城山砲台・城山付属堡塁の登山口 城山登山口にアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

城山(金田城跡)の山頂に構築された城山砲台(城山付属堡塁)。

城山砲台に立ち並ぶ弾薬庫跡(対馬)の画像古城の上に構築された要塞です。

砲台跡へは城山(金田城跡)の登山道を歩くことになるため、登山(トレッキング)とあわせて楽しめる一石二鳥の観光スポットです。

登山口となるのは城山(金田城跡)の登山口ともなる城山登山口。対馬交通の箕形バス停(尾崎線)から徒歩約30分の距離にあります。

今回は、城山砲台(城山付属堡塁)にアクセスする方法をご紹介いたします。

なお、対馬へのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
▶ 対馬・厳原にアクセスする方法(博多港から高速船に乗る場合)
▶ 対馬・厳原にアクセスする方法(博多港からフェリーに乗る場合)
▶ 対馬・比田勝にアクセスする方法(博多港からフェリーに乗る)

 砲台跡(堡塁跡)データ
 アクセス難易度   😥  😥  😥
 砲台名(堡塁名)  城山砲台、城山付属堡塁
 構築期  明治34年(日露戦争前)
 配備砲門  城山砲台:28cm榴弾砲4門、城山付属堡塁:臼砲4門・野砲2門
 アクセス  対馬交通・箕形バス停(尾崎線)より徒歩約1時間30分


城山砲台・城山付属堡塁の登山口 城山登山口にアクセスする方法

~ 箕形バス停から歩く ~

スポンサーリンク

STEP1
(厳原地区から城山砲台まで)

城山砲台へのアクセス方法についてはこちらページでレポートしています。
城山(金田城跡)の城山登山口(箕形バス停から歩いてアクセス)


蛇足

城山砲台(城山堡塁)について

城山砲台の砲座跡(対馬)の画像城山堡塁は比較的保存状態の良い砲台です。

城城山砲台(城山堡塁)の地下壕か弾薬庫みたいな建造物の画像地下壕(?)なんかもあって楽しい堡塁です。


蛇足

対馬トレッキングの必須アイテム「対馬トレッキングガイドブック」・「対馬砲台あるき放題」・「対馬まる分かり!ガイドブック」

対馬観光三種の神器「対馬トレッキングガイドブック」「対馬砲台あるき放題」「対馬まる分かり!ガイドブック」の画像対馬での登山やトレッキングに役立つのが対馬観光物産協会発行の「対馬トレッキングガイドブック」
登山口までの道順や登山コースの地図だけでなく、登山道でみられる草花などを豊富な写真入りで紹介している優れもののガイドブックなのです。薄くて軽い、しかも丈夫で破れにくい!

山中に埋もれた砲台跡を探索する砲台トレッキングには「対馬砲台歩き放題」は必携アイテム。こちらも砲台跡までの旧軍道や砲台跡、トレッキングの注意点が写真入りでまとめられている優れものです。

登山スポットや砲台跡も含めた対馬全体の観光名所の位置を確認するには「対馬まる分かり!ガイドブック」は手放せません。大きな全島マップに宿泊施設やタクシー会社などの電話番号も記載されているので、車、バイク、バス、徒歩、いずれの旅行者も重宝すること間違いなしです。

3つとも対馬観光物産協会に電話すると無料で送ってくれます。対馬観光物産協会のサイトからもダウンロードできます。


参考サイト

対馬観光物産協会WEBサイト 国境の島 対馬へ
http://www.tsushima-net.org/
※トップページ>島内アクセス>路線バス・貸切バスのページで対馬交通㈱の路線バス時刻表(PDF)がダウンロードできます。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス