老岳(老獄)の登山口 鮎返りにバスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上天草の北部に隆起する老岳(老獄)。

老岳(老獄)山頂(天草)の画像山頂直下には老岳神社も祀られる信仰の山岳で、山頂まで車道が通じていることからドライブがてらに登られることも多い天草でも有数のアウトドアスポットとして知られます。

 画像は老岳の山頂。)

山頂の設けられた駐車場にはきれいなトイレも完備されていますので、女性でも安心して登ることができるでしょう。

老岳は基本的に車道歩きで登る山となりますが、老岳の南側から山頂を目指す場合は鮎帰りバス停から山頂に続く林道に入ることが可能です。

そこで今回は、天草の老岳に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は熊本駅発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から熊本までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
福岡市内から熊本市内にアクセスする方法(JR・高速バス)

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥
 山岳名  老岳(老獄)
 登山口名  鮎帰り
 最寄バス停  鮎帰りバス停(産交バス・本渡バスセンター~教良木)
 最寄駅  JR三角駅(三角線)


老岳(老獄)の登山口 鮎返りにバスでアクセスする方法

~ 鮎帰りバス停から歩く ~

スポンサーリンク

STEP1
(熊本駅から本渡バスセンターまで)

熊本駅前バス停2番のりば(または熊本交通センター)から産交バスの快速バス「あまくさ号」に乗車し、本渡バスセンター(本渡BC)で降車する。

 運賃は2,180円。

熊本駅前バス停2番のりばの画像 熊本駅前バス停2番のりば(http://goo.gl/maps/q4NUP)。

 熊本交通センター(https://goo.gl/maps/ngvuwCRpQe12)※画像はありません。

本渡バスセンター(天草)の画像 本渡バスセンター(http://goo.gl/maps/8lG5L)。

なお、福岡市内から本渡にアクセスする場合はこちらのページも参考にしてください。
福岡市内から天草(松島・本渡)にアクセスする方法

STEP2
(本渡バスセンターから鮎帰りまで)

本渡バスセンターから産交バスの教良木行き路線バスに乗車し、鮎帰りで降車する。

 運賃は730円。

本渡バスセンター(天草)の画像 本渡バスセンター(http://goo.gl/maps/8lG5L)。

鮎帰りバス停(産交バス・天草)の画像 鮎帰りバス停(http://goo.gl/maps/T6F80)。

 本渡バスセンターから鮎帰りまでの時刻表を作りましたので参考にしてください。

 本渡バスセンター~鮎帰りバス時刻表
本渡BC発 07:00 09:50 11:30 14:50 17:05 17:45
鮎戻り着 07:51 10:41 12:21 15:41 17:56 18:36
:土日祝運休 :日祝運休 :土日祝のみ運行
 時刻表は産交バスのサイトで最新のものを確認してください。

 帰りの時刻表はこちらです。

 鮎戻り~本渡バスセンターバス時刻表
鮎帰り発 07:00 08:40 12:45 14:10 18:20
本渡BC着 07:52 09:32 13:37 15:02 19:12
:日祝運休
 時刻表は産交バスのサイトで最新のものを確認してください。

STEP3
(鮎帰りバス停から老岳の山頂まで)

鮎帰りバス停から山頂まで歩く。

鮎帰りバス停(産交バス・天草)の画像鮎帰りでバスを降車したら、バス停の横から川沿いに林道に入ります。

鮎帰りバス停から林道に入ってすぐの分岐地点の画像すぐに分岐がありますがここは左側に進んでください。

そのあとは道なりにひたすらまっすぐ進みます。

老岳湧水(天草)の画像8合目には老岳湧水もあります。とってもおいしいミネラルウォーターです。

老岳神社(天草)の画像山頂直下の老岳神社前の分岐は左側に進みましょう。

老岳山頂の電波塔とトイレの画像老岳神社から少し上ると山頂に到着。

山頂の電波塔横の駐車場にはやたらきれいなトイレもあります(トイレットペーパー付き※3本以上の予備あり)。

山頂の展望もそこそこイケてます。

鮎帰りバス停から山頂までの道順はこんな感じです(山頂まで車道歩きで約3~4時間程度)。


参考サイト

産交バス|トップページ
http://www.kyusanko.co.jp/sankobus_top/

九州のバス時刻表
http://qbus.jp/time/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス