蘇武岳の寺河内登山口にバスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

但馬地方の盟主的存在として君臨する蘇武岳(1074.4m)。

蘇武山の寺河内コースに続く林道東に神鍋高原を、西に鉢伏高原を望む1000m峰で、古くから近畿や中国地方の登山愛好家に親しまれてきた但馬有数のハイキングスポットとして知られています。

蘇武岳の登山コースは複数整備されており、西側の国道9号線から登る場合は大糠神社からアプローチする大糠コースが有名ですが、大糠地区の南に位置する寺河内地区からも蘇武山への登山コースが整備されています。

(📷 画像は蘇武山の寺河内コースに続く林道)

寺河内コースの登山口に直接アクセスする路線バスはありませんが、国道9号線の寺河内までは路線バスも通じていますので公共交通機関を利用したアプローチも可能です。

そこで今回は、蘇武岳の寺河内コースの登山口に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は梅田(大阪駅)発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から梅田(大阪駅)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
▶ 福岡市内から大阪(梅田・新大阪)にアクセスする方法

ちなみに、蘇武岳に他の登山口から登る場合はこちらのページを参考にしてください。
蘇武岳の登山口 阿瀬渓谷に豊岡市営バスでアクセスする方法
蘇武岳の名色・万場・山田登山口にバスでアクセスする方法
▶ 蘇武岳の大糠コースの登山口にバスでアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度  😭😭
 山岳名  蘇武岳(そぶだけ)
 登山口名  寺河内登山口
 最寄りバス停  寺河内バス停(全但バス:八鹿~村岡・秋岡・湯村温泉線)
 最寄り駅  八鹿駅(JR山陰本線)


蘇武岳の寺河内登山口にバスでアクセスする方法

~ 八鹿駅から路線バスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(梅田から八鹿駅まで)

大阪駅からJR宝塚線(福智山方面行き)に乗車し、福智山駅でJR山陰本線(豊岡方面行き)に乗り換えて八鹿駅で下車する。

※運賃は2,590円。

八鹿駅(JR山陰本線)📷 八鹿駅。

STEP2
(八鹿駅から寺河内まで)

八鹿駅バス停から全但バスの運行する「村岡」「秋岡」「湯村温泉」方面行き路線バス(八鹿~村岡・秋岡・湯村温泉線)に乗車し、寺河内で降車する。

※運賃は950円。

八鹿駅バス停(全但バス)📷 八鹿駅バス停(https://goo.gl/maps/kDRjLm1VWEE2)。

寺河内バス停(全但バス)📷 寺河内バス停(https://goo.gl/maps/B4vT2z9Wdw32)。

⏰ 路線バスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 蘇武岳の大糠コースの登山口にバスでアクセスする方法

STEP3
(寺河内バス停から寺河内登山口まで)

寺河内バス停から蘇武山の寺河内コースの登山口まで歩く。

国道9号線の寺河内バス停前から坂道を上る寺河内でバスを降車したら、バス停横の横断歩道前から山側の坂道を上ってください。

寺河内のお宮さん前400mほど進み、左手にお宮さんが見えたら・・・

寺河内のお宮さんの角を左へその先の分岐を左に入ってください。

蘇武山の寺河内登山口に行く途中の農道あとは道なりにまっすぐです。

民家がなくなり、畑の中の道を奥に進んだら・・・

蘇武山の寺河内コースに続く林道やがて舗装が途切れ、蘇武山に続く寺河内コースに至ります。

寺河内バス停から蘇武山の寺河内登山口までの道順はこんな感じです(※グーグルマップの都合上、お宮さんのところまでの道順)。


参考サイト

JRおでかけネット
http://www.jr-odekake.net/

全但バス
http://www.zentanbus.co.jp/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス