【コラム】目次

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登山口ねっと!画像ロゴpng


【コラム】登山中にやってしまいがちな犯罪9つ
【コラム】電気柵通行時の注意点と感電した場合の救助法
【コラム】山岳保険の選び方(おすすめ遭難保険の比較)
【コラム】対馬は本当に韓国人観光客だらけなのか?後編
【コラム】対馬は本当に韓国人観光客だらけなのか?前編
【コラム】なぜ祖母山の九合目小屋の料金は2,000円なのか?
【コラム】スギとヒノキの見分け方


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス