シダンゴ山・宮地山の登山口 寄にバスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松田町と山北町の境界上にひっそりと佇むシダンゴ山(758.1m)。

シダンゴ山の登山口となるふれあい農園の大寺休憩所南の稜線上に連なる宮地山とのプチ縦走コースが初心者からベテランハイカーまで気軽に楽しめるお手軽ハイキングスポットとして知られている丹波の秀峰です。

シダンゴ山の登山コースは東山麓の寄(やどりき)にある自然休養村の管理センターを起点に、大寺観音堂の奥にあるふれあい農園の大寺休憩所から直登するコースと、寄の西側から宮地山に直登してシダンゴ山に縦走するコースを周回ルートで登るのが一般的。

(📷 画像はシダンゴ山の登山口となるふれあい農園の大寺休憩所)

登山コースへの起点となる寄の自然休暇村管理センターまでは小田急線の新松田駅から路線バスも運行されていることから公共交通機関を利用したハイキングには最適な山岳といえます。

そこで今回は、シダンゴ山の登山口となる寄のふれあい農園の大寺休憩所と宮地山の登山コースの入口に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は東京(新宿)発着のアクセス方法となりますので、福岡から東京(新宿)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
福岡から東京にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

ちなみに、シダンゴ山や宮地山に田代向から登る場合はこちらを参考にしてください。
宮地山・シダンゴ山の田代向側の登山口にアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度  😭
 山岳名  シダンゴ山、宮地山
 登山口名  寄、自然休養村、シダンゴ山登山コース入口
 最寄りバス停  寄バス停(富士急湘南バス:新松田駅~寄線)
 最寄り駅  新松田駅(小田急線)


シダンゴ山・宮地山の登山口 寄にバスでアクセスする方法

~ 小田急線の新松田駅から路線バスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(新宿から新松田駅まで)

新宿駅から小田急線(小田原行き)に乗車し、新松田駅で下車する。

※ 運賃は780円。

新宿駅(JR側)📷 新宿駅。

📷 新松田駅。

STEP2
(新松田駅から寄まで)

新松田駅(北口)バス停から富士急湘南バスの運行する「寄(やどりき)」方面行き路線バスに乗車し、終点の「寄」で降車する。

※ 運賃は520円。

新松田駅(北口)バス停(富士急湘南バス)📷 新松田駅(北口)バス停(https://goo.gl/maps/JTe8XMF6nix)。

寄バス停(富士急湘南バス)📷 寄バス停(https://goo.gl/maps/JBVRhHJb4St)。

⏰ 路線バスの発着時刻は鍋割山の登山口をレポートしたこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 鍋割山の登山口(寄)にバスでアクセスする方法

STEP3
(寄バス停からシダンゴ山の登山口まで)

寄バス停のある自然休養村の管理センターからシダンゴ山の登山口まで歩く。

寄の大寺橋を渡る寄でバスを降車したら、バス停西側に掛かる橋(大寺橋)を渡ってください。

寄の大寺橋を渡ったら車道を直進橋を渡ったらそのまま車道を直進。

寄の大寺橋を渡った先の分岐50mほど進むとT字路に出合いますので、宮地山経由でシダンゴ山に登る場合は左に、ふれあい農園の大寺休憩所からシダンゴ山に直登する場合は右に進みましょう。

(1)ふれあい農園の大寺休憩所からシダンゴ山に登る場合

寄の大寺橋を渡った先の分岐ふれあい農園の大寺休憩所からシダンゴ山に直登する場合は、前述した分岐を右に進みましょう。

大寺休憩所に向かう途中の分岐を右へすぐ先を道なりに直角に左に曲がり坂を上がると分岐がありますので、ここは右に進みます。

大寺観音堂の入口前を直進その先に車道左に大寺観音堂の入口がありますが、そのまま車道を直進しましょう。

(※大寺観音堂に立ち寄る場合はここを左に入ってください。)

ふれあい農園の大寺休憩所の手前の分岐を右へ道なりに坂を上がり、カーブミラーのある分岐を右に進んで更に道なりに上がって行くと…

シダンゴ山の登山口となるふれあい農園の大寺休憩所ふれあい農園の大寺休憩所前に到着。

トイレとベンチがありますので、ここで一息入れたらそのまま坂を上がりシダンゴ山に向かう登山コースに入ってください。

寄バス停(自然休養村)からシダンゴ山の大寺休憩所側の登山コースの入口までの道順はこんな感じです。

(2)宮地山経由でシダンゴ山に登る場合

寄の大寺橋を渡った先の分岐宮地山に登ってシダンゴ山を目指す場合は、前述した大寺橋を渡った先のT字路を左に進みましょう。

宮地山の登山コースの入口の手前のT字路少し先のT字路をそのまま直進すると…

宮地山の登山コースの入口車道の左手に小川に下る脇道があります。

宮地山の登山コースの入口から登山コースを望むここが宮地山の登山口となっていますので、川に下って橋を渡り、宮地山の登山コースに入ってください。

寄りバス停から宮地山の登山コースの入口までの道順はこんな感じです。


参考サイト

小田急
http://www.odakyu.jp/

富士急湘南バス
http://www.syonan-bus.co.jp/


スポンサーリンク
【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス