【ブログ】樋桶山登山口線のバス停が凄いことになっていた話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大分百山にも指定される樋桶山。

その登山口に唯一アクセスしている路線バスが、大交北部バスの「柿坂~樋桶山登山口線」です。

その樋桶山登山口線のバス停が、なんだかすごいことになっていたのでレポートします。

ちなみに大交北部バスの運行する「柿坂~樋桶山登山口線」は、耶馬溪のランドマークとなる柿坂バス停を出発し、国道212号線の下郷入口交差点付近から右折して山道をひたすら集落の一番上まで上るという、田舎ではいたって普通の路線バスです。

国道沿いのバス停は普通なので、下郷入口交差点から右に入ったところのバス停から見ていきましょう。

まずは、交差点から少し入ったところにある下郷保育園前バス停。

下郷保育園入口バス停(大交北部バス)の画像

ここは、まだ普通です。

裏側はこんな感じ。

下郷保育園入口バス停(大交北部バス)裏側の画像

いたって普通です。時刻表が張られていないということを除いては・・・

下郷保育園の次は、貞曽バス停です。

貞曽バス停(大交北部バス)正面の画像

・・・

辛うじて針金でつなぎとめています。

貞曽バス停(大交北部バス)アップの画像

時刻表は隠れて見えません。

横から見ると、寂しさが倍増します。

貞曽バス停(大交北部バス)横からの画像

貞曽の次は黒法師バス停。

黒法師バス停(大交北部バス)アップの画像

後ろのゴミステーションと同系色になってしまってカメレオン状態。

黒法師バス停(大交北部バス)正面の画像

ゴミ捨て場はココじゃないといけなかったのでしょうか・・・

黒法師バス停(大交北部バス)全体の画像

ちなみに、石碑には「樋山道修繕記念」とか何とか書かれています。

黒法師の次は二瀬バス停なのですが、見落としたのでその次の下越バス停です。

下越バス停(大交北部バス)正面の画像

霊場の案内板と一体化しちゃってます。

もう、何が何やらわかりません。

下越バス停(大交北部バス)全体の画像

下越の次は舞野バス停なのですが、こちらも見逃したのでその次の白土バス停。

白土バス停(大交北部バス)の画像

土日祝は運休なので、時刻表が破れていたって関係ないのです。

これまでのに比べたら、何となく凛として立っているような気がしてくるのが不思議です。

白土バス停(大交北部バス)正面の画像

白土の次は中の原バス停。

中の原バス停(大交北部バス)横からの画像

・・・・・・!?

中の原バス停(大交北部バス)アップの画像

シカ(イノシシ?)除けネットの後ろに放り込まれながらも、バス停であることを伝え続けるその根性を見習いたい。

中の原の次は両畑バス停。

両畑バス停(大交北部バス)アップの画像

となりのゴミ置き場とこれからも仲良く立ち続けることでしょう。

両畑バス停(大交北部バス)全体の画像

そして最後に、樋桶山登山口バス停(http://goo.gl/maps/vz0Es)。

樋桶山登山口バス停(大交北部バス)アップ1の画像

??????

樋桶山登山口バス停(大交北部バス)アップ2の画像

これがバス停であることに気付くまで30分かかりました。

時刻表どころか、バス停を示す表示板さえも・・・

もはや骨組みだけとなっています。

本当にバスは来るんでしょうか?樋桶山登山口バス停(大交北部バス)全体の2の画像

キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ !!!

樋桶山登山口バス停(大交北部バス)バス来たの画像

 ちなみに、樋桶山登山口へのアクセス方法はこちらの記事をどうぞ。
樋桶山の登山口にアクセスする方法(柿坂で路線バスを乗換える)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス