長岩城跡の登山口 川原口にバスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鎌倉期に野中重房(宇都宮重房)が築城した長岩城。

長岩城跡と扇山(大分県耶馬溪町)の画像戦国末期に猛将後藤又兵衛を先陣に据えた黒田長政の軍に攻め落とされるまで難攻不落を誇った九州最大規模の山城跡です。

 画像は登山口の河原口地区から見る長岩城)

長岩城が築かれた扇山の山中には石塁や石垣などが多数残されており、その城跡を巡る登山道は絶好のハイキングコースとして楽しめます。

長岩城の登山口は中津市の山間にある河原口地区にあり、本数は少ないものの路線バスも乗り入れているため公共交通機関を利用したハイキングも不可能ではありません。

そこで今回は、長岩城跡の登山口に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥  😥
 山岳名  長岩城跡
 登山口名  河原口
 最寄バス停  川原口バス停(大交北部バス・柿坂~相の原線)
 最寄駅  –


長岩城跡の登山口 川原口にバスでアクセスする方法

~ 柿坂で路線バスに乗り換える ~

スポンサーリンク

STEP1
(福岡市内から柿坂まで)

福岡市内からJRまたは高速バスおよび路線バスを利用して耶馬溪の柿坂までアクセスする。

柿坂までのアクセス方法はこちらのページを参考にしてください。
福岡市内から中津を経由してアクセスする場合(JRと路線バスを利用)
桧原山の登山口 正平寺と千本桂にアクセスする方法※中津発着
福岡市内から日田を経由してアクセスする場合(JRまたは高速バスと路線バスを利用)
桧原山の登山口 正平寺と千本桂にアクセスする方法※日田発着

※ 福岡市内から柿坂までのアクセス方法は桧原山登山口へのアクセス方法と全く同じです。

STEP2
(柿坂から河原口まで)

柿坂バス停から大交北部バス(大分交通)の相の原行き路線バスに乗車し、川原口で降車する。

※相の原行きバスは平日のみの運行です。土日祝は運行されていませんのでご注意ください。

 運賃は480円。

柿坂バス停(大分交通・大交北部バス)の画像 柿坂バス停(http://goo.gl/maps/MchSV)。

川原口バス停(大交北部バス・柿坂~相の原線)の画像 川原口バス停(http://goo.gl/maps/6TDHk)。

 柿坂から河原口までの路線バスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 桧原山の登山口 正平寺と千本桂にアクセスする方法※日田発着

STEP2
(河原口から長岩城の登り口まで)

河原口バス停から長岩城の登り口まで歩く。

長岩城の登り口河原口でバスを降車したら、バス停横の坂道を下って小川の方に降りてください。

小川の横のあぜ道を進むと小さな橋がありますので、この橋で川を渡って獣除けの柵(ゲート)に入れば長岩城のハイキングコースに至ります。


参考サイト

JR九州列車の旅
http://www.jrkyushu.co.jp/train/

西鉄グループ
http://www.nishitetsu.co.jp/

大分交通
http://www.oitakotsu.co.jp/
※大交北部バスの時刻表も検索できます。

九州のバス時刻表
http://qbus.jp/time/
※柿坂~川原口の時刻は検索できません。

中津市
http://www.city-nakatsu.jp/
※大交北部バスの中津駅前~柿坂、柿坂~相の原線の時刻表をダウンロードできます。
※時刻表ダウンロードのページURL(http://www.city-nakatsu.jp/doc/2012042300039/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス