屏風山の登山口 箱根関所跡にバスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

芦ノ湖を西に見下ろす屏風山(948.1m)。

箱根関所跡の古い町並み1000mに満たない標高ながら、眼下の芦ノ湖を望む展望と整備された登山コースが初心者から熟練ハイカーまで幅広い層のアウトドアプレイヤーに親しまれている駿河の秀峰として知られています。

屏風山の登山コースは北側からアプローチする場合は県道732号線沿いに建てられた箱根旧街道休憩所(旧街道資料館)の向かい側から、南側からアプローチする場合は芦ノ湖畔の箱根関所跡入口前のハイキングコース入口からそれぞれ屏風山への登山コースが整備されていいます。

(📷 画像は屏風山の南の登山口となる箱根関所跡の古い町並み)

このうち、南側の箱根関所跡を起点に屏風山に登る場合は小田原駅から箱根関所跡に直接アクセスしている路線バスを利用することができますので公共交通機関を利用したハイキングも非常に簡単です。

そこで今回は、屏風山の南側の登山口となる箱根関所跡に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は東京(新宿)発着のアクセス方法となりますので、福岡から東京(新宿)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
福岡から東京にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

ちなみに、屏風山に北側の甘酒茶屋から登る場合はこちらのページを参考にしてください。
▶ 屏風山の登山口 箱根旧街道の甘酒茶屋にバスでアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度  😭
 山岳名  屏風山(びょうぶやま)
 登山口名  箱根関所跡
 最寄りバス停  箱根関所跡バス停(箱根登山バス:箱根町線)
 最寄り駅  –


屏風山の登山口 箱根関所跡にバスでアクセスする方法

~ 小田原駅から路線バスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(新宿から小田原駅まで)

新宿駅から小田急線(小田原行き)に乗車し、小田原駅で下車する。

※ 運賃は880円。

新宿駅(JR側)📷 新宿駅。

📷 小田原駅※画像はありません。

STEP2
(小田原駅から箱根関所跡まで)

小田原駅(東口)バスターミナルから箱根登山バスの運行する「箱根町港」方面行き路線バス(箱根町線)に乗車し、箱根関所跡で降車する。

※伊豆箱根バスの運行する「箱根町」行きの路線バスに乗車しても箱根関所跡で降車できます(運賃は箱根登山バスと同額)。

※ 運賃は1,180円。

※上記の他に、小田原駅から箱根登山鉄道に乗車し小涌谷駅で「箱根町港」方面行き路線バスに乗り換える方法(小田原~小涌谷620円、小涌谷駅~箱根関所跡650円)もあります。

小田原駅(東口)バスターミナル(https://goo.gl/maps/WHQZa2EBn8N2)。

※箱根町港方面行きは東口3番のりばから乗車(※伊豆箱根バスの箱根町行に乗車する場合は5番のりばから乗車)。

小涌谷駅バス停(https://goo.gl/maps/1kEtXQZhFJt)。

箱根関所跡バス停(伊豆箱根バス)📷 箱根関所跡バス停(https://goo.gl/maps/ECQCUajctZE2)。

⏰  この路線のバスは比較的本数が多いのでこのページでは時刻表は省略します。路線バスの発着時刻については後述の参考サイトから箱根登山バスのサイトにアクセスして各自お調べください。

STEP3
(箱根関所跡から屏風山の登山コース入口まで)

箱根関所跡バス停から屏風山の登山コースの入口まで歩く。

箱根関所跡バス停横から屏風山の登山コースに入る屏風山の登山口は、箱根関所跡バス停の横にある信号の東側にありますので…

箱根関所跡バス停横から屏風山の登山コース入口道標に従って民家の横から屏風山に向かうトレイルに入ってください。

箱根関所跡バス停前の屏風山登山コース入口の場所はここです。


参考サイト

小田急
http://www.odakyu.jp/

箱根登山バス
http://www.hakone-tozanbus.co.jp/

箱根登山鉄道
http://www.hakone-tozan.co.jp/

伊豆箱根バス
http://www.izuhakone.co.jp/bus/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス