宝満山の登山口 竈門神社に歩いてアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登山道も整備され、市街地に近いことから福岡のハイカーに大人気の宝満山。

竈門神社本殿の画像もっともポピュラーなのは縁結びでおなじみの竈門神社(かまど神社 )から登るルートです。

百段がんぎ(写真)を登るのもこのルートですね。

竈門神社には太宰府市のコミュニティーバスがアクセスしていますが、西鉄太宰府駅から徒歩でアクセスすることも可能です。

太宰府駅から太宰府天満宮を経由して竈門神社ま歩く行程は30分ほどの距離にすぎませんので、登山前のウォーミングアップには最適です。

そこで今回は、西鉄太宰府駅から宝満山の登山口となる竈門神社まで歩いてアクセスする方法をご紹介いたしましょう。

なお、太宰府市のコミュニティバスを利用してアクセスする場合はこちらのページを参考にしてください。

宝満山の登山口 竈門神社にコミュニティバスでアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥
 山岳名  宝満山、三郡山
 登山口名  竈門神社(かまど神社)
 最寄バス停  内山(太宰府市コミュニティーバス)
 最寄駅  西鉄太宰府駅(西鉄大宰府線)


宝満山の登山口 竈門神社に歩いてアクセスする方法

~ 太宰府天満宮(西鉄太宰府駅)から歩く ~

スポンサーリンク

STEP1
(福岡市内から西鉄太宰府駅まで)

天神の西鉄福岡駅から西鉄大牟田線に乗車し、西鉄二日市駅で西鉄大宰府線に乗り換えて終点の西鉄太宰府駅で下車する。

天神からの運賃は480円。

STEP2
(西鉄太宰府駅から太宰府天満宮・竈門神社まで)

西鉄太宰府駅から竈門神社まで歩く。

西鉄太宰府駅の画像スタートは西鉄太宰府駅です。
駅を出たら右側に進み、太宰府天満宮の参道に入ります。

太宰府天満宮の参道の画像参道を抜けて・・・

太宰府天満宮本田の画像本殿に着いたら・・・

太宰府天満宮本殿右にある裏に抜ける通路の画像本殿右側のお守り販売所の奥から本殿の裏側に通り抜けます。

太宰府天満宮裏手にある茶店の画像本殿裏を直進するとお茶屋さんに突き当たるのでそこを右折します。

太宰府天満宮裏からトンネルへの分岐の画像茶店前で右折したらそのまま道なりに進みましょう。
少し歩くと左側にレンガ造りのトンネルが見えてきますのでトンネルの方に進みます(写真左側奥にトンネルが見えるのわかります?)
鳥居のほうにまっすぐ登らないように注意してください。

太宰府天満宮裏にある千と千尋の神隠し的なトンネルの画像千と千尋の神隠し的なレトロなトンネルをくぐり抜けて・・・

太宰府天満宮裏口から県道578号線に出たところの画像トンネルの先で車道(県道578号線)に出るので右折。

車道を走る自動車に注意しながら道なりに坂を上ってください。

県道578号線に出たところにある石の標識の画像ちなみに、ここにかまど神社を示す道標が設置してあります。

縁結びの神様竈門神社の画像車道を歩いて約30分で竈門神社に到着です。

竈門神社本殿の画像石段を登って本殿に到着したら

竈門神社本殿横の下り坂の画像本殿左側の坂道を下ってください。

竈門神社の宝満山登山口の画像車道に出たら右折して少し上ると右側に石造りの鳥居が見えます。

この鳥居が登山道入口です。

道順はこんな感じです(※グーグルマップの都合上トンネル出口から竈門神社までの道順※徒歩約30分)。


蛇足

宝満山の登山ルートの難易度について

宝満山の登山ルートの難易度についてはこちらのページを参考にしてください。
宝満山の難易度について

なお、宝満山の正面登山道(正面登山ルート・竈門神社ルート)の『あるある』について考察した、こちらの記事もあわせてご覧ください。
▶ 宝満山あるある


参考サイト

西鉄グループ
http://www.nishitetsu.co.jp/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス