高千穂峰の登山口 高千穂河原(霧島神宮駅経由で周遊バス利用)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古事記にも記される天祖降臨の地、高千穂峰(1574m)。

坂本龍馬が引き抜いたと伝わる高千穂峰山頂の坂鉾の画像坂本龍馬がお龍との新婚旅行の際に天逆鉾()を引っこ抜いた山としても知られています。

ビジターセンターのある高千穂河原が最もメジャーな登山口となり、JR日豊本線の霧島神宮駅から路線バスを利用したアクセスが可能です。

そこで今回は、この高千穂峰の登山口となる高千穂河原にアクセスする方法をご紹介いたしましょう。

なお、今回は鹿児島中央駅からのアクセス方法となりますので、福岡市内から鹿児島中央駅までのアクセス方法についてはこちら記事を参考にしてください。
福岡市内から鹿児島にアクセスする方法(JR・高速バス)

ちなみに、えびの高原(韓国岳登山口)へのアクセス方法はこちらの記事をご覧ください。
韓国岳 えびの高原と大浪池登山口(霧島神宮駅経由で周遊バス)

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥  😥
 山岳名  高千穂峰、中岳(平成25年1月現在入山規制中)
 登山口名  高千穂河原(高千穂河原ビジターセンター)
 最寄バス停  高千穂河原バス停(いわさきバス[丸尾~えびの高原「周遊バス」])
 最寄駅  JR霧島神宮駅(日豊本線)、JR霧島温泉駅(肥薩線)


高千穂峰の登山口 高千穂河原にアクセスする方法

~ 霧島いわさきホテルで霧島連山周遊バスに乗り換える ~

スポンサーリンク

STEP1
(鹿児島中央駅から霧島神宮駅まで)

鹿児島中央駅からJR鹿児島本線(下り・宮崎方面)に乗車し、鹿児島駅で日豊本線に乗り換えて霧島神宮駅で下車する(※一部の便は鹿児島駅で直通運転有り)。

 運賃は940円(※「特急きりしま」に乗車する場合は指定席特急券1,020円が別途必要)。

STEP2
(霧島神宮駅から霧島いわさきホテルまで)

霧島神宮駅バス停からいわさきバスネットワークの霧島いわさきホテル行き路線バスに乗車し、終点の霧島いわさきホテルで降車する。

 運賃は570円。

霧島神宮駅といわさきバスネットワークの霧島神宮駅バス停の画像 霧島神宮駅バス停(http://goo.gl/maps/JSbLr)。

※後ろの建物がJR霧島神宮駅。

 霧島神宮駅から霧島いわさきホテルまでの路線バスの時刻表を作りましたので参考にしてください(※往路は早朝、復路は夕方以降の便のみ抜粋)。

 霧島神宮駅~霧島いわさきホテル 路線バス時刻表(※2013年版より抜粋)
往路 復路
霧島神宮駅 07:51 08:51 09:51 10:56 いわさきH 14:10 15:30 16:55 18:00
いわさきH 08:27 09:27 10:27 11:32 霧島神宮駅 14:46 16:06 17:31 18:36
いわさきH:霧島いわさきホテル
 時刻表は霧島市またはいわさきバスのサイトで最新のものを確認してください。

STEP3
(霧島いわさきホテルから高千穂河原まで)

霧島いわさきホテルバス停からいわさきバスネットワークの運行する霧島連山周遊バスに乗車し、高千穂河原で降車する。

 運賃は680円。

高千穂河原バス停と高千穂河原登山口の駐車場広場の画像

 高千穂河原バス停(http://goo.gl/maps/NkfOJ)。

※バス停前に広い駐車場があります。

 高千穂河原までの霧島連山周遊バスの時刻表を作りましたので参考にしてください。

 霧島いわさきH~高千穂河原 周遊バス時刻表(※2013年版より抜粋)
往路 復路
いわさきH 08:38 10:38 12:38 高千穂河原 15:30
高千穂河原 09:29 11:29 13:29 いわさきホテルH 16:18
 時刻表は霧島市またはいわさきバスのサイトで最新のものを確認してください。


ワンポイントアドバイス

「霧島のんびりきっぷ」について

福岡市内から乗車するJR線については「霧島のんびりきっぷ」が15,430円で販売されています(片道あたり7,715円)。
「霧島のんびりきっぷ」とは、福岡市内から鹿児島中央駅までの往復乗車券と新八代~八代~人吉~隼人間および鹿児島中央~霧島神宮間のフリー乗車券(いずれも指定席特急券付)がついた割引乗車券で、片道は九州新幹線を、もう片道は肥薩線(および在来線特急列車)に乗車できるすぐれものです(有効期間3日間)。
「行きは九州新幹線で素早く、帰りは肥薩線(「はやとの風」などの特急列車も乗車可)でのんびりと」などの使い方もできるので、「片道は新幹線じゃなくてもいい」という方は利用されてはいかがでしょうか。
なお、「霧島のんびりきっぷ」は福岡以外にも、北九州・佐賀・長崎・佐世保・熊本・別府大分・宮崎といった九州の各主要都市版が販売されています。
詳細は「JR九州列車の旅」のサイトの「お得な割引切符」のページで各自ご確認ください。

霧島「のったりおりたりマイプラン」バス1日乗車券について

日帰り登山の場合は霧島エリア(霧島神宮駅~霧島いわさきホテル・丸尾温泉~高千穂河原~えびの高原の区間を含む)を路線バスで周遊できる『霧島「のったりおりたりマイプラン」バス1日乗車券』がお得かもしれません(大人1,000円※小人半額。有効期間1日間)。

霧島遊めぐりバスマップについて

霧島遊めぐりバスマップの画像路線バスを利用して霧島観光をするなら、霧島市観光協会発行の「霧島遊めぐりバスマップ」は必須アイテム。

霧島周辺のバス路線や時刻表、割引乗車券の情報のみならず、観光スポットの情報も掲載されたスグレモノです。

観光案内所でもらえます(もちろん無料)。

※霧島市のサイトからもダウンロード可能です(後述の参考サイトにリンクを張っています)。


参考サイト

JR九州列車の旅
http://www.jrkyushu.co.jp/train/

いわさきコーポレーション
http://www.iwasaki-corp.com/
※霧島方面のバスのページURL(http://www.iwasaki-corp.com/travel/post-58/)

九州のバス時刻表
http://qbus.jp/time/
※霧島神宮駅~霧島いわさきホテル~高千穂河原のバス時刻表が検索可能です。

霧島市
http://www.city-kirishima.jp/
※霧島連山周遊バスなどいわさきバスネットワーク運行のバス時刻表も記載されている「霧島遊めぐりバスマップ」がダウンロード可能です。
※霧島遊めぐりバスマップダウンロードのページURL(http://www.city-kirishima.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=2890)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス