渡神岳登山口(椿ヶ鼻ハイランドパーク)にアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

隣接する釈迦ヶ岳、御前岳とともに津江三山とも呼ばれ親しまれる渡神岳(1150.2m)。

椿ヶ鼻ハイランドパークの風力発電施設の画像古くから雨乞いの山として崇められてきた山岳です。

渡神岳の北西から入山する場合には、大分県日田市の前津江町にある椿ヶ鼻ハイランドパーク(風力発電施設(左の画像)があります)の登山口を利用します。

公共交通機関でアクセスする場合は日田駅前の日田バスセンターから路線バスを利用しますが、登山口の近くにバス停はないので前津江町の中心部で路線バスを降車した後、徒歩での移動が必要となります。

公共交通機関を利用してのアクセスは少し困難ではありますが、今回は日田バスセンターから椿ヶ鼻ハイランドパークの渡神岳登山口にアクセスする方法をご紹介いたします。

なお、福岡市内から日田バスセンターまでのアクセス方法はこちらの記事を参考にしてください。
桧原山の登山口 正平寺と千本桂(日田からアクセスする場合)

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥  😥  😥
 山岳名  渡神岳
 登山口名  渡神岳登山口(椿ヶ鼻ハイランドパークの風力発電施設)
 最寄バス停  前津江振興局前バス停(日田バス・大野線)
 最寄駅  JR日田駅(久大本線)


渡神岳登山口(椿ヶ鼻ハイランドパーク)にアクセスする方法

~ 日田バスセンターから路線バスを利用する ~

スポンサーリンク

STEP1
(日田バスセンターから前津江振興局前まで)

JR日田駅前にある日田バスセンターの1番のりばから日田バスの運行する座目木行き路線バス(大野線)に乗車し、前津江振興局前で降車する。

 運賃は750円。

日田バスセンターの画像 日田バスセンター(http://goo.gl/maps/lElrN)。

前津江振興局前バス停(日田バス)の画像 前津江振興局前バス停(http://goo.gl/maps/ZLdp5)。

※バス停は振興局の前ではなく、少し坂を上ったところにある酒屋さんの前にあります。

 路線バスの時刻表を作りましたので参考にしてください。

 日田バスセンター~前津江振興局前バス時刻表
※日祝運休
往路 復路
日田BC 09:01 13:27 17:33 前津江振興局前 06:54 10:06 14:26
前津江振興局前 09:49 14:15 18:21 日田BC 07:42 10:54 15:14
 時刻表は日田バスのサイトで最新のものを確認してください。

STEP2
(前津吉振興局前から渡神岳の登山口まで)

前津江振興局前バス停から渡神岳の登山口まで歩く。

大野老松天満社(前津江町・日田市)の画像このあたりの道は入り組んでいるのでとても分かり難いです。

道順としては最初は大野老松天満社(左の画像・道標が立っているのでそれに従って歩けば大丈夫です)を目指して歩きます。

大野老松天満社に着いたら、今度は椿ヶ鼻ハイランドパークの道標に従って進めば風力発電施設のある広場にたどり着きます。

道順はこんな感じです(徒歩約1時間~1時間半程度)。


ワンポイントアドバイス

椿ヶ鼻ハイランドパークの風力発電施設

椿ヶ鼻ハイランドパークの風力発電施設と渡神岳登山口付近を動画で撮影してみましたので参考にしてください。


参考サイト

日田バス
http://www.nishitetsu.ne.jp/hitabus/

九州のバス時刻表
http://qbus.jp/time/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス