柑子岳の一ノ谷・村上登山口(白木神社)にアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糸島半島にあって、東に博多湾と能古島を見下ろす柑子岳(254.5m)。

柑子岳山頂の画像古には柑子岳城が築かれていたこの山は、戦国期には当地の豪族原田氏、周防の大内氏、豊後の大友氏などが争奪を繰り広げた要衝であったようです。

 画像は柑子岳山頂から見下ろす海岸線。ビーチの突端に毘沙門山が見えます。その先の島は能古島。)

柑子岳の登山口は福岡市西区の草場地区にある一ノ谷登山口と村上登山口(草場登山口・白木神社)の2つが多く利用されているようで、登山口の近くまで路線バスを利用してアクセスすることも可能です。

そこで今回は、博多駅地区および天神地区から柑子岳の登山口にアクセスする方法をレポートしましょう。

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥
 山岳名  柑子岳
 登山口名  一ノ谷登山口、村上登山口(白木神社)
 最寄バス停  大原橋バス停(昭和バス・西の浦線)
 最寄駅  JR今宿駅・JR九大学研都市線(以上、筑肥線)


柑子岳の一ノ谷・村上登山口(白木神社)にアクセスする方法

~ JR今宿駅または九大学研都市駅から昭和バスの路線バスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(博多駅から今宿駅または九大学研都市駅まで)

福岡市営地下鉄の博多駅もしくは天神駅から空港線の筑前前原行に乗車し、今宿駅または九大学研都市駅で下車する(姪浜駅でJR筑肥線直通)。

 運賃は490円(地下鉄区間290円・JR区間200円)。

 福岡市営地下鉄の本数は多いのでこのページでは時刻表は作成しませんでした。

STEP2
(今宿駅・九大学研都市駅から大原橋バス停まで)

今宿駅前または九大学研都市駅バス停から昭和バスの西浦行き路線バス(西の浦線)に乗車し、大原橋で下車する。

 運賃は340円。

九大学研都市駅の画像 九大学研都市駅バス停(http://goo.gl/maps/dntGa)。

JR今宿駅の画像 今宿駅前バス停(http://goo.gl/maps/OfBH5)。

大原橋バス停(昭和バス)の画像 大原橋バス停(http://goo.gl/maps/MtrPL)。

 路線バスの時刻表を作りましたので参考にしてください。

 今宿駅・九大学研都市駅~大原橋時刻表(※午前中の便のみ抜粋)
平日 土日祝
九大学研都市駅発 06:54 07:45 08:30 09:45 11:12 07:40 08:25 10:00 11:30
今宿駅前発 07:01 07:52 08:37 09:52 07:47 08:32 10:07 11:37
大原橋着 07:15 08:06 08:51 10:06 11:28 08:01 08:46 10:21 11:51
 時刻表は昭和バスのサイトで最新のものを確認してください。

STEP3
(大原橋バス停から柑子岳の登山口まで)

大原橋バス停から柑子岳の登山口まで歩く。

一ノ谷登山口から登る場合

大原橋バス停(昭和バス)の画像 写真は大原橋バス停。

シーサイド病院前の画像バス停の手前から脇道へ入り、川沿いの道を道なりに進みます。

柑子岳麓のため池の画像道なりに歩いていくと左手にため池が見えます。そのまま直進し、峠を越えて道なりに坂を下ると・・・

柑子岳登山口への入口の画像登山口を示す標識がありますので指示に従って右折してください。

柑子岳登山口手前の農道の画像農道を道なりに進むと・・・

一ノ谷登山口の画像一ノ谷登山口に到着です。駐車場もここにあります(5~6台駐車可)。

一ノ谷登山口までの道順はこんな感じです。

村上登山口(白木神社)から登る場合

一ノ谷登山口から村上登山口への道の画像村上登山口(白木神社)から登る場合は、一ノ谷登山口から左側の道に進んでください。

一ノ谷登山口から村上登山口へのT字路の画像T字路に突き当たったら左折し・・・

一ノ谷登山口から村上登山口への途中の辻の画像その先に四つ辻を直進してください。

北崎分団草場格納庫前の画像少し歩くと消防団の倉庫がありますので右折します。

村上登山口(白木神社)の入口の画像道なりに坂を上ると右に入る脇道がありますので右折して脇道に入りましょう。

村上登山口を示す標識の画像ちなみに、標識も出ています。

白木神社の画像右折して道なりに進むと白木神社に到着です。

白木神社のすぐ上にある村上登山口への入口の画像白木神社のすぐ上で右折してさらに脇道に入って少し歩くと・・・

(いちおう、ここにも登山口を示す黄色い標識が立ててあります)

村上登山口の画像村上登山口に到着です。

一ノ谷登山口から徒歩20分ぐらいです。

一ノ谷登山口から村上登山口まで(白木神社の上の分岐まで)の道順はこんな感じです。


参考サイト

昭和バス(昭和自動車株式会社)
http://www.showa-bus.jp/index.html


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス