京ヶ峯・愛宕山・音羽富士の登山口にバスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡崎市の東に悠然と佇む京ヶ峯(441.8m)と愛宕山、音羽富士(380m)

白髭八柱神社(岡崎市)500mに満たない低山ながら、その連なる稜線を巡る縦走コースが愛知周辺の登山愛好家に古くから親しまれている東三河の秀峰として知られています。

(📷 画像は京ヶ峯の南山麓側の登山口にある白髭八柱神社)

京ヶ峯と音羽富士の縦走コースへのアプローチはいくつかありますが、京ヶ峯から登る場合は中貝津の京ヶ峯(愛宕山)登山口(トヨトミナシがあるところ)か、もしくはその少し南に位置する白髭八柱神社の横から登山コースに入る人が多く、音羽富士から登る場合は白髭八柱神社の少し先から登山コースに入るのが一般的なようです。

公共交通機関の整備が十分でない地域にあるためアクセスにはマイカーを利用するのが一般的ですが、5kmほど北側を通る県道37号線までは名鉄バスの路線バスも通じていますので5kmほどの車道歩きを厭わないというのであれば公共交通機関を利用したハイキングも不可能ではありません。

そこで今回は、京ヶ峰、愛宕山、音羽富士の登山口に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は名古屋駅発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から名古屋までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
▶ 福岡から名古屋にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

 登山口データ
 アクセス難易度  😭😭😭😭
 山岳名  京ヶ峯、愛宕山、音羽富士(おとわふじ)、ホド田山
 登山口名  京ヶ峯登山口(トヨトミナシ)、ほたる学校、白髭八柱神社
 最寄りバス停  本宿駅(名鉄本線)
 最寄り駅  滝尻口バス停(名鉄バス:くらがり線)、
 中貝津、宮前バス停(岡崎市コミュニティバス)


京ヶ峯・愛宕山・音羽富士の登山口にバスでアクセスする方法

~ 名鉄本線の本宿駅から路線バスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(名古屋駅から本宿駅まで)

名鉄名古屋駅から名鉄本線(豊橋方面行き)に乗車し、本宿駅で下車する。

※ 運賃は860円。

本宿駅(名鉄)📷 本宿駅。

STEP2
(本宿から滝尻口まで)

本宿バス停から名鉄バスの運行する「石原」「くらがり渓谷」方面行き路線バスに乗車し、滝尻口で降車する。

※運賃は340円。

本宿駅(名鉄)📷 本宿バス停(https://goo.gl/maps/xcq6qfripe92)。

滝尻口バス停(名鉄バス)📷 滝尻口バス停(https://goo.gl/maps/1rwYiNUBrbp)。

⏰ 路線バスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 風頭山(岡崎市)の登山口にバスでアクセスする方法

STEP3
(滝尻口から京ヶ峯または音羽富士の登山口まで)

滝尻口バス停から京ヶ峯の登山口または音羽富士の登山口まで歩く。

中貝津の京ヶ峯登山口(トヨトミナシ)から入山する場合

滝尻口バス停から県道377号線の方に進む滝尻口でバスを降車したら、バス停西側のT字路を左に入り、県道377号線をひたすら南に進んでください。

(※滝尻口バス停西側のT字路を左折して突き当りのT字路を右折すると少し先で県道377号線に出合いますので県道377号線に出たら左折して県道377号線を豊川方面に歩いてください)

岡崎市ほたる学校県道377号線を4kmほど歩いたら右手にホタル学校が見えてきます。

中貝津バス停前を南に下るそして、ほたる学校を右手に見送り更に500mほど歩いたら中貝津のバス停(※後述します)があり、バス停から100mほど先まで歩いたら…

中貝津の京ヶ峯登山口車道右手に京ヶ峯の登山口があります。

中貝津の京ヶ峯登山口のトヨトミナシの案内板「トヨトミナシ」の案内板が出ているのですぐにわかるでしょう。

滝尻口バス停から中貝津の京ヶ峯(愛宕山)登山口までの道順はこんな感じです。

白髭八柱神社の横から京ヶ峯の登山コースに入る場合

白髭八柱神社(岡崎市)白髭八柱神社の横から京ヶ峯の登山コースに入る場合は、中貝津の京ヶ峰登山口(トヨトミナシ)から更に県道377号線を南に進んでください。

中貝津から300mほど県道377号線を歩いた所にある分岐を右に入るとすぐ右手に白髭八柱神社があります。

白髭八柱神社の横にある京ヶ峯登山口京ヶ峯の登山コース入口は白髭八柱神社のすぐ左横にあります。

滝尻口バス停から京ヶ峯の登山口となる白髭八柱神社までの道順はこんな感じです。

音羽富士登山口から入山する場合

白髭八柱神社前の車道を奥に進む音羽富士から登る場合は、白髭八柱神社前の車道を更に奥に進みましょう。

白髭八柱神社の少し先に設置されている音羽富士の登山口を示す道標白髭八柱神社から200mほど歩き「音羽富士」を示す道標が見えたら…

白髭八柱神社の少し先に設置されている音羽富士の登山口を示す道標横のT字路を左に入るその横のT字路を左に入ってください。

白髭八柱神社の少し先にある音羽富士登山口T字路に入って100mほど歩いたら、左手に小さな橋があります。

ここが音羽富士の登山口となりますので、ここから音羽富士の登山コースに入ってください。

滝尻口バス停から音羽富士の登山口までの道順はこんな感じです。


ワンポイントアドバイス

岡崎市のコミュニティバスを利用する場合

愛宕山登山口や音羽富士の登山口となる白髭八柱神社のすぐそばには岡崎市のコミュニティバス(乗合タクシー)のバス停(中貝津バス停、宮前バス停)もありますので、上記以外にも岡崎市のコミュニティバスを利用するというアクセス方法を選択することも可能です。

岡崎市のコミュニティバスを利用する場合は本宿駅前の本宿バス停から名鉄バスの路線バスに乗車した後、額田支所前でコミュニティバスに乗り換えることになります。

ただし、このコミュニティバスは地元の人の生活支援のために運行されているもので往路は昼以降、復路は午前中だけの運行となっていますので登山の利用としては不向きです。

もっとも、山中で1泊する前提で入山するのであれば利用する価値もあると思いますので、ここではコミュニティバスを利用した場合のアクセス方法を念のためレポートしておくことにいたします。

Step1
(本宿駅から額田支所前まで)

本宿バス停から名鉄バスの運行する「額田支所」「石原」「くらがり渓谷」行き路線バスに乗車し額田支所前で降車する。

※ 本宿バス停から額田支所前までの運賃は280円。

本宿駅(名鉄)📷 本宿バス停(https://goo.gl/maps/xcq6qfripe92)。

額田支所前バス停(名鉄バス)📷 額田支所前バス停(https://goo.gl/maps/qQadiLFhLL62)。

Step2
(額田支所前から中貝津または宮前まで)

額田支所前バス停から岡崎市の運行するコミュニティバス「ほたるバス(豊富・夏山地区線)」に乗車し、中貝津又は宮前で降車する。

※ただし「ほたるバス(豊富・夏山地区線)」は火曜および金曜のみの運行となっていますのでご注意ください。

※ 運賃は一乗車につき300円。

額田支所前バス停(名鉄バス)📷 額田支所前バス停(https://goo.gl/maps/qQadiLFhLL62)。

中貝津バス停(岡崎市コミュニティバス)📷 中貝津バス停(https://goo.gl/maps/7Ne1ttKCLEw)。

(※前述したように100mほどバス停前の車道を歩くと京ヶ峯登山口があります)

宮前バス停(岡崎市コミュニティバス)📷 宮前バス停(https://goo.gl/maps/YJNGXHsoQzx)。

(※すぐ横が白髭八柱神社です)

⏰ コミュニティバス「ほたるバス(豊富・夏山地区線)」の時刻表を作りましたので参考にしてください。

 額田支所前~中貝津・宮前 バス時刻表(2017年版)
※火曜および金曜のみ運行
往路 復路
 額田支所前 12:35 15:14 11:20  宮前 10:06 08:56
 中貝津 13:02 15:41 11:47  中貝津 10:08 08:58
 宮前 13:04 15:43 11:49  額田支所前 10:35 09:25
⚠ 時刻表は岡崎市で最新のものを確認してください。


参考サイト

名鉄バス
http://www.meitetsu-bus.co.jp/

岡崎市
http://www.city.okazaki.lg.jp/
コミュニティバスのページ→http://www.city.okazaki.lg.jp/1100/1184/1173/p017822.html?path=C1100/C1184/C1173/P17822


スポンサーリンク
【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス