鹿ヶ瀬峠越え(熊野古道)の登り口 金魚茶屋にアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熊野古道屈指の難所として来る者を圧倒した鹿ヶ瀬の大峠。

鹿ヶ瀬峠越えの手前にある金魚茶屋の駐車場と公衆トイレ(熊野古道)鎌倉初期に多くの歌を残した藤原定家に「崔巍の嶮岨(さんかいのけんそ)」と言わしめた、巡礼道の要衝です。

巡礼の順路としては北側山裾の「河瀬王子跡」や「東の馬留王子跡」から登るのが通常ですが、反対側の南側から登る場合はJR紀伊内原駅から山間に入ったところにある金魚茶屋跡が鹿ヶ瀬峠越えの登り口となります。

 画像は金魚茶屋の駐車場前にある公衆トイレから見る鹿ヶ瀬峠への熊野古道。金魚茶屋跡はこの少し下にあります。)

そこで今回は、熊野古道の鹿ヶ瀬峠越えの登り口となる金魚茶屋跡にアクセスする方法をご紹介いたしましょう。

なお、今回は和歌山駅発着のアクセス方法となりますので、和歌山までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
 大阪から和歌山にアクセスする方法(JR・南海電車)

ちなみに、鹿ヶ瀬峠越えに北側の河瀬王子跡や東の馬留王子跡から登る場合はこちらのページを参考にしてください。
 鹿ヶ瀬峠越え(熊野古道)の登り口 東の馬留王子跡へのアクセス

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥  😥  😥
 山岳名  鹿ヶ瀬峠越え(熊野古道)
 登山口名  金魚茶屋跡、金魚茶屋駐車場及び公衆トイレ
 最寄バス停  –
 最寄駅  紀伊内原駅(JR紀勢本線)


鹿ヶ瀬峠越え(熊野古道)の登り口 金魚茶屋にアクセスする方法

~ JR紀伊内原駅から歩く ~

スポンサーリンク

STEP1
(和歌山駅から紀伊内原駅まで)

和歌山駅からJR紀勢本線(御坊行き)に乗車し、紀伊内原で下車する。

 運賃は970円。

JR紀伊内原駅 JR紀伊内原駅。

STEP2
(紀伊内原駅から金魚茶屋跡まで)

紀伊内原駅から金魚茶屋跡まで歩く。

JR紀伊内原駅から国道42号線に出るところ紀伊内原駅でJRを下車したら、駅前の車道を西に進み、国道42号線を右折して和歌山方面に進んでください。

国道42号線から県道176号線に分岐する萩原交差点県道176号線への分岐(萩原交差点)に着いたら、右の県道176号線に進みましょう。

そのあとは県道176号線をひたすら原谷方面に進んでください。

県道176号線沿いにある西の馬留王子跡前県道176号線を道なりに進み、西の馬留王子跡を過ぎたところに・・・

県道176号線から金魚茶屋・鹿ヶ瀬峠越え方面への分岐分岐がありますので左の脇道に入ります。

金魚茶屋跡手前の分岐道なりに進み、熊野古道の小さな道標が立てられているところから左に入ると・・・

(※金魚茶屋跡に立ち寄らない場合はここを直進しても構いません。距離的にはどちらも同じです。)

熊野古道・鹿ヶ瀬峠越えの金魚茶屋跡金魚茶屋跡があり・・・

(熊野詣が盛んだったころ、ここにあった峠の茶屋では金魚を飼い巡礼者の旅情を慰めていたらしいです)

鹿ヶ瀬峠越えの手前にある金魚茶屋の駐車場と公衆トイレ(熊野古道)その先に、金魚茶屋の駐車場と公衆トイレがあります。

熊野古道の金魚茶屋の公衆トイレから鹿ヶ瀬峠越えに向かう登山道入口この先は道標に従いながら、鹿ヶ瀬越えを目指してください。

紀伊内原駅から鹿ヶ瀬峠越えの登り口となる金魚茶屋跡までの道順はこんな感じです。


参考サイト

JR西日本
http://www.westjr.co.jp/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス