滝山の登山口 那智池とみそぎ橋にバスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡山の津山市と奈義町の境界上に位置する滝山(1196.5m)。

滝山の登山口となる那智池古くは山岳信仰の修験場として多くの修験者が山中に籠った霊峰で、現在では眼下に広がる広大な自衛隊の演習場を見下ろす雄大なハイキングコースが魅力の一つとなっている岡山でも人気の登山スポットとして知られています。

滝山へのアプローチは広戸仙や那岐山などからの縦走コースをとる人もいるようですが、一般的には南山麓の那智池から”みそぎ橋”広場を経由して入山するのが基本的なルートとなっているようです。

(📷 画像は滝山の登山口となるみそぎ橋に向かう途中にある那智池)

登山口となる”みそぎ橋”は自衛隊の演習場内にあるため路線バスなどは乗り入れていませんが、南に4kmほど下ったところを走る国道53号線までは路線バスも通じていますので、そこから1時間余りの車道歩きを厭わないというのであれば公共交通機関を利用したハイキングも不可能ではありません。

そこで今回は、奈義町の滝山の登山口となる那智池と”みそぎ橋”に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は岡山駅発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から岡山までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
▶ 福岡から岡山・倉敷にアクセスする方法※高速バス・JR

 登山口データ
 アクセス難易度  😭😭😭
 山岳名  滝山
 登山口名  みそぎ橋、那智池
 最寄バス停  滝本局前バス停(中鉄バス:津山~行方・馬桑線)
 最寄り駅  –


滝山の登山口 那智池とみそぎ橋にバスでアクセスする方法

~ 津山バスセンターから路線バスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(岡山駅から津山バスセンターまで)

高速バスを利用する場合

岡山駅西口バスターミナルから中鉄バスの運行する「岡山エクスプレス津山号」に乗車し、津山バスセンターで降車する。

※運賃は500円(※ただし平成29年3月末までのキャンペーン価格※通常料金は1,100円)。

岡山駅西口バスセンター📷 岡山駅西口バスターミナル(https://goo.gl/maps/7unXBNhMrZK2)。

※24番のりばから乗車。

津山バスセンター(中鉄バス)📷 津山バスセンター(https://goo.gl/maps/rpEqueWJh8v)。

⏰ 高速バスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 人形仙・母子地蔵の登山口(上斎原)にバスでアクセスする方法

JR在来線を利用する場合

岡山駅からJR津山線に乗車し、津山駅で下車する。

※運賃は1,140円。

JR岡山駅📷 岡山駅。

JR津山駅📷 津山駅。

※津山バスセンターは津山駅の駅前にあります。

STEP2
(津山バスセンターから滝本局前まで)

津山バスセンターから中鉄バスの運行する「行方」「馬桑」方面行き路線バス(津山~行方・馬桑線)に乗車し、滝本局前で降車する。

※運賃は730円。

津山バスセンター(中鉄バス)📷 津山バスセンター(https://goo.gl/maps/rpEqueWJh8v)。

滝本局前バス停(中鉄北部バス)📷 滝本局前バス停(https://goo.gl/maps/VSxWTmRyvKN2)。

⏰ 路線バスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

那岐山の登山口 蛇渕の滝にバスでアクセスする方法

STEP3
(滝本局前バス停からみそぎ橋まで)

滝本局前バス停から滝山の登山口となる”みそぎ橋”まで歩く。

国道53号線の滝本局前の交差点から北に入る滝本局前でバスを降車したら、バス停の西側の交差点(ローソンと郵便局がある)を右折して道なりに進んでください。

那智池手前の砂利道の入口2kmほど道なりに進み、砂利道になったら左のわき道に入ってください。

那智池横にある自衛隊のゲート少し進むと自衛隊の演習場の入口ゲートがありますので、ここから自衛隊の演習場内に入り(※自衛隊の演習が実施されている場合は通れないようです)みそぎ橋を目指してください。

(※このすぐ右側が那智池です)

滝本局前バス停から滝山の登山口となる”みそぎ橋”までの道順はこんな感じです。


参考サイト

JRおでかけネット
http://www.jr-odekake.net/

中鉄バス
http://www.chutetsu-bus.co.jp/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス