山岳保険の選び方(おすすめ遭難保険の比較)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各山岳保険の比較

各社の山岳保険を比較するとこんな感じになります。

 各社の山岳保険比較表
会社
団体名
保険の名称 入会金
(円)
年会費
(円)
年間
保険料

(円)
冬山 捜索救助
費用
(円)
死亡
障害

入院
(円)
賠償責任
保険
(円)
日本山岳
救助機構
山岳遭難
対策制度
2,000 2,000 800
※1

330万
× ×
日本費用
補償少額

短期保険
レスキュー
費用保険
なし なし 5,000
300万
× ×
日本
山岳協会
山岳共済会 なし 1,000 不明
150万~

1億
モンベル モンベル
野外活動保険
なし 1,500 3,110
※2
×
500万
※2

1億
※2
モンベル
山岳保険
なし 1,500 8,190
※3

630万
※3

1億
※3
モンベル
野遊び保険
なし 1,500 500
※4
×
300万

1億
※4
モンベル
山行保険
なし 1,500 1,500
※4

350万

1億
※4
山岳寄付基金 やまきふ共済会 なし 4,000 なし
※5

500万
× ×
冬山:アイゼン・ピッケルを使用する本格登攀やクライミングなど
※1:分担金を2013年と同一と仮定した場合 ※2:シングルプランC033の場合
※3:シングルプランF033の場合 ※4:6泊7日の場合
※5:登山計画書の作成通知が必要 ★捜索救助費用と損害賠償保険の金額は上限金額
 この一覧表には未確認情報も含まれます。
正確な保険料等はそれぞれのサイト等で各自ご確認ください。

スポンサーリンク

自動車保険などの特約との重複を避ける

代表的と思われる山岳保険の内容は前述したとおりですので、ご自身の山行スタイルと相談しながら「捜索・救助補償」だけの保険でもよいか、「入院補償」や「後遺障害補償」なども必要か、「対人賠償保険」なども契約しておいた方がよいのか、数日単位の「短期」保険でもよいのかなどを考えながら自分にあった保険に加入するのが良いのではないかと思います。

ただ、最後に一つ気を付けてもらいたいのが、既に契約している生命保険や自動車保険の特約で、登山中の事故についても保険金が支払われるものが附帯していないか確認することを忘れないようにすることです。

たとえば、私(登山口ねっと!の管理人)の場合、バイクに乗ることが多いので自動車保険に加入しているのですが、そのバイク保険の特約の一部に「日常生活傷害補償特約」というものがあり、その特約が付帯した契約の場合には日常生活において身体に被った障害に対しては保険金が支払われることになっています。

この日常生活傷害補償特約は、ピッケルやアイゼンなどの登攀用具を使用する登山やフリークライミング(ロッククライミング)における事故については補償の対象外となっていますが、通常の一般登山道を歩く登山やトレッキング、ハイキングなどの際に怪我をした場合は保険金(死亡保険金・後遺障害保険金・入院保険金・通院手術保険金など)が支払われることになっていますので、冬山や本格的な登攀を伴う登山をしないというのであれば前述の山岳保険のうち「入院補償」や「後遺障害補償」など新たに加入する必要はないことになります。

仮に、登山中(※冬山や本格登攀でなく一般登山道の登山中)に怪我をした場合でも自動車保険の「日常生活保障特約」から「入院補償」や「後遺障害補償」が支払われるので、山岳保険は「捜索・救助費用」に特化されたものであっても問題ないわけです。

このように、生命保険や自動車保険の特約の中には登山中の事故についても保険金が支払われるものがある場合があるので、ご自身が加入している他の保険についても一度確認しておいた方がいいでしょう。

同じ補償を重複してかけておくのも補償が厚くなるので無駄ではありませんが、お金に余裕がない場合は山岳保険の加入前にチェックしておいた方がいいと思います。

あとがき

このページで紹介した山岳保険は、当サイト管理人の独断で選んだものです。このほかにも山岳保険はたくさんあると思いますので、皆さん各自でお調べください。

夏山しかやらないのか、冬山もやるのか、登山以外のスキーなどもやるのか、他人に怪我させた場合の賠償保険も加入するかなど、自分の山行スタイルに合わせて選ぶのが賢明でしょう。

既に生命保険や自動車保険に加入している場合は、それらの保険で登山に使えそうな特約が入っていないか事前に確認し、同じような保険を重複して契約しないようにするのが賢い山岳保険選びだと思います。
(たとえば他人に怪我をさせた場合の損害賠償や自分が怪我をした場合の入院保障などの特約が生命保険や自動車保険の特約に入っていないかなどを確認する。登山時の疾病や事故などにも保険金が支払われるような特約であれば、山岳保険は捜索救助費用に特化されたものでも問題ないように思う・・・これは当サイト管理人の私見です)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス