棒ノ嶺(棒ノ折山)の滝ノ平尾根コース登山口にアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名栗湖(有間ダム)を北に見下ろす棒ノ嶺(棒ノ折山・969m)。

棒ノ嶺(棒ノ折山)の滝ノ平尾根コース登山口に設置されている道標埼玉県の飯能市と東京都の奥多摩町の都県境に位置する1000m級峰で、首都圏からのアプローチの良さと”関東ふれあいの道”として整備されたトレイルが関東近郊のハイキング愛好家に広く愛されている、奥武蔵(東京から見ると奥多摩山系)の秀峰として知られています。

首都圏でも人気の山域だけあって棒ノ嶺(棒ノ折山)の登山ルートも複数整備されているようですが、棒ノ嶺(棒ノ折山)の東側に連なる”滝ノ平尾根”を登る場合は、県道53号線沿いの川又名栗湖入口バス停からほど近い棒ノ嶺登山口(滝ノ平尾根コース登山口)から入山することが可能です。

 画像は棒ノ嶺(棒ノ折山)の滝ノ平尾根コース登山口に設置されている道標)

そこで今回は、棒ノ嶺(棒ノ折山)の滝ノ平尾根コースの登山口に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は新宿駅発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から新宿(東京)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
▶ 福岡から東京にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

ちなみに、棒ノ嶺に他のルートで登る場合はこちらのページを参考にしてください。
▶ 小沢峠の青梅側から → 棒ノ折山の登山口 小沢峠と上成木にバスでアクセスする方法
▶ 小沢峠の飯能側から → 棒ノ嶺(棒ノ折山)の小沢峠登山口に飯能駅からアクセスする方法
▶ 有間ダムの白谷橋から → 棒ノ折山の登山口 有間ダムの白谷橋にバスでアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥
 山岳名  棒ノ嶺(棒ノ折山)
 登山口名  棒ノ嶺登山口(滝ノ平尾根コース登山道入口)
 最寄りバス停  河又名栗湖入口バス停(国際興業バス)
 最寄り駅  –


棒ノ嶺(棒ノ折山)の滝ノ平尾根コース登山口にアクセスする方法

~ 飯能駅から路線バスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(新宿駅から飯能駅まで)

西武新宿駅から西武鉄道の「本川越行き(西武新宿線)」に乗車し、所沢駅で「飯能行き(西武池袋線)」に乗り継いで、飯能駅で下車する。

 運賃は500円(※西武池袋駅から飯能駅までの運賃は470円)。

飯能駅(西武池袋線) 飯能駅。

 

STEP2
(飯能駅から河又名栗湖入口まで)

飯能駅北口2番のりばバス停から国際興業バスの運行する「湯の沢」「名郷」「名栗車庫」方面行き路線バスのに乗車し、「河又名栗湖入口」で降車する。

 運賃は620円。

飯能駅(西武池袋線) 飯能駅北口2番のりば(https://goo.gl/maps/U28cdWC4reD2)。

河又名栗湖入口バス停(国際興業バス) 河又名栗湖入口バス停(https://goo.gl/maps/MaK26hqV3UE2)。

 路線バスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 有間山の鳥首峠登山口と名郷の蕨山登山口にアクセスする方法


STEP3

(河又名栗湖入口バス停から白谷橋まで)

河又名栗湖入口バス停から棒ノ嶺(棒ノ折山)の滝ノ平尾根コース登山口まで歩く。

県道53号線から有間ダムの方に入る河又名栗湖入口でバスを降車したら、バス停の50mほど北側にある交差点を左に折れて・・・

県道53号線から有間ダムの方に入って赤い橋を渡る入間川に架かる赤い欄干の橋を渡りましょう。

有間ダムに行く途中の公衆トイレ前の三叉路橋を渡ったら、左カーブのすぐ先にある公衆トイレの手前から左のわき道に入ってください。

棒ノ嶺(棒ノ折山)の滝ノ平尾根コース登山口手前のT字路川沿いの道を下っていくとT字路になっていますがそのまま直進。

棒ノ嶺(棒ノ折山)の滝ノ平尾根コース登山口に入るところ100mほど先で左に折れたら・・・

棒ノ嶺(棒ノ折山)の滝ノ平尾根コース登山口に設置されている道標橋を渡り、道標に従って棒ノ嶺(棒ノ折山)の滝ノ平尾根コースに入ってください。

河又名栗湖入口バス停から滝ノ平尾根の登り口までの道順はこんな感じです。


参考サイト

西武鉄道
http://www.seibu-group.co.jp/railways/

国際興業バス
http://5931bus.com/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス