小楢山の登山口に塩山駅から市営バスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乙女高原の東に悠然と佇む小楢山(1713m)。

ホテルフフ山梨の上にある小楢山の登山口(林道ゲート)奥秩父山塊の南端部に位置する中級山岳で、小楢峠を挟んで並び立つ大沢山とを結ぶトレイルが多くのハイキング愛好家を魅了し続けている山梨の秀峰として知られています。

小楢山の登山ルートは乙女高原かの焼山峠からアプローチするコースをとる人も多いようですが、小楢山の南側から小楢山の山頂を目指す場合は南山麓の真智地区からブドウ畑を奥に進み「ホテルフフ山梨」の奥の林道ゲートを越えて小楢山に向かうトレイルに入ることが可能です。

小楢山の南側の登山口に直接アクセスする路線バスはありませんが、登山口へのアクセスの起点となる真智地区までは山梨市の運行する市営バスも乗り入れていますので(※ただし本数は極めて少ないです)、公共交通機関を利用したハイキングも不可能ではありません。

そこで今回は、小楢山の南側の登山口(ホテルフフ山梨の上の林道ゲート)に山梨市の市営バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は甲府駅発着のアクセス方法となりますので、甲府までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
甲府・竜王に東京・名古屋・大阪からバスでアクセスする方法

ちなみに、小楢山に南山麓の鼓川温泉から妙見山を経由してアプローチする場合はこちらのページを参考にしてください。
▶ 妙見山・小楢山の登山口 鼓川温泉にバスでアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度  😭😭😭
 山岳名  小楢山(こならやま)、ホテルフフ山梨
 登山口名  小楢山登山道入口
 最寄りバス停  真智バス停(山梨市営バス:牧丘循環線)
 最寄り駅  塩山駅(JR中央本線)


小楢山の登山口に塩山駅から市営バスでアクセスする方法

~ 塩山駅から山梨市または甲州市の市営バスを乗り継ぐ ~

スポンサーリンク

STEP1
(甲府駅から塩山駅まで)

甲府駅からJR中央本線(上り:高尾方面行き)に乗車し、塩山駅で下車する。

※ 運賃は320円。

JR甲府駅📷 甲府駅。

塩山駅(JR中央本線)📷 塩山駅。

STEP2
(塩山駅から窪平まで)

山梨市の市営バスを利用する場合

塩山駅(南口)バスのりばから山梨市の運行する「窪平(杣口)」行き市営バス(牧丘循環線)に乗車し、終点の「窪平」で降車する。

※ 運賃は200円。

甲州市の市民バスを利用する場合

塩山駅(南口)バスのりばから広州市の運行する「窪平」行き市民バス(窪平・西沢渓谷線)に乗車し、「窪平」で降車する。

※ 運賃は340円。

塩山駅(南口)バス停(甲州市営バス、山梨市営バス)📷 塩山駅(南口)バス停(https://goo.gl/maps/7y94Qwioosr)。

📷 窪平バス停(https://goo.gl/maps/HMqWJ12FDHT2)。

⏰ 窪平までのバスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 小楢山の登山口 鼓川温泉にバスでアクセスする方法

STEP3
(窪平から真智まで)

窪平バス停から山梨市の運行する「洞雲寺」行き市営バス(牧丘循環線)に乗車し、「真智」で降車する。

※ 運賃は100円。

📷 窪平バス停(https://goo.gl/maps/HMqWJ12FDHT2)。

※バス停にトイレもあります。

真智バス停(山梨市営バス)📷 真智バス停(https://goo.gl/maps/MN6fPSpVdnt)。

⏰ 真智までのバスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 小楢山の登山口 鼓川温泉にバスでアクセスする方法

STEP3
(真智から小楢山の登山口まで)

真智バス停から小楢山の登山口まで歩く。

真智バス停北側の辻を左に入る真智でバスを降車したら、バス停の北側の角を左折し道なりに進んでください。

ホテルフフ山梨の看板のある分岐を右に入る車道を道なりに700mほど歩いたら「ホテルフフ山梨」の看板がありますので、ここを右に入り「ホテルフフ山梨」を目指した坂を上がって行きましょう。

ホテルフフ山梨の入口手前のT字路を左折道なりに坂を上がるとT字路に突き当たりますので左折し、右にカーブして坂を上がったら…

ホテルフフ山梨の入口前を上がるホテルフフ山梨の入口前に着きますので、ホテルフフ山梨を右に見送ってそのまま坂を上がってください。

ホテルフフ山梨の上にある小楢山の登山口駐車場ホテルフフ山梨から少し坂を上がったら、登山者用駐車場のある小楢山の登山口に到着です。

(車は7~8台駐車可)

ホテルフフ山梨の上にある小楢山の登山口(林道ゲート)駐車場の先に林道のゲート(カギはかかっていません)がありますので、中に入ったら忘れずにゲートを閉めておきましょう。

真智バス停から小楢山の登山口までの道順はこんな感じです。


参考サイト

JR東日本
https://www.jreast.co.jp/

山梨市
http://www.city.yamanashi.yamanashi.jp/

甲州市
http://www.city.koshu.yamanashi.jp/


スポンサーリンク
【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス