屏風山の登山口 箱根旧街道の甘酒茶屋にバスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

芦ノ湖に続く箱根旧街道の南に鎮座する屏風山(948.1m)。

箱根旧街道にある甘酒茶屋程よく整備されたハイキングコースと山頂の展望の良さから箱根周辺だけでなく首都圏からも多くの登山愛好家が訪れるお手軽アウトドアスポットとして親しまれている山岳です。

屏風山の登山コースは南山麓の箱根関所跡前にあるハイキングコース入口から登るのが一般的なようですが、北側からアプローチする場合は県道732号線沿いにある箱根旧街道の甘酒茶屋(箱根旧街道休憩所)のすぐ近くから屛風山の登山コースに入ることが可能です。

(📷 画像は箱根旧街道トレイルのオアシスともなっている甘酒茶屋)

屛風山の北側の登山口となる甘酒茶屋(箱根旧街道休憩所)までは本数は少ないものの箱根登山鉄道の箱根湯本駅から路線バスも通じていますので公共交通機関を利用したハイキングも可能です。

そこで今回は、屏風山の北側の登山口となる箱根旧街道の甘酒茶屋(箱根旧街道休憩所)に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

※ちなみに甘酒茶屋は夏のかき氷が有名で、ドライブデートで訪れる人も多い人気の観光スポットとなっています。そのため、通常は「南側の箱根関所跡から入山し屏風山に登って箱根旧街道休憩所に下山して甘酒茶屋で一服して帰る」というのがオーソドックスなルートとなり、北側から入るのは逆ルートとなります。

なお、今回は東京(新宿)発着のアクセス方法となりますので、福岡から東京(新宿)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
福岡から東京にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

ちなみに、屏風山に南側の箱根関所跡から登る場合はこちらのページを参考にしてください。
屏風山の登山口 箱根旧街道の甘酒茶屋にバスでアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度  😭
 山岳名  屏風山(びょうぶやま)
 登山口名  甘酒茶屋、箱根旧街道休憩所(旧街道資料館)
 最寄りバス停  甘酒茶屋バス停(箱根登山バス:箱根旧街道線)
 最寄り駅  箱根湯本駅(箱根登山鉄道)


屏風山の登山口 箱根旧街道の甘酒茶屋にバスでアクセスする方法

~ 小田原駅から路線バスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(新宿から小田原駅まで)

新宿駅から小田急線(小田原行き)に乗車し、小田原駅で下車する。

※ 運賃は880円。

新宿駅(JR側)📷 新宿駅。

📷 小田原駅※画像はありません。

STEP2
(小田原駅から箱根湯本駅まで)

小田原駅から箱根登山鉄道に乗車し、箱根湯本駅で下車する。

※運賃は310円。

📷 箱根湯本駅。

STEP3
(箱根湯本駅から甘酒茶屋まで)

箱根湯本駅バス停から箱根登山バスの運行する「元箱根港」方面行き路線バス(箱根旧街道線)に乗車し、甘酒茶屋で降車する。

※ 運賃は700円。

箱根湯本駅バス停(箱根登山バス)📷 箱根湯本駅バス停(https://goo.gl/maps/5NarV62cubT2)。

※元箱根港方面行きは2番のりばから乗車。

甘酒茶屋バス停(箱根登山バス)📷 甘酒茶屋バス停(https://goo.gl/maps/qQEJq5wdCW82)。

⏰  路線バスの発着時刻については後述の参考サイトから箱根登山バスのサイトにアクセスして各自お調べください。

STEP4
(甘酒茶屋バス停から屏風山の登山コース入口まで)

甘酒茶屋バス停から屏風山の登山コースの入口まで歩く。

県道732号線の甘酒茶屋の近くにある屏風山のハイキングコース入口屏風山の登山コースの入口は甘酒茶屋から200mほど西に車道(県道732号線)を歩いた車道左手にあります。

甘酒茶屋バス停から屏風山の登山コース入口までの道順はこんな感じです。


ワンポイントアドバイス

須雲川自然探勝路の登山口について

甘酒茶屋の裏手にある須雲川自然探勝路の入口甘酒茶屋の裏手には須雲川自然探勝路(芦ノ湖と畑宿を結ぶ箱根旧街道)のトレイルも延びていますので余裕がある人は自然探勝路に入ってみるのも良いでしょう。

なお、須雲川自然探勝路のトレイルはこんなルートらしいです。

甘酒茶屋の裏手にある須雲川自然探勝路の入口に設置されているハイキングコースの案内板


参考サイト

小田急
http://www.odakyu.jp/

箱根登山バス
http://www.hakone-tozanbus.co.jp/

箱根登山鉄道
http://www.hakone-tozan.co.jp/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス