日向山の登山口 矢立石と尾白川渓谷にバスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甲斐駒ケ岳の東山麓にひっそりと佇む日向山(1660m)。

尾白渓谷駐車場にある駒ヶ岳登山口北杜市最後の秘境、尾白川渓谷を南山腹に抱く中級山岳で、他では珍しい白州のトレイルが山梨のみならず東京近郊の登山愛好家を古くから魅了し続けている南アルプスの秀峰として知られています。

日向山の登山ルートは東山麓の矢立石(駐車場)を起点に東尾根を登るコースと林道の奥にある錦滝から白砂のトレイルを直登するコースを周回ルートで登るのが一般的なようですが、日向山だけの登山なら標準コースタイムでも3時間程度で下山することができるため、矢立石の南に位置する尾白川渓谷から矢立石までのハイキングコースと合わせて歩く人も多いようです。

(📷 画像は尾白渓谷の駐車場奥にある駒ヶ岳登山口。ここから入山して駒ヶ岳神社から矢立石の駐車場(登山口)に向かいます。)

登山口となる矢立石や尾白川渓谷に直接乗り入れている路線バスはありませんのでアクセスにはマイカーを利用するのが通常ですが、尾白川渓谷の入口から東に3kmほど下ったところにある白州中学校までは本数は少ないものの北杜市の市民バスも運行されていますので公共交通機関を利用したアクセスも不可能ではありません(※ただしこの路線は往路は午後以降、復路は早朝の便しか運行されていないため尾白渓谷周辺での前後泊が必須となります)。

そこで今回は、日向山の登山口となる矢立石と尾白川渓谷に北杜市の市民バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は韮崎駅発着のアクセス方法となりますので、韮崎までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
▶ 韮崎に東京・名古屋・大阪・京都から高速バスでアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度  😭😭😭
 山岳名  日向山(ひなたやま)
 登山口名  矢立石登山口、尾白川渓谷(おじらがわけいこく)
 最寄りバス停  白州中学校(北杜市民バス:大坊・白須・大武川線※北杜高校便)
 最寄り駅  日野春駅(JR中央本線)


日向山の登山口 矢立石と尾白川渓谷にバスでアクセスする方法

~ 日野春駅から北杜市の市民バスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(韮崎駅から日野春駅まで)

韮崎駅からJR中央本線(小淵沢方面)に乗車し、日野春駅で下車する。

※ 運賃は240円。

JR韮崎駅📷 韮崎駅。

日野春駅(JR中央本線)📷 日野春駅。

STEP2
(日野春駅から白州中学校まで)

日野春駅バス停から北杜市の運行する「山口スクールバス停」行きの北杜市民バス(大坊・白須・大武川線※北杜高校便)に乗車し、「下教来石下 」で降車する。

※ 運賃は410円。

日野春駅バス停(https://goo.gl/maps/YbYtmdpr7rw)。

下教来石下 バス停()。

旧JA鳳来事業所()。

※帰りは旧JA鳳来事業所バス停からの乗車となります(復路は下教来石下から乗車できないようです)。

⏰ 市民バスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 雨乞岳の登山口 平久保池にバスでアクセスする方法

STEP3
(白州中学校から尾白川渓谷まで)

白州中学校バス停から尾白川渓谷まで歩く。

白州中学校前の車道を西に進む白州中学校でバスを降車したら、バス停前の車道を西に歩いてください。

白州中学校西側の交差点をそのまま直進まっすぐ歩くと交差点がありますが、そのまま直進しましょう。

尾白渓谷に行く途中の天満宮の門柱天満宮の門柱(鳥居?)をくぐってそのまま進み…

尾白渓谷に行く途中の天満宮天満宮の社殿を右に見送って更に車道をまっすぐ進んだら…

尾白渓谷と矢立石の林道分岐分岐がありますので、尾白渓谷駐車場から入山する場合はここを左に入ってください。

尾白渓谷と矢立石の林道分岐に設置してある道標なお、車道歩きで矢立石の登山口(駐車場)まで行く場合はこの分岐を直進しても構いません。

尾白渓谷の駐車場分岐を左に進んで2kmほど歩いたら、尾白渓谷の大駐車場に到着。

尾白渓谷の駐車場奥にあるハイキングコース入口トイレ休憩を済ませたら、駐車場左奥の駒ヶ岳登山口から登山コースに入り、駒ヶ岳神社から右に入って矢立石登山口を目指してください。

白州中学校バス停から尾白川渓谷の駒ヶ岳神社までの道順はこんな感じです。


参考サイト

北杜市
http://www.city.hokuto.yamanashi.jp/


スポンサーリンク
【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス