棒ノ折山の登山口 有間ダムの白谷橋にバスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯能市の西に位置する棒ノ折山(棒ノ嶺・969m)。

有間ダムの白谷橋にある棒ノ嶺(棒ノ折山)登山口から見る登山道の入口東京の奥多摩都の都県境にたたずむ低山で、山頂まで2時間ほどで登ることができることから首都圏周辺のベテランからビギナーハイカーまで幅広い年齢層の登山者に登られる奥多摩の秀峰です。

棒ノ折山(棒ノ嶺)の登山ルートは東京の奥多摩側からもいくつか整備されているようですが、埼玉の名栗湖(有馬ダム)方面から白谷沢を登るコースをとる場合は、名栗湖畔の白谷橋から入山することが可能です。

 画像は有間ダムの白谷橋にある棒ノ嶺(棒ノ折山)登山口から見る登山道の入口)

登山口となる白谷橋に直接アクセスする路線バスはありませんが、すぐ近くを通る県道53号線まで路線バスも通じていますので公共交通機関を利用したハイキングも特に問題ありません。

そこで今回は、棒ノ嶺(棒ノ折山)の登山口となる有間ダム(名栗湖)の白谷橋に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は新宿駅発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から新宿(東京)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
▶ 福岡から東京にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

ちなみに、棒ノ嶺に他のルートで登る場合はこちらのページを参考にしてください。
▶ 小沢峠の青梅側から → 棒ノ折山の登山口 小沢峠と上成木にバスでアクセスする方法
▶ 小沢峠の飯能側から → 棒ノ嶺(棒ノ折山)の小沢峠登山口に飯能駅からアクセスする方法
▶ 滝ノ平尾根から → 棒ノ嶺(棒ノ折山)の滝ノ平尾根コース登山口にアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥
 山岳名  棒ノ折山(棒ノ嶺)
 登山口名  白谷橋(有間ダム・名栗湖)
 最寄りバス停  さわらびの湯、河又名栗湖入口バス停(国際興業バス)
 最寄り駅  –


棒ノ折山の登山口 有間ダムの白谷橋にバスでアクセスする方法

~ 飯能駅から路線バスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(新宿駅から飯能駅まで)

西武新宿駅から西武鉄道の「本川越行き(西武新宿線)」に乗車し、所沢駅で「飯能行き(西武池袋線)」に乗り継いで、飯能駅で下車する。

 運賃は500円(※西武池袋駅から飯能駅までの運賃は470円)。

飯能駅(西武池袋線) 飯能駅。 

STEP2
(飯能駅からさわらびの湯まで)

飯能駅北口2番のりばバス停から国際興業バスの運行する「湯の沢」「名郷」「名栗車庫」方面行き路線バスの「さわらびの湯経由」に乗車し、「さわらびの湯」で降車する。

※「さわらびの湯経由」のバスに乗れない場合は「河又名栗湖入口」バス停で降車してください。

 運賃は620円。

飯能駅(西武池袋線) 飯能駅北口2番のりば(https://goo.gl/maps/U28cdWC4reD2)。

河又名栗湖入口バス停(国際興業バス) 河又名栗湖入口バス停(https://goo.gl/maps/MaK26hqV3UE2)。

さわらびの湯バス停(国際興業バス) さわらびの湯バス停(https://goo.gl/maps/dDGDU23SjXu)。

 路線バスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 有間山の鳥首峠登山口と名郷の蕨山登山口にアクセスする方法


STEP3

(さわらびの湯バス停から白谷橋まで)

さわらびの湯バス停(または河又名栗湖入口バス停)から棒ノ折山(棒ノ嶺)の登山口となる白谷橋まで歩く。

※ここでは、「さわらびの湯経由」のバスに乗れない場合も想定し、河又名栗湖入口バス停からさわらびの湯バス停を経由して棒ノ折山(棒ノ嶺)の登山口となる白谷橋まで歩く場合の道順をご紹介しておきます。

河又名栗湖入口バス停(国際興業バス)河又名栗湖入口でバスを降車したら・・・

県道53号線から有間ダムの方に入るバス停の50mほど北側にある交差点を左に折れて・・・

県道53号線から有間ダムの方に入って赤い橋を渡る入間川に架かる赤い欄干の橋を渡りましょう。

有間ダムに行く途中の公衆トイレ前赤い欄干の橋を渡ったすぐ先で公衆トイレを左に見送り、道なりに車道を直進すると・・・

さわらびの湯バス停前を有間ダム方面に進むさわらびの湯バス停のある”さわらびの湯”の入口前に到着。

さわらびの湯バス停を左に見送り車道をそのまま直進すれば・・・

有間ダムの堰堤前を左に入るさわらびの湯の入口から500mほど歩いたところで有間ダムの入口に到着です。

有間ダムの入口に着いたら左に折れて・・・

有間ダムの堰堤の上を渡る有間ダムの堰堤を奥に進みましょう。

有間ダムの白谷橋にある棒ノ嶺(棒ノ折山)の登山口有間ダムの湖畔を700mほど歩いたところで渡る橋が白谷橋です。

白谷橋を渡った車道左手に棒ノ嶺(棒ノ折山)の登山口を見つけることができるでしょう。

河又名栗湖入口バス停からさわらびの湯バス停を経由して棒ノ折山(棒ノ嶺)の登山口となる白谷橋までの道順はこんな感じです。


ワンポイントアドバイス

さわらびの湯について

さわらびの湯は日帰り入浴も可能です。

さわらびの湯


参考サイト

西武鉄道
http://www.seibu-group.co.jp/railways/

国際興業バス
http://5931bus.com/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス