タンボ山の登山口 十字峠と鳥地獄にアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金剛山地の西端部に位置するタンボ山(763.1m)。

石見川口バス停裏手にある十字峠へ続く林道大阪・奈良・和歌山の県境沿いを縦断する大縦走路「ダイヤモンドトレイル」に含まれる河内の要衝です。

登山ルートは複数あるようですが、北側の国道310号線方面から入山する場合は南海バスの石見川口バス停から林道を奥に入ったところにある十字峠が登山道への入口となっています。

 画像は十字峠に続く林道の入口。藪が深いので注意が必要です。)

十字峠への林道からは少し外れますが、近くには炭酸水が湧くことで知られる鳥地獄もあるので、アフター登山のプチ散歩スポットには事欠きません。

ということで、今回はタンボ山の登山口となる十字峠とそのアクセス途中にある鳥地獄にアクセスする方法をご紹介いたしましょう。

なお、今回は梅田(大阪駅)発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から梅田(大阪駅)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
 福岡市内から大阪(梅田・新大阪)にアクセスする方法

ちなみに、タンボ山に西側の南海電鉄天見駅方面から登る場合はこちらのページを参考にしてください。
 タンボ山の登山口 ブンダ谷にアクセスする方法※天見駅から歩く

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥
 山岳名  タンボ山
 登山口名  十字峠、セノ谷、鳥地獄
 最寄バス停  石見川口バス停(南海バス・小深線)
 最寄駅  –


タンボ山の登山口 十字峠と鳥地獄にアクセスする方法

~ 河内長野駅前からバスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(梅田から河内長野駅まで)

大阪駅からJR環状線(西九条方面行き)に乗車し、新今宮駅で南海高野線に乗車し、河内長野駅で下車する。

 運賃はJR区間が180円、南海区間が490円。

南海電鉄の河内長野駅 南海電鉄の河内長野駅。

※上記の他に、地下鉄梅田駅から御堂筋線に乗車し、なんばで南海高野線に乗り換える方法などもあります。

STEP2
(河内長野駅前から石見川口まで)

河内長野駅前バス停(3番のりば)から南海バスの運行する石見川行き路線バス(小深線)に乗車し、石見川口で降車する。

 運賃は490円。

南海電鉄の河内長野駅 河内長野駅前バス停(http://goo.gl/maps/ZrH9y)。

※3番のりばから乗車。

石見川口バス停(南海バス) 石見川口バス停(http://goo.gl/maps/UmoUS)。

 路線バスの時刻表を作りましたので参考にしてください(※午前中の便のみ抜粋)。

 河内長野駅前~石見川口 路線バス時刻表(※2014年版より抜粋)
平日 土日祝
河内長野駅前発 06:56 13:46 06:30 07:33 11:58
石見川口着 07:25 14:15 06:59 08:02 12:27
 時刻表は南海バスのサイトで最新のものを確認してください。

 帰りの時刻表はこちらです(※午後の便のみ抜粋)。

 石見川口~河内長野駅前 路線バス時刻表(※2014年版より抜粋)
平日 土日祝
石見川口発 17:38 12:36 18:04 19:29 20:36
河内長野駅前着 18:13 13:09 18:37 20:02 21:09
 時刻表は南海バスのサイトで最新のものを確認してください。

STEP3
(石見川口バス停から十字峠まで)

石見川口バス停からタンボ山の登山口となる十字峠まで歩く。

石見川口バス停(南海バス)石見川口でバスを降車したら、バス停前の車道(国道310号線)を北に(河内長野方面へ)少し戻ってください。

石見川口バス停北側の林道入口バス停のすぐ先で左に鋭角に曲がって細い道に入ります。

石見川口バス停裏手にある十字峠への林道入口少し先の分岐を右に進むと、十字峠に続く林道となります。

石見川口バス停裏手にある十字峠へ続く林道もっとも、藪が深くてこの先は確認していませんので、ここから入山する場合は十分注意してください。

(ちなみに、ここを右に入らず真っ直ぐ進むと200mほど先に鳥地獄があります。)

石見川口バス停から十字峠までの道順はこんな感じです(Google Mapの都合上、2分割しています)。

ちなみに、石見川口バス停から鳥地獄の入口までの道順はこんな感じになります。


蛇足

鳥地獄について

ちなみに、鳥地獄はこんな感じです。

石見川口の鳥地獄

荒れ果てていて何が何だかわかりません。


参考サイト

JR西日本
http://www.westjr.co.jp/

南海電鉄
http://www.nankai.co.jp/

南海バス
http://www.nankaibus.jp/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス