子持山・屏風岩の登山口 子持神社と7号橋にアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

渋川市の市街地北にたたずむ子持山(1296.4m)。

子持山登山口から見る屏風岩に向かう登山道高崎や前橋の市街地から比較的近いことから、北関東周辺の登山愛好家の日帰りハイキングに利用されることも多い中級山岳で、登りごたえのある登山コースが初心者から熟練ハイカーにも人気となっている群馬でも有数のハイキングスポットとして知られています。

登山ルートは南山麓の子持神社を起点として、その先の5号橋から浅間(1088m)経由で子持山の山頂を目指すルートや、6号橋から獅子岩に直登するルート、7号橋から屏風岩・獅子岩と登って子持山の山頂を目指すルートなどがありますが、これらの登山コースを周回コースで登るのが一般的なようです。

 画像は7号橋の駐車場のすぐ先にある子持山登山口。屏風岩から獅子岩を経て子持山山頂を目指す子持山登山道の表参道として最も人気のある登山口です。)

登山口となる子持神社や5・6・7号橋に直接乗り入れる路線バスがないことからアクセスにはマイカーやレンタカーを利用するのが通常ですが、最寄り駅となるJRの敷島駅から登山口まで7kmほどしか離れていないため3時間程度の車道歩きを厭わないというのであれば公共交通機関を利用したハイキングも不可能ではないでしょう。

そこで今回は、渋川市の子持山の登山口となる子持神社と5号橋、6号橋、7号橋登山口にJR敷島駅から歩いてアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は新宿駅発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から新宿(東京)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
▶ 福岡から東京にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥  😥  😥  😥
 山岳名  子持山、屏風岩、浅間、獅子岩
 登山口名  子持神社、5号橋・6号橋・7号橋登山口
 最寄りバス停  –
 最寄り駅  敷島駅(JR上越線)


子持山・屏風岩の登山口 子持神社と7号橋にアクセスする方法

~ JR上越線の敷島駅から歩く ~

スポンサーリンク

STEP1
(新宿駅から敷島駅まで)

新宿駅からJR埼京線(川越行き)に乗車し、赤羽駅でJR高崎線(高崎行き)に、高崎駅でJR上越線(水上方面行き)に乗り継いで、敷島駅で下車する。

 運賃は2,270円。

※上記の他に新宿駅からJRの湘南新宿ライン特別快速に乗車し、高崎駅でJR上越線に乗り換える方法などもあります。

新宿駅(JR側) 新宿駅。

敷島駅(JR上越線) 敷島駅。

STEP2
(敷島駅から子持山の登山口まで)

敷島駅から子持山の登山口となる子持神社および5号橋、6号橋、7号橋の子持山登山口まで歩く。

敷島駅から子持神社までの道順

敷島駅前の車道を左に進む敷島駅でJRを下車したら、駅前の車道を左に進んでください。

敷島駅北側の交差点を左折100mほど歩いたら交差点があるので左折しましょう。

敷島駅北側の踏切すぐ先の踏切を渡り、道なりに進んだら・・・

敷島駅から国道17号線に向かう途中の交差点を左折信号のある交差点に出合いますので左折してください。

国道17号線の伊熊の交差点を右折するところ道なりに進み、利根川を渡ったら、国道17号線と交差する伊熊の交差点に出合いますので、右折して国道17号線を沼田方面に進み・・・

国道17号線の伊熊北の交差点を左折すぐ先の伊熊北の交差点(T字路)を左折してください。

国道17号線の伊熊北の交差点を左折して左カーブを左に進むすぐ先のカーブを左に進み、道なりに600mほど歩いたら・・・

子持神社に行く途中の蛍光灯リサイクルセンター前の辻を右折左側に蛍光灯のリサイクルセンターの建屋のある交差点で右折しましょう。

子持神社の入口にある赤い鳥居をくぐる道なりに車道を2kmほど進み、車道の右手に赤い鳥居が見えたら右折して鳥居をくぐり・・・

子持神社の入口にある赤い鳥居をくぐってすぐの分岐すぐ先の分岐を右にとって林道を奥に進んでいきましょう。

(※この分岐は左に進んでも先の方で合流します)

子持神社の手前の三叉路赤い鳥居から500mほど歩いたところで出合う三叉路を左に進み・・・

子持神社の参道入口前300mほど歩いたら、子持神社の参道入口前に到着です。

敷島駅から子持神社までの道順はこんな感じです。

子持神社から5号橋までの道順

子持神社の本殿(群馬県渋川市)子持神社で登山の安全を祈願したら・・・

子持神社の参道入口前子持神社を左に見送って林道をさらに奥に進みましょう。

子持山の5号橋登山口前(浅間の護り口前)の駐車場子持神社から1.5kmほど林道を奥に進んだら5号橋の登山口前に到着です。

(※車は5~6台程度なら駐車可能です)

子持山の5号橋登山口から浅間への登山道を見る浅間(1088m)経由で子持山の山頂を目指す場合は車道左手の登山道入口から浅間に向かうトレイルに入ってください。

子持神社から5号橋の登山口までの道順はこんな感じです。

5号橋から6号橋までの道順

子持山の6号橋登山口前6号橋・7号橋から入山する場合はそのまま林道を奥に進みましょう。

5号橋から200mほど林道を奥に進んだら6号橋の登山口に到着です。

(※駐車スペースはありませんのでマイカーの場合は後述する7号橋の登山者用駐車場を利用するようにしてください)

子持山の6号橋登山口(獅子岩登り口)獅子岩まで直登し子持山の山頂を目指す場合はこの6号橋から右のトレイルに入ってください。

5号橋から6号橋の登山口までの道順はこんな感じです。

6号橋から7号橋および子持山登山口までの道順

子持山の7号橋の登山者用駐車場前7号橋から入山する場合はそのまま林道を奥に進みます。

6号橋から400mほど林道を奥に進んだら、7号橋の登山者用駐車場に到着です。

(※この右手に簡易トイレが一基設置してあります)

子持山の7号橋登山口上にある子持神社の参道入口前7号橋の駐車場から50mほど林道を奥に上がったら、右手に赤い鳥居が見えます。

この鳥居が子持神社の奥の院(奥宮)の鳥居となりますので、奥の院にお参りしたい人はここから右の石段を上って奥の院まで登ってください(※奥の院は50mほど上の岩窟内にあります)。

7号橋のすぐ上にある子持山登山口前なお、子持山の登山口は奥の院の登り口を右に見送った20mほど先にありますので、屏風岩から獅子岩を経由するコースを登る場合はここから右の登山道に入ってください。

大タルミまで直登して子持山の山頂を目指す場合はここから登山道に入らずに、林道を奥に進んで大タルミへの登山コースに入ってください。

6号橋から7号橋および子持山の登山口までの道順はこんな感じになります。


蛇足

子持神社の「女神の足跡」について

子持神社の里宮の本殿右奥には「女神の足跡」と呼ばれる岩が安置されています。

子持神社の女神の足跡

その昔、子持神社の本殿が火災に見舞われた際、女神様が避難する際に本殿の敷石に足を着いた時の跡が残されたという伝承が伝えられいて、小さな足形のくぼみが鮮明に残されている不思議な岩は新たなパワースポットとして密かな人気があるようです。

子持神社の女神の足跡の足形のくぼみ

子持神社を訪れた際は是非見学してみて下さい。

子持神社の「御籠り」について

子持神社の例大祭の前日に行われる神事「御籠り」についてはこちらのページでレポートしていますので、「御籠り」に興味がある方はご一読ください。

▶ 子持神社”幻の伝統神事”「御籠り」に飛入り参加してみた

子持神社の奥の院(奥宮)で行われる御籠り前の祈祷


参考サイト

JR東日本
https://www.jreast.co.jp/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス