大怒田山の登山口(大岳鍾乳洞側)にバスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あきる野市と檜原村の境界上に位置する大怒田山(1054m)。

大怒田山(関東ふれあいの道の”鍾乳洞と滝のみち”)の大岳鍾乳洞側の登山口関東ふれあいの道の”鍾乳洞と滝のみち”のルート上にある要衝で、展望所となる富士見台からの眺望が多くの登山愛好家を魅了する、東京でも有数のお手軽ハイキングスポットです。

登山ルートは北側の大岳鍾乳洞と南側の天狗の滝を結ぶコースが採られるのが一般的(※関東ふれあいの道の”鍾乳洞と滝のみち”もこのコースが採られる)。

 画像は大怒田山の大岳鍾乳洞側の登山口となる林道の終点)

北側の大岳鍾乳洞方面から入山する場合は、登山口から徒歩1時間程度の距離にあるバス停(大岳鍾乳洞入口バス停)まで路線バスを利用することもできるので、公共交通機関を利用したハイキングも可能です。

そこで今回は、大怒田山(関東ふれあいの道の”鍾乳洞と滝のみち”)の大岳鍾乳洞側の登山口に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介いたしましょう。

なお、今回は新宿駅発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から新宿(東京)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
 福岡から東京にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

ちなみに、南側の天狗の滝方面から登る場合はこちらのページを参考にしてください。
 ”鍾乳洞と滝のみち”の登山口 天狗の滝にアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥  😥  😥
 山岳名  鍾乳洞と滝のみち、富士見台、大怒田山、馬頭刈尾根
 登山口名  大滝登り口、大岳鍾乳洞
 最寄バス停  大岳鍾乳洞入口バス停(西東京バス・上養沢線)
 最寄駅  武蔵五日市駅(JR五日市線)


大怒田山の登山口(大岳鍾乳洞側)にバスでアクセスする方法

~ 武蔵五日市駅から路線バスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(新宿駅から武蔵五日市駅まで)

西武電鉄を利用する場合

西武新宿駅から西武新宿特急(拝島行き)に乗車し、拝島駅でJR五日市線に乗り換えて、終点の武蔵五日市駅で下車する。

運賃は660円(西武区間440円、JR区間120円)。

※その他、新宿駅(JR)→高田馬場(西武)→小平(西武)→拝島(JR)→武蔵五日市などの乗換方法もあります(770円)。

京王線を利用する場合

新宿駅から京王線特急に乗車し、分部河原駅でJR南武線(立川行き)に、立川駅でJR青梅線(青梅行き)に、拝島駅でJR五日市線に乗り換えて、終点の武蔵五日市駅で下車する。

運賃は670円(京王線区間280円、JR区間390円)。

全ての路線でJRを利用する場合

新宿駅からJR中央線に乗車し、立川駅でJR青梅線に、拝島駅でJR五日市線に乗り継いで、終点の武蔵五日市駅で下車する。

 運賃は800円。

新宿駅(JR側) 新宿駅。

JR武蔵五日市駅(あきる野市) 武蔵五日市駅。

STEP2
(武蔵五日市駅から大岳鍾乳洞入口まで)

武蔵五日市駅バス停(1番のりば)から西東京バスの運行する「上養沢」行き路線バスに乗車し、終点の大岳鍾乳洞入口で降車する。

運賃は480円。

武蔵五日市駅バス停(西東京バス) 武蔵五日市駅バス停(https://goo.gl/maps/FHz05)。

※上養沢方面行き路線バスは1番のりばから乗車してください。

大岳鍾乳洞入口バス停(西東京バス) 大岳鍾乳洞入口バス停(https://goo.gl/maps/fHWiY)。

(※バス停の向かい側の神社の横にトイレがあります)

路線バスの時刻表は、上養沢へのアクセス方法をレポートしたこちらのページに掲載しています。
 日の出山(杉の木陰のみち)の登山口 上養沢にアクセスする方法

STEP3
(大岳鍾乳洞入口バス停から大怒田山(”鍾乳洞と滝のみち”)の登山口まで)

大岳鍾乳洞入口バス停から大岳鍾乳洞を経て大怒田山(関東ふれあいの道の”鍾乳洞と滝のみち”)の登山口まで歩く。

大岳鍾乳洞入口バス停横の橋を渡ってすぐに右折大岳鍾乳洞入口でバスを降車したら、バス停前の赤い橋を渡り、すぐに右折します。

大岳鍾乳洞方面に向かう林道の入口あとは大岳鍾乳洞に向かう林道を道なりにひたすら直進していきましょう。

大岳鍾乳洞方面に向かう林道の採石場付近途中、採石場のところで道が分かりづらくなりますが・・・

大岳鍾乳洞方面に向かう林道の採石場にあるトンネルこのトンネルをくぐって先に進めば問題ありません。

大岳鍾乳洞方面に向かう林道の途中にある大岳キャンプ場採石場の少し先にある大岳キャンプ場を左に見送り・・・

(※ちなみにキャンプ場の利用許可はこの先の大岳鍾乳洞で受け付けています)

大岳鍾乳洞方面に向かう林道の途中にある大岳鍾乳洞の受付事務所の入口大岳鍾乳洞の事務所を左に見送ってさらに林道を奥に進み・・・

大岳鍾乳洞方面に向かう林道の途中の大岳鍾乳洞の少し上にあるオートキャンプ場大岳キャンプ場とは別のオートキャンプ場を左に見送って林道を上がって行けば・・・

大怒田山(関東ふれあいの道の”鍾乳洞と滝のみち”)の大岳鍾乳洞側の登山口林道の終点に到着。

大岳鍾乳洞の上にある大滝と馬頭刈尾根への登山道の入口ここから大滝・馬頭刈尾根への登山道(大怒田山への登山道)に入ってください。

大岳鍾乳洞入口バス停から大岳鍾乳洞を経て大怒田山(関東ふれあいの道の”鍾乳洞と滝のみち”や大滝、馬頭刈尾根)の登山口までの道順はこんな感じです。


蛇足

大岳鍾乳洞について

大岳鍾乳洞は20~30分で散策ができる鍾乳洞で、腰をかがめなければ通行できない探検気分を味わうことのできる隠れたアドベンチャースポットです(※ヘルメットや懐中電灯は受付で無料で貸してもらえます)。

大岳鍾乳洞の入口

大人500円(小学生300円・幼児100円)とリーズナブルな見学料以上の興奮が得られると思いますので、時間がある人は探検してみるとよいでしょう(※3歳ぐらいの子でもOKですが、身をかがめるところが多いので妊婦さんはNGでしょう)。

洞窟内はこんな感じになっています。


なお、この洞窟は受付をしているおばあさんの旦那さんが昭和36年に山仕事の最中に発見したもので、東京都の天然記念物に指定されている貴重な文化財となっています。

ちなみに、受付のおばあさんは今年(2015年)で100歳になられたそうです!

大岳鍾乳洞の受付


参考サイト

JR東日本
https://www.jreast.co.jp/

西武鉄道
http://www.seibu-group.co.jp/railways/

京王電鉄
http://www.keio.co.jp/

西東京バス
http://www.nisitokyobus.co.jp/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス