権現山(天草)の登山口 無量寺にバスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下天草の南にあって牛深市を見下ろす権現山(402m)。

権現山山頂展望台からの眺望(下天草)の画像天草の山では大概そうですが、山頂直下までコンクリートで舗装された林道が通じていているため車での登頂も可能です。

 画像は権現山山頂展望台からの眺望。)

また、山頂直下の駐車場にはトイレも設置してあり、下から徒歩で登っても「登山」という気があまりしない(・・・と思う)山です。

登山口は立派で趣のある門がかっこいい無量寺。本渡から路線バスが通じていますので公共交通機関を利用したハイキングも問題ないでしょう。

そこで今回は、権現山の登山口である無量寺にアクセスする方法をご紹介いたします。

なお、今回は熊本駅発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から熊本までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
福岡市内から熊本市内にアクセスする方法(JR・高速バス)

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥
 山岳名  権現山
 登山口名  無量寺
 最寄バス停  無量寺バス停(産交バス・本渡バスセンター~牛深市民病院)
 最寄駅  JR三角駅(三角線)


権現山(天草)の登山口 無量寺にバスでアクセスする方法

~ 本渡バスセンターから路線バスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(熊本市内から本渡バスセンターまで)

熊本駅前バス停2番のりばから産交バスの快速バス「あまくさ号」に乗車し、本渡バスセンター(本渡BC)で降車する。

 運賃は2,180円。

熊本駅前バス停2番のりばの画像 熊本駅前バス停2番のりば(http://goo.gl/maps/q4NUP)。

 熊本交通センター(https://goo.gl/maps/ngvuwCRpQe12)※画像はありません。

本渡バスセンター(天草)の画像 本渡バスセンター(http://goo.gl/maps/8lG5L)。

なお、福岡市内から本渡にアクセスする場合はこちらのページも参考にしてください。
福岡市内から天草(松島・本渡)にアクセスする方法

STEP2
(本渡バスセンターから無量寺まで)

本渡バスセンターから産交バスの牛深市民病院行き路線バスに乗車し、無量寺で降車する。

 運賃は1,290円。

本渡バスセンター(天草)の画像 本渡バスセンター(http://goo.gl/maps/8lG5L)。

無量寺バス停(産交バス・下天草)の画像 無量寺バス停(http://goo.gl/maps/Pijxw)。

 本渡バスセンターから無量寺までの時刻表を作りましたので参考にしてください(※午前中の便のみ抜粋)。

 本渡BC~無量寺バス時刻表
本渡BC発 07:10 08:50 10:10 11:30
無量寺着 08:34 10:14 11:34 12:54
 時刻表は産交バスのサイトで最新のものを確認してください。

 帰りの時刻表はこちら(※午後以降の便のみ抜粋)。

 無量寺~本渡BCバス時刻表
無量寺発 12:09 12:59 13:39 14:59 16:19 18:49
本渡BC着 13:33 14:23 15:03 16:23 17:43 20:13
 時刻表は産交バスのサイトで最新のものを確認してください。

STEP3
(無量寺バス停から権現山の山頂直下まで)

無量寺バス停から山頂直下の駐車場まで歩く。

無量寺バス停(産交バス・下天草)の画像無量寺でバスを降車したら、50mほど本渡方面に歩いてください。

無量寺バス停そばの国道から脇道に入る個所の画像左側に脇道がありますのでそちらに入ります。

権現山山頂への林道入口(下天草)の画像脇道に入って100mほど歩くと林道の入口があります。

民家の手前で左折して林道に入ってください。

ココには小さいですが権現山を示す標識もあります。

権現山山頂に続く林道(下天草)の画像そのまま道なりに林道を上ってください。

林道は荒れていますので気を付けて。

権現山山頂直下の権現山公園の画像ひたすら林道を道なりに上がっていけば、山頂直下の権現山公園に到着です。

(※山頂の駐車場にはトイレもあります。※ただし春以降はトイレの中に蛇がいることがありますので注意してください。)


参考サイト

産交バス|トップページ
http://www.kyusanko.co.jp/sankobus_top/

九州のバス時刻表
http://qbus.jp/time/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス