中津明神山の登山口 大宮八幡神社としだれ桜にアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久万高原町の中津集落を懐に抱く中津明神山(1540.6m)。

西村大師堂のしだれ桜(久万高原町中津)の画像愛媛と高知の県境に位置する南予土佐の名峰です。

愛媛側から入山する場合は久万高原町の中津集落にある「西村大師堂のしだれ桜」や「大宮八幡神社」が登山口の目印となります。

 画像は西村大師堂のしだれ桜(シーズンを過ぎていたため桜は咲いていませんが・・・))

春に登る場合は、このしだれ桜を経由する中津ルートで入山するとより登山が楽しめるのではないでしょうか。

ということで、今回は中津明神山の登山口となる大宮八幡神社と西村大師堂のしだれ桜にアクセスする方法をご紹介いたしましょう。

なお、今回は松山発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から松山までのアクセス方法についてはこちらの記事を参考にしてください。
福岡から愛媛・松山にアクセスする方法※松山・小倉フェリー利用
大分から愛媛・松山にアクセスする方法※国道九四フェリー利用
大分から愛媛・松山にアクセスする方法※宇和島運輸フェリー利用
福岡・小倉から愛媛の松山にアクセスする方法※高速バス利用

ちなみに、高知県の中津渓谷や吾川スカイパークから入山する場合はこちらの記事を参考にしてください。
中津明神山の登山口 吾川スカイパークと中津渓谷へのアクセス

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥
 山岳名  明神山(中津明神山)
 登山口名  西村大使堂のしだれ桜、大宮八幡神社、明神山登山道入口(中津側)
 最寄バス停  伊予折戸・伊予旭バス停(以上、黒岩観光・佐川~落出線)
 最寄駅  –


中津明神山の登山口 大宮八幡神社としだれ桜にアクセスする方法

~ 落出で路線バスを乗換える ~

スポンサーリンク

STEP1
(松山駅前から落出まで)

松山駅前バス停からJR四国バスの運行する落出行き路線バス(久万高原線)に乗車し、終点の落出で降車する。

 運賃は1,890円。

松山駅前バス停の画像 松山駅前バス停(http://goo.gl/maps/sk6HR)。

落出バス停(JR四国バス・黒岩観光)の画像 落出バス停(http://goo.gl/maps/dNiU7)。

 時刻表を作りましたので参考にしてください。

 松山駅前~落出 路線バス時刻表(2014年4月版)
松山駅前発 06:30 08:15 09:50 12:20 14:15 16:10 17:50 19:00
落出着 08:11 10:02 11:34 14:06 16:05 18:02 19:42 20:44
:土日祝および年末年始運休
 時刻表はJR四国バスのサイトで最新のものを確認してください。

 帰りの時刻表はこちらです。

 落出~松山駅前 路線バス時刻表(2014年4月版)
落出発 05:54 06:12 07:20 09:30 11:00 13:00 15:10 17:10 18:30
松山駅前着 07:42 07:57 09:11 11:12 12:42 14:45 16:56 18:56 20:12
:土日祝および年末年始運休
 時刻表はJR四国バスのサイトで最新のものを確認してください。

STEP2
(落出から伊予折戸または伊予旭まで)

落出バス停から黒岩観光の運行する佐川駅行き路線バス(落出~佐川駅線)に乗車し、伊予折戸または伊予旭で降車する。

 運賃は伊予折戸まで200円、伊予旭まで260円。

落出バス停(JR四国バス・黒岩観光)の画像 落出バス停(http://goo.gl/maps/dNiU7)。

伊予折戸バス停(黒岩観光)の画像 伊予折戸バス停(http://goo.gl/maps/PnAtB)。

伊予旭バス停(黒岩観光)の画像 伊予旭バス停(http://goo.gl/maps/VrMUT)。

 時刻表を作りましたので参考にしてください。

 落出~伊予折戸・伊予旭 路線バス時刻表(2014年4月版)
往路 復路
落出発 11:55 17:10 伊予旭発 11:14 16:49
伊予折戸着 11:58 17:13 伊予折戸発 11:16 16:51
伊予旭着 12:00 17:15 落出着 11:25 17:00
:土日祝及び年末年始運休
 時刻表は黒岩観光のサイトで最新のものを確認してください。

STEP3
(バス停から登山口まで)

伊予折戸または伊予旭バス停から登山口まで歩く。

伊予折戸バス停から歩く場合

伊予折戸バス停(黒岩観光)の画像伊予折戸でバスを降車したら、バス停前の国道から左の脇道に入り、坂道をひたすら上って行きましょう。

※「しだれ桜」の案内板に従って行けば大丈夫です。ちなみにこの横に設置してある中津地区の観光案内版の下に中津地区の観光案内パンフレットが置かれていますので、忘れずにもらっておきましょう。

旧中津小学校前(久万高原町)の画像一本道の坂道をひたすら上って行くと、中津の集落に到着。

集落に入ってすぐ左側に、旧中津小学校の校舎があります。ココにも案内板が設置してあるので、とりあえず登山口の途中にある「しだれ桜」を目指して進みましょう。

中津小学校から「しだれ桜」までの道は2通りあるので・・・

旧中津小学校前(久万高原町)のしだれ桜に行く坂道の入口の画像中津小学校のグラウンドの左側から回り込んで「しだれ桜」に行く場合はこの右側の坂を上り・・・

旧中津小学校(久万高原町)の右側のしだれ桜に行く坂道の入口の画像中津小学校のグラウンドの右側から回り込んで「しだれ桜」に行く場合はこの道をひたすら上ります。

「西村大師堂のしだれ桜」の駐車場(久万高原町中津)の画像しばらく車道を上ると「西村大師堂のしだれ桜」の駐車場に到着。

大宮八幡神社(久万高原町中津)の画像さらに車道を上って行くと、明神山の登山口のある大宮八幡神社に到着です。

登山口はここから林道をさらに上った先にあります。

伊予折戸バス停から登山口までの道順はこんな感じです。

伊予旭バス停から歩く場合

伊予旭バス停そばの電話ボックスの画像伊予旭でバスを降車したら、バス停のすぐそばにある電話ボックスの先から右に入り・・・

伊予旭バス停そばの電話ボックスの先の小道の入口の画像細い道を上ります。

伊予旭バス停の裏にある床屋さんの横の旧中津小学校に続く小路の入口の画像50mほど上ると車道に出ます。

すぐ前の床屋さんの横に小路があるので、今度はその小道を上って行きましょう。

※左の画像の電柱のところから坂を上って行きます。

伊予旭バス停の裏にある床屋さんの横の旧中津小学校に続く小路を上って行った先で中津の集落に出たところの画像人一人通れるぐらいの小道を上って行き、途中の分岐を左にとって道なりに坂を上って行くと、再び車道に出ます。

ココからさらに坂を上り・・・

伊予旭バス停の裏にある床屋さんの横の旧中津小学校に続く小路を上って行った先で中津の集落に出たところの先の旧中津小学校の手前辺りの画像その先の分岐を左に行くと、旧中津小学校に着きます。

後は、前述したとおり、「しだれ桜」を経由して大宮八幡神社を目指して歩いてください。

伊予旭バス停から登山口までの道順はこんな感じです。


ワンポイントアドバイス

高知方面からアクセスする場合

高知方面から伊予旭や伊予折戸バス停にアクセスする場合は、JR佐川駅から黒岩観光の落出行き路線バスに乗車します。

なお、高知市内から落出方面の路線バスに乗車するまでのアクセス方法についてはこちらの記事を参考にしてください。
中津明神山の登山口 吾川スカイパークと中津渓谷へのアクセス


蛇足

旧中津小学校での宿泊について

中津地区にある旧中津小学校は閉校された後も中津地区の方々で管理が継続されており、中津地区の自治会などに連絡すると宿泊施設として利用させてもらえるそうです。

旧中津小学校前(久万高原町)の画像

校舎の中で宿泊出来るほか、校庭にテントを張ってもよく、夏はプールに水を張ってくれたり、場合によっては婦人会の方で食事も作ってくれたりする場合もあるそうです(注)。
ちなみに、校舎の音楽室にはアンプやレコーディング装備など音楽機材一式が整っているらしいのでバンドの合宿などにも利用できそうです。
なお、布団など寝具一式は校舎のなかに常備してあるみたいです。

注:宿泊施設として常時開放しているわけではなく、事前連絡があれば宿泊施設として開放しているという状況のようですので、宿泊をご希望の方は必ず事前連絡をしてください。
また、プールの利用や食事の提供なども「交渉次第」とのことらしいので、使用料その他も含め、事前に自治会の方とよく打ち合わせをした方が良さそうです。

部活の合宿や職場や仲間内の慰安旅行など比較的人数が多い方が対応してくれると思います。
なお、基本的に有料となると思いますので、その辺も事前に確認してください。


参考サイト

JR四国バス
http://www.jr-shikoku.co.jp/bus/

黒岩観光
http://kurokan.net/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス