灘山(糸島)の登山口 畑中に路線バスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糸島半島の北端で北に玄界灘を見下ろす灘山(209.5m)。

灘山・第二展望台からの眺望お椀を伏せたような山容は、古には付近を航行する船の目印ともなっていたのではないでしょうか。

 画像は灘山山頂の近くにある展望所からの眺望。糸島半島の海岸線がきれいです。)

灘山の登山口は福岡市西区の畑中地区にあり、JR今宿駅や九大学研都市駅から昭和バスの路線バスを利用してアクセスすることも可能です。

そこで今回は、糸島半島の灘山の登山口(灘山ハイキングコース入口)に路線バスを利用してアクセスする方法をレポートいたしましょう。

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥
 山岳名  灘山
 登山口名  灘山ハイキングコース入口
 最寄バス停  畑中バス停(昭和バス・西の浦線)
 最寄駅  JR今宿駅・JR九大学研都市線(以上、筑肥線)


灘山(糸島)の登山口 畑中に路線バスでアクセスする方法

~ JR今宿駅または九大学研都市駅から昭和バスの路線バスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(博多駅から今宿駅・九大学研都市駅まで)

福岡市営地下鉄の博多駅もしくは天神駅から空港線の筑前前原行に乗車し、今宿駅または九大学研都市駅で下車する(姪浜駅でJR筑肥線直通)。

運賃は490円(地下鉄区間290円・JR区間200円)。

福岡市営地下鉄の本数は多いのでこのページでは時刻表は作成しませんでした。

STEP2
(今宿駅・九大学研都市駅から畑中バス停まで)

今宿駅前または九大学研都市駅バス停から昭和バスの西浦行き路線バス(西の浦線)に乗車し、畑中で降車する。

運賃は520円。

JR今宿駅の画像 今宿駅(http://goo.gl/maps/OfBH5)。

九大学研都市駅の画像 九大学研都市駅(http://goo.gl/maps/dntGa)。

畑中バス停の画像 畑中バス停(http://goo.gl/maps/5FLk5)。

路線バスの時刻表を作りましたので参考にしてください。

 今宿駅・九大学研都市駅~畑中時刻表(※午前中の便のみ抜粋)
平日 土日祝
学研都市駅 06:54 07:45 08:30 09:45 11:12 12:48 07:40 08:25 10:00 11:30
今宿駅前 07:01 07:52 08:37 09:52 12:55 07:47 08:32 10:07 11:37
畑中 07:23 08:14 08:59 10:14 11:36 13:17 08:09 08:54 10:29 11:59
時刻表は昭和バスのサイトで最新のものを確認してください。

STEP3
(畑中バス停から灘山の登山口まで)

畑中バス停から灘山の登山口まで歩く。

畑中バス停の画像畑中でバスを降車したらそのまま車道を上ります。

(ちなみに、バス停前にはデイリーストアもあるので超便利です)

灘山登山道入口そばにある駐車スペースの画像5分ほど歩くと車道の右側に駐車スペースがあり・・・

(※マイカーでアクセスする人はここに駐車してください※画像は逆側から撮影しています)

灘山ピクニック道入口の画像そのすぐ先に灘山ハイキングコース入口があります。

畑中バス停から登山道入口までの道順はこんな感じです。


ワンポイントアドバイス

畑中バス停前のコンビニ横から入山する場合

灘山へは畑中バス停の前にあるデイリーストアの右横の小道からも灘山に登れます(灘山ハイキングコースの左回りルート)。

畑中バス停の画像まず、畑中バス停でバスを降りたら横断歩道を渡ってデイリーストアの右にある小道に入ってください。

畑中にあるラジコンのサーキットの画像デイリーストア横の小道に入ったらすぐ先で右折して道なりに進みます。5分ほど歩くと左手にラジコンのサーキットコースがありますのでそのまま直進。

畑中の灘山ハイキングコース(左回り)入口手前の分岐の画像更に進むと分岐がありますので左側に進んでください。

(ここのあたりが登山口になるのかな?)

灘山ハイキングコース(左回り)入口手前の分岐2の画像そのまた先にも分岐があるので今度は右側に進みます。

ココのあたりから先は登山道になってます。

灘山ハイキングコース(左回り)入口から登った場所にある竹林の画像更に進むと立派な竹林に到着。この先は「灘山ハイキングコース 灘山頂上広場まで〇m」と標識が出ていますのでそれに従って歩けば大丈夫でしょう。

道順はこんな感じです。


参考サイト

昭和バス(昭和自動車株式会社)
http://www.showa-bus.jp/index.html


スポンサーリンク
【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス