古処山・屏山の登山口 古処山入口にアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国時代には秋月氏の山城、難攻不落の古処山城が築かれていた古処山(859.5m)。

屏山山頂の画像隣接する屏山(926.6m)との縦走路は石灰岩とツゲの原生林(天然記念物)が連なる筑豊地方屈指の登山コースとして有名です。

 屏山山頂からの眺望。)

人気の山岳だけあって登山ルートも複数あるようですが、朝倉市側から登る場合は筑前の小京都、秋月地区の山間にある古処山入口から入山(秋月キャンプ場コース)するのが一般的です。

そこで今回は、古処山と屏山の秋月キャンプ場コースの登山口となる古処山入口にアクセスする方法をご紹介いたします。

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥
 山岳名  古処山、屏山
 登山口名  古処山入口(秋月コース登山道入口)
 最寄バス停  古処山入口バス停、だんごあんバス停(以上、甘木観光バス・秋月線)
 最寄駅  甘木鉄道甘木駅、西鉄甘木駅(西鉄甘木線)


古処山・屏山の登山口 古処山入口にアクセスする方法

~ 甘鉄甘木駅で甘木観光バスに乗り継ぐ ~

スポンサーリンク

STEP1
(福岡市内から天鉄甘木駅まで)

JRおよび甘木鉄道を利用する場合

JR博多駅から鹿児島本線(下り)に乗車し、基山で甘木鉄道に乗り換え、甘鉄甘木駅で下車する。

運賃は800円(博多~基山450円、基山~甘木350円)。

西鉄電車および甘木鉄道を利用する場合

天神の西鉄福岡駅から天神大牟田線に乗車し、小郡で甘木鉄道に乗り換え、甘鉄甘木駅で下車する。

運賃は810円(天神~小郡500円、小郡~甘木310円)。

STEP2
(天鉄甘木駅から古処山入口または”だんごあん”まで)

甘鉄甘木駅バス停から甘木観光バスの路線バス(秋月線)に乗車し、「古処山入口」または「だんごあん」で降車する。

運賃は350円。

甘鉄甘木駅と甘木駅バス停の画像

 甘木駅バス停と甘木鉄道甘木駅(http://goo.gl/maps/D7CFD)。

古処山入口バス停の画像

 古処山入口バス停(http://goo.gl/maps/ZmGrI

だんごあんバス停の画像

 だんごあんバス停(http://goo.gl/maps/Gw61f)。

路線バスの時刻表を作りましたので参考にしてください。

 【平日・土曜】甘木駅~古処山入口・だんごあん バス時刻表
甘鉄甘木駅発 11:17 13:27 14:50 16:35
古処山入口着 11:40 13:50 15:13 16:58
だんごあん着 11:41 13:51 15:14 16:59
時刻表は朝倉市のサイトで最新のものを確認してください。
 【日祝】甘木駅~古書さん入口・だんごあん バス時刻表
発着時刻・路線・(行先)
甘鉄甘木駅発 09:47 11:16 13:47 15:56
古処山入口着 10:10 11:39 14:10 16:19
だんごあん着 10:11 11:40 14:11 16:20
時刻表は朝倉市のサイトで最新のものを確認してください。


ワンポイントアドバイス

西鉄甘木線を利用するアクセス方法について

西鉄電車を利用する場合は、上記で紹介した甘木鉄道ではなく宮の陣駅で西鉄甘木線に乗り換える方法もあります(西鉄福岡[天神]駅からの運賃総額は770円)。

 甘木観光バスには西鉄甘木駅バス停(http://goo.gl/maps/pNYJO)から乗車可能です(発車時刻は甘鉄甘木駅バス停発車時刻の1分後)。

秋月キャンプ場コース通行止めについて

平成24年の大雨による土砂崩れにより、秋月キャンプ場コース登山道の古処山入口から古処林道終点5合目駐車場までの区間が通行止めとなっています。
工事の進行具合によっては通行再開が延期することもありますので事前確認をお願いします(県庁の環境部自然環境課自然公園係に確認したところ平成25年4月より開通予定とのことでした)。

なお、古処山入口(およびだんごあん)バス停から古処林道終点5合目駐車場までの道順はこんな感じです(※だんごあんから古処林道入口までの中間地点ぐらいまでショートカットできる登山道もあります)。


蛇足

天然記念物のツゲの原生林について

古処山山頂付近に広がるツゲの原始林の画像 ちなみに、古処山山頂付近のツゲの原始林はこんな感じです。

写真ではイマイチ雰囲気が伝わらないと思いますが、ツゲが群生している場所は滅多になく、国の天然記念物に指定されているだけあって一見の価値ありです。


参考サイト

JR九州列車の旅
http://www.jrkyushu.co.jp/train/

西鉄グループ
http://www.nishitetsu.co.jp

甘木鉄道
http://www.amatetsu.jp/index.html

甘木観光バス(路線バス)| 朝倉市
http://www.city.asakura.lg.jp/www/genre/0000000000000/1348448785440/index.html


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス