尾城跡)の分岐T字路があります。

芦屋ロックガーデン(滝の茶屋)に行く場合はこのT字路を直進し、鷹尾山(城山・鷹尾城跡)から稜線上のコースを荒地山まで歩く場合はこのT字路を右に進みます。

鷹尾山(城山・鷹尾城跡)登り口ちなみに、T字路を右に進んで100mほどのところに鷹尾山(城山・鷹尾城跡)の登山口があります。

(※2~3台分の駐車スペースがあります)

芦屋ロックガーデンと鷹尾山(鷹尾城跡)の分岐T字路の分岐に戻りましょう。

このT字路をそのまま直進すれば・・・

滝ノ茶屋入口駐車場高座ノ滝や芦屋ロックガーデンの入口となる滝ノ茶屋の前に到着。

(※ここに数台分の駐車スペースがあります。車の場合はここに停めるしかないでしょう。駐車スペースが埋まっている場合は前述した鷹尾山の登山口前の駐車スペースを利用するしかないと思います。)

滝ノ茶屋入口と公衆トイレあとは滝ノ茶屋の前を通って・・・

高座ノ滝大谷茶屋および高座ノ滝を経て登山道に入ってください。

※左の画像は高座ノ滝。

芦屋川駅から鷹尾山(鷹尾城跡)の登り口と六甲山の登山口となる高座ノ滝(大谷茶屋)までの道順はこんな感じです。


参考サイト

阪急電鉄
http://www.hankyu.co.jp/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス