三郡山・難所ヶ滝の登山口 昭和の森公園に宇美駅からバスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宝満山や若杉山との縦走も楽しめる三郡山。

三郡山頂からの眺望の画像山頂からの眺望も抜群で、福岡市周辺の多くのハイキング愛好家に愛される福岡でも有数の登山スポットとして有名です。

氷瀑で有名な難所ヶ滝も近くにありますので、冬場のハイキングコースとしても人気のある山です。

登山コースは、宇美町側の昭和の森公園から登る河原谷コースと欅谷コース、筑紫野市側の柚子原から登る柚子原コースなどがありますが、氷瀑で有名な難所ヶ滝を経由する場合は宇美町側の昭和の森公園から入山することになります。

昭和の森公園まで直接アクセスする路線バスはありませんが、歩いていける距離まで西鉄バスの路線バスもる宇治ていますので、公共交通機関を利用したアクセスも特に問題ないでしょう。

路線バスは博多バスターミナル・宇美駅・JR南福岡駅などから乗車可能ですが、今回はJR博多駅から在来線を利用し、JR宇美駅(または早見口バス停)で西鉄バスに乗換えるアクセスする方法をレポートいたします。

なお、博多バスターミナルから西鉄バスに乗車して乗り換えなしで昭和の森にアクセスしたい場合はこちらのページを参考にしてください。
三郡山・難所ヶ滝の登山口 昭和の森公園にアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥
 山岳名  三郡山、宝満山、および難所ヶ滝
 登山口名  昭和の森公園(河原谷登山道入り口)
 最寄バス停  障子岳バス停(西鉄バス)
 最寄駅  JR宇美駅(JR香椎線)


三郡山・難所ヶ滝の登山口 昭和の森公園に宇美駅からバスでアクセスする方法

~ 博多駅からJR在来線に乗車し、JR宇美駅で西鉄バスに乗換える ~

スポンサーリンク

STEP1
(博多駅から宇美駅まで)

博多駅からJR在来線に乗車し(鹿児島本線上りに乗車して香椎駅で香椎線に乗換えるか、篠栗線に乗車して長者原駅で香椎線に乗換える)、宇美駅で下車する。

 博多駅から宇美駅までの運賃は270円。

STEP2
(宇美駅から障子岳バス停まで)

宇美駅バス停から障子岳行き[33]西鉄バスに乗車し、障子岳で降車する。

 運賃は180円。

JR宇美駅の画像 JR宇美駅と宇美駅バス停(http://goo.gl/maps/U92jv)。

障子岳バス停の画像 障子岳バス停(http://goo.gl/maps/V7Hla)。

 博多駅から宇美駅を経由して障子岳バス停までの乗換時刻表を作りましたので参考にしてください。

  宇美駅前バス停~障子岳 バス時刻表(※午前中の便抜粋)
宇美駅前
07:56
(平日のみ)
 08:29
(日祝のみ)
09:13
※日祝は09:31
(土曜運休)
11:40
※土曜は11:47
(日祝運休)
障子岳
08:11   08:44 09:30 11:57
 時刻表はJRおよび西鉄グループのサイトで最新のものを確認してください。 

STEP3
(障子岳バス停から昭和の森公園まで)

障子岳バス停から昭和の森公園の登山口まで歩く。

障子岳バス停から昭和の森公園および三郡山の登山道入口までの道順はこちらのページを参考にしてください。

▶ 三郡山・難所ヶ滝の登山口 昭和の森公園(博多BTからバス)


ワンポイントアドバイス

早見口バス停から極楽寺・障子岳行きバスに乗車する場合

JR宇美駅から15分ほど歩いた場所にある早見口バス停からも極楽寺・障子岳行き西鉄路線バス[32,33,34]に乗車することが可能です。

早見口バス停の画像 早見口バス停:http://goo.gl/maps/V7Hla

 ちなみに早見口から障子岳バス停までの運賃は170円です。

極楽寺・障子岳行きのバスはの本数は早見口バス停の方が多いため、宇美駅前で乗り遅れた場合や早めに登山を開始したい場合は早見口バス停まで歩いてバスに乗り換えることをお勧めします。

なお、JR宇美駅から早見口バス停までの道順はこんな感じです。

 早見口バス停の時刻表を作ってみましたので参考にしてください。

    早見口~障子岳 バス時刻表(※午前中の便のみ抜粋)
平日 土曜 日祝
行先 極楽寺 障子岳 極楽寺 障子岳 極楽寺 障子岳
経由 障子岳 障子岳 障子岳
7時台 34 56
8時台 01 39 16 29 58 34
9時台 18 48 41 16 36
10時台 32 34 59 15
11時台 08 33 45 52 59
 時刻表は西鉄グループのサイトで最新のものを確認してください。


参考サイト

JR九州列車の旅
http://www.jrkyushu.co.jp/train/

西鉄グループ
http://www.nishitetsu.co.jp/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス