笠取山・唐松尾山の登山口 作場平に落合からアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雁坂峠(1190m)の南に位置する笠取山(1953m)と唐松尾山(2109.2m)。

林道一ノ瀬線の作場平登山口山梨と埼玉の県境に連なる中級山岳で雲取山からの長距離縦走コースとして歩かれることも多い奥多摩最奥部の秀峰として知られています。

笠取山と唐松尾山の登山ルートはいくつかあるようですが、南側の山梨県方面からアプローチする場合は、南山麓の一之瀬地区に整備された林道一ノ瀬線の作場平にある登山者用駐車場(作場平橋・作場平口)から笠取山に直登するコースか、作場平の東方に位置する三之瀬の林道から七ツ石尾根を経由して唐松尾山に登るコースをピストンでまたは周回ルートで登るのが一般的なようです。

(📷 画像は林道一ノ瀬線の作場平にある笠取山の登山口)

笠取山および唐松尾山の登山コースの起点となる林道一ノ瀬線の作場平に直接乗り入れている路線バスはありませんのでアクセスにはマイカーを利用するのが基本ですが、国道411号線の落合までは本数は少ないものの路線バスも乗り入れていますので、落合のバス停から7kmほどの車道歩きを甘受できるというのであれば公共交通機関を利用したアクセスも不可能ではありません。

そこで今回は、笠取山と唐松尾山の登山口となる林道一ノ瀬線の作場平に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は東京(新宿)発着のアクセス方法となりますので、福岡から東京(新宿)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
福岡から東京にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

 登山口データ
 アクセス難易度  😭😭😭😭
 山岳名  笠取山、唐松尾山
 登山口名  作場平(作場平駐車場)、林道一ノ瀬線
 最寄りバス停  落合バス停(山梨交通:大菩薩峠登山口線)
 最寄り駅  –


笠取山・唐松尾山の登山口 作場平に落合からアクセスする方法

~ 塩屋駅から路線バスに乗車し、落合バス停から歩く ~

スポンサーリンク

STEP1
(新宿駅から塩山駅まで)

新宿駅から京王線準特急(京王八王子方面行き)に乗車し、北野駅で京王高尾線に乗り継ぎ(※直通あり)、高尾駅でJR中央本線(下り:甲府方面)に乗り換えて、塩山駅で下車する。

※ 運賃は1,500円(新宿~高尾360円、高尾~塩山1,140円)※新宿駅からJR線だけを乗り継ぐ場合(高尾まで中央線、高尾以降は中央本線)は2,270円。

新宿駅(JR側)📷 新宿駅。

塩山駅(JR中央本線)📷 塩山駅。

※ なお、甲府駅まで高速バスで移動してJR線で塩屋駅までアクセスする場合はこちらのページを参考にしてください。

甲府・竜王に東京・名古屋・大阪からバスでアクセスする方法

STEP2
(塩山駅から落合まで)

塩山駅(南口)から甲州市の運行する「大菩薩峠登山口(落合)」行き市民バス(大菩薩峠五山口線※山梨交通に運行委託)に乗車し、終点の「落合」で降車する。

※ 市民バスの運賃は一乗車につき300円。

塩山駅(南口)バス停(甲州市営バス、山梨市営バス)📷 塩山駅(南口)バス停(https://goo.gl/maps/7y94Qwioosr)。

落合バス停(甲州市市民バス)📷 落合バス停(https://goo.gl/maps/FJGaY8mpMYT2)。

※落合周辺は自由乗降区間のため後述する鶏冠山の入口前でバスを乗降することも可能です。

⏰ 路線バスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 大菩薩嶺の登山口 丸川峠分岐と千石茶屋にアクセスする方法

STEP3
(落合から作場平駐車場まで)

落合バス停から笠取山の登山口となる作場平の駐車場まで歩く。

国道411号線の落合から一之瀬の方に入る落合でバスを降車したら、バス停のすぐ北側のT字路を左折して一之瀬の方に進んでください。

国道411号線の落合から一之瀬に向かう途中の分岐道なりに進むと「作場平」を示す道標の設置された分岐がありますのでここを右に入ってください。

林道一ノ瀬線の入口手前の林道大ダル線との分岐地点道なりに林道を上がって行くと途中で林道大ダル線が左に分岐しますが、そのまま直進しましょう。

林道一ノ瀬線の入口林道大ダル線との分岐から少し上に上がったら、林道一ノ瀬線の入口ゲートがありますので、ここから林道一ノ瀬線を奥に進んでください。

作場平の笠取山登山口林道一ノ瀬線を3kmほど歩いたら、作場平の登山口に到着です。

作場平登山口の登山者用駐車場なお、作場平の登山口には駐車場と…

作場平登山口の東屋とトイレ東屋、トイレが整備されていますが、キャンプは禁止されているようです。

落合バス停から笠松山の登山口となる作場平の駐車場までの道順はこんな感じです。


ワンポイントアドバイス

奥多摩湖経由で丹波からアプローチする場合

登山口となる作場平には上記でご紹介した山梨県の甲州市方面からアプローチする方法の他に、奥多摩湖から丹波を経由してアプローチする事も可能です。

奥多摩方面からアプローチする場合は丹波から落合までの路線バスがないことから丹波バス停から長距離(約17km)の徒歩移動が必要となりますが、念のため以下では奥多摩経由でアクセスする場合の乗換方法をご紹介しておきます。

なお、ここでは奥多摩駅からのアクセス方法をご紹介しますので、新宿から奥多摩駅までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。

▶ 雲取山・飛竜山の登山口 お祭(三条の湯)にアクセスする方法

Step1
(奥多摩駅から丹波まで)

奥多摩駅ばすのりばから西東京バスの運行する「丹波」行き路線バス乗車し、終点の「丹波」で降車する。

※ 運賃は1,010円。

奥多摩駅バス停(西東京バス)📷 奥多摩駅バス停(https://goo.gl/maps/PWO75)。

※丹波方面行きは2番のりばから乗車。

丹波バス停(西東京バス)📷 丹波バス停(https://goo.gl/maps/4KTiW9G3o562)。

⏰ 路線バスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 雲取山・飛竜山の登山口 お祭(三条の湯)にアクセスする方法

Step2
(丹波から作場平まで)

丹波バス停から作場平の駐車場まで歩く。

丹波バス停から作場平の登山口までの道順はこんな感じです。


参考サイト

京王線
https://www.keio.co.jp/train/

JR東日本
https://www.jreast.co.jp/

甲州市
http://www.city.koshu.yamanashi.jp/

山梨交通
http://yamanashikotsu.co.jp/

西東京バス
http://www.nisitokyobus.co.jp/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス