基山の登山口 お滝の行場へのアクセス方法(原田駅から歩く)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡県筑紫野市と佐賀県の県境に位置し、日本最古の山城跡でもある基山(404.5m)。

基山山頂の画像四方が開けた山頂は眺望も抜群。西側は原っぱになっていて草スキーも楽しめるそうです。

 画像は基山山頂)

福岡県側からの入山は、JR原田駅側から登る場合は九州自動車道から少し山側に歩いたところにあるお滝の行場が登山口となり、北側の天拝山方面から登る場合は天拝山との縦走路中間地点にある筑紫野市山口地区が登山口となります。

もっとも、お滝の行場登山口にアクセスする公共交通機関はないので、お滝の行場から入山する場合はJR原田駅から徒歩で移動しなければなりません。

そこで今回は、JR原田駅からお滝の行場までの道順をご紹介することにいたしましょう。

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥  😥
 山岳名  基山
 登山口名  お滝の行場、筑紫野市山口地区
 最寄バス停  山口バス停、八反田バス停(以上西鉄バス二日市)
 最寄駅  JR原田駅、JR二日市駅、西鉄二日市駅


基山の登山口 お滝の行場へのアクセス方法(原田駅から歩く)

~ JR原田駅から歩く ~

スポンサーリンク

STEP1
(博多駅から原田駅まで)

JR博多駅から鹿児島本線下り電車に乗車し、JR原田駅で下車する。

 運賃は360円。

STEP2
(原田駅からお滝の行場まで)

JR原田駅から基山の登山口となる”お滝の行場”まで歩く。

JR原田駅の画像スタートはJR原田駅。

読みは「はらだ」ではなく「はるだ」です。

ちなみに北部九州では「原」は「ハラ」ではなく「ハル」と読むのが多いらしいです。「長者原(ちょうじゃばる)」とか「椎原(しいばる)」とか。

JR原田駅横の駐輪場通り抜け通路の画像JR原田駅で電車を降りたら駅の出口を出てすぐ右側の駐輪場のある方向に進んでください。

JR原田駅の駐輪場前を通り過ぎたところ駐輪場脇の通路を通り抜けて(通り抜けるのが嫌な人はぐるっと回ってください)道路に出たらそのまま車道を直進します。

JR原田駅南側の鉄橋前の画像線路沿いを南に進むとT字路に突き当たります。

右側に線路の上を超える鉄橋が見えますので、T字路を右折して鉄橋を渡りましょう。

JR原田駅南側の鉄橋を渡ったところの画像鉄橋を渡って線路を超えたらそのまま道なりに進んでください。

JR原田駅南側の車道の画像分岐がありますが、ここも道なりに右方向に進みます。

(※現在は車道が拡幅工事されているので車道をそのまま直進すればOKです)

JR原田駅西側、県道17号線手前のカーブの画像道なりに進み、県道17号線のバイパスに出会ったら、そのまま右へカーブするように進み・・・

(※現在は車道が拡幅工事されているので車道をそのまま直進していればこのカーブには出合わないようになっています)

県道17号線の高架の画像左折して県道17号線の高架下をくぐり抜けましょう。

(※現在は車道が拡幅工事されているので車道をそのまま直進していれば左の画像の右側から直進して高架下をくぐることになります)

県道17号線の高架下の画像県道17号線をくぐり抜けたらそのまままっすぐ歩いてください(写真中央の細い道にまっすぐ進んでください)。

基山登山口手前の九州道の高架下の画像そのまま直進し、今度は高速(九州自動車道)の高架下をくぐります。

九州自動車道の高架下をくぐり抜けたところの画像高速(九州自動車道)をくくり抜けたら、その先ですぐに右折してください(左の写真の場所ですぐ右折です)。

基山登山口への林道入り口右折したらすぐ左手に池の金網が見えます。

そこから左に入っている道が基山登山口へと続く林道ですので左折して林道に入りましょう。

基山登山口への林道の画像ここから先はダート道の林道です。

ここから20分ほど林道を歩きます。

基山登山口手前の開けた場所の画像しばらく林道を歩くと、ユンボなどが置かれた開けた場所に出ます。

登山口はその上の方にありますので、開けた場所をぐるっと回り込むように進んでください。

基山のお滝の行場登山口の画像林道の開けた場所から少し歩いたところで登山口に到着です。

大きな標識などがなく、少しわかり難いと思いますので注意してください。

お滝の行場の画像お滝の行場は登山口から少し登ったところにあります。

JR原田駅からの道順はこんな感じです(※登山口の位置はもう少し手前だったかもしれません)。


参考サイト

JR九州列車の旅
http://www.jrkyushu.co.jp/train/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス