虚空蔵山 川内登山口へのアクセス方法(樋口バス停から歩く)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川棚町を眼下に見下ろす虚空蔵山(608.5m)。

川内バス停前の辻の画像九州百名山でもある虚空蔵山の山頂は、晴れた日には多良岳山系なども遠望できる秀逸の展望スポットです。

虚空蔵山は長崎の川棚町と東彼杵町、佐賀の嬉野町の3町にまたがる山岳で、登山コースもそれぞれの町の登山口から延びています。

 画像は東彼杵町の川内地区からみる虚空蔵山)

長崎方面から登る場合は川棚町の岩屋登山口や木場登山口もしくは東彼杵町の川内登山口から、佐賀方面から登る場合は嬉野町の不動山から入山します。

そこで今回は、これらのアプローチ方法のうち東彼杵町の川内地区から登ることを想定し、川内登山口にアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、川棚町の岩屋・木場登山口から入山する場合はこちらのページを

▶ 虚空蔵山の岩屋・木場登山口にバスでアクセスする方法

また、嬉野の不動山方面から登る場合はこちらのページを参考にしてください。

虚空蔵山の登山口 不動山にアクセスする方法※武雄温泉までJR

虚空蔵山の登山口 不動山に嬉野温泉経由でアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥
 山岳名  虚空蔵山、高見岳、女岳
 登山口名  岩屋登山口、木場登山口、川内登山口、不動山登山口
 最寄バス停  石木バス停(西肥バス)、不動山および樋口バス停(JR九州バス)
 最寄駅  JR武雄温泉駅(佐世保線)


虚空蔵山 川内登山口へのアクセス方法(樋口バス停から歩く)

~ 武雄温泉からJR九州バスの路線バスに乗車し、樋口バス停から歩く ~

スポンサーリンク

STEP1
(博多駅から武雄温泉駅まで)

JR博多駅から在来線を乗り継いで武雄温泉駅で下車する。

特急ハウステンボス(または特急みどり)を利用する場合

博多駅から特急ハウステンボス(または特急みどり)に乗車し、武雄温泉駅で下車する。

普通電車を乗り継ぐ場合

博多駅から鹿児島本線(下り)に乗車し、鳥栖駅で長崎本線に、肥前山口駅で佐世保線に乗り継いで武雄温泉駅で下車する。

運賃は1,600円(※特急ハウステンボス号を利用する場合は指定席特急券1,400円(特急みどりの場合は1,200円)が別途必要)。

STEP2
(武雄温泉駅から樋口まで)

武雄温泉駅南口バス停からJR九州バスの彼杵方面行き(嬉野線)路線バスに乗車し、樋口バス停で降車する。

武雄温泉駅南口の画像 武雄温泉駅南口バス停(http://goo.gl/maps/QQsdZ)。

樋口バス停(http://goo.gl/maps/M0pfa)。

路線バスの時刻表は後述の参考サイトからJR九州バスのサイトにアクセスして各自お調べください。

STEP3
(樋口バス停から虚空蔵山の登山口まで)

樋口バス停から虚空蔵山登山口駐車場まで歩く。

川内バス停前の辻の画像樋口バス停でバスを降りたら国道34号線から山側に延びる細い道に入ってください( 左の画像は川内バス停前の四つ辻から見る虚空蔵山)。

しばらく歩くと東彼杵町営バスの川内(こうち)バス停の前につきますので、そのまま道なりにまっすぐ歩いてください(なお、川内バス停までバスを利用できるかについては後述の蛇足でレポートしていますのでそちらをご覧ください)。

川内山林道の入口の画像そのまま道なりに上り坂を歩くと左に急カーブしている場所に着きます。

ここが川内登山口へと続く林道の入口となりますので、ここから林道に入ってください(※登山口を示す標識が立っているので分かり易いと思います)。

虚空蔵山の川内登山口の画像林道をしばらく歩くと虚空蔵山の川内登山口に到着です。

この先もしばらくコンクリートの舗装路が続きますが、舗装路が終わりって登山道に入ってから20分程で犬の墓まで上がることができるでしょう。

樋口バス停から川内山林道入口までの道順はこんな感じです。


ワンポイントアドバイス

2枚きっぷ(指定席)を利用する場合

博多~武雄温泉までの指定席特急券付乗車券については「2枚きっぷ」が販売されており、4,200円(1枚あたり2,100円・有効期限1か月間)で購入可能です。

2枚きっぷ・4枚きっぷを利用する場合(いずれも自由席)

博多~肥前山口までの自由席特急券付乗車券については「2枚きっぷ」「4枚きっぷ」が販売されています。「2枚きっぷ」は3,340円(1枚あたり1,670円・有効期限1か月間)「4枚きっぷ」は6,280円(1枚あたり1,570円・有効期限2か月間)で購入可能です。

割引切符の詳細は、「参考サイト」でリンクしている「JR九州列車の旅」のサイトでご確認ください。


蛇足

川内バス停まで東彼杵町営バスを利用する場合

東彼杵町営バスの川内バス停の画像川内バス停から乗車可能な東彼杵町営バスは、平日の07:40に川内バス停を発車して07:50に彼杵本町に、07:53に彼杵中学校前に到着します。

川内バス停を発着するバスはこの1便しかなく、通学のために平日の朝だけ大野原高原線の支線として運行されているようです。

彼杵駅から川内バス停まで乗車できないか調べましたが無理のようでしたので、登山の場合は前述したとおり樋口バス停から歩くほかないのではないかと思います。

ちなみに東彼杵町営バスの時刻表は東彼杵町のサイト(後述の参考サイトにリンクを張っています)の「交通アクセス>町営バス」のページからダウンロード可能です(※川内バス停の時刻は大野原高原線の時刻表に記載されています)。


参考サイト

JR九州列車の旅
http://www.jrkyushu.co.jp/train/

JR九州バス|嬉野線のページ
http://www.jrkbus.co.jp/rosen_map/ureshino_route01.html

東彼杵町|町営バスのページ
http://www.sonogi.jp/tyoueibus.html


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス