津黒山の登山口に真庭市のコミュニティバスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

津黒高原を北に見下ろす津黒山(1117.8m)。

基幹林道美作北2号線の津黒山の登山口岡山と鳥取の県境に位置する1000m峰で、なだらかな山容と整備された登山道が岡山・鳥取のみならず中国地方各県の登山愛好家に広く愛されている岡山有数のハイキングスポットとして知られています。

津黒山の登山コースは、北側を走る林道(基幹林道美作北2号)に整備された津黒山登山口から直登するルートをとるのが一般的で、山頂まで1時間ほどで登ることが可能です。

(📷 画像は基幹林道美作北2号線沿いにある津黒山の登山口)

登山口に直接アクセスする路線バスはありませんのでアクセスにはマイカーやレンタカーを利用すると便利ですが、西に5kmほど離れた国道482号線までは真庭市のコミュニティバスも乗り入れていますので公共交通機関を利用したハイキングも不可能ではありません。

そこで今回は、津黒山の登山口に真庭市のコミュニティバスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は岡山駅または倉敷駅発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から岡山または倉敷までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
▶ 福岡から岡山・倉敷にアクセスする方法※高速バス・JR

 登山口データ
 アクセス難易度  😭😭😭
 山岳名  津黒山(つぐろせん)
 登山口名  津黒山登山口
 最寄りバス停  南光バス停(真庭市バス:中和ルート)
 最寄り駅  –


津黒山の登山口に真庭市のコミュニティバスでアクセスする方法

~ JR姫新線の中国勝山駅から真庭市のコミュニティバスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(岡山・倉敷から中国勝山駅まで)

岡山駅または倉敷駅からJR伯備線(新見方面行き)に乗車し、新見駅でJR姫新線の津山方面行き)に乗り換えて、中国勝山駅で下車する。

※岡山・倉敷駅からの運賃は1,940円。

JR岡山駅📷 岡山駅。

JR倉敷駅📷 倉敷駅。

中国勝山駅(JR姫新線)📷 中国勝山駅。

STEP2
(中国勝山駅から初和まで)

中国勝山駅バス停から真庭市の運行する「蒜山高原(休暇村前)」行きのコミュニティバス(蒜山・久世ルート)に乗車し、初和で降車する。

※運賃は200円。

中国勝山駅バス停(フクモトタクシー)📷 中国勝山駅バス停(https://goo.gl/maps/5MURktf1R9N2)。

初和バス停(真庭市コミュニティバス(蒜山・久世ルート))📷 初和バス停(https://goo.gl/maps/yrP1Y2x3oaq)。

⏰ コミュニティバス「蒜山・久世ルート」の時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 皆ヶ山の登山口 蒜山高原キャンプ場にバスでアクセスする方法

STEP3
(初和から南光まで)

初和バス停から真庭市の運行する別所行きコミュニティバス(中和線)に乗車し、南光で降車する。

※運賃は200円。

初和バス停(真庭市コミュニティバス(蒜山・久世ルート))📷 初和バス停(https://goo.gl/maps/yrP1Y2x3oaq)。

南光バス停(真庭市コミュニティバス(中和線))📷 南光バス停(https://goo.gl/maps/nw1mQWnAbhF2)。

(※バス停があるわけではなく小さなお店のガラスに時刻表が貼ってあるだけの停留所です。)

⏰ コミュニティバス「中和線」の時刻表を作りましたので参考にしてください。

 初和~南光 市営バス時刻表(※2016年版)
 初和 08:03 11:11 13:15 15:45 17:15
 南光 08:20 11:28 13:32 16:02 17:32
◇:日祝運休 ◆土日祝運休
⚠ 時刻表は真庭市で最新のものを確認してください。

⏰ 帰りの時刻表はこちらです。

 南光~初和 市営バス時刻表(※2016年版)
 南光 07:36 08:43 12:28 15:23 16:18
 初和 07:53 09:00 12:45 15:40 16:35
◇:日祝運休 ◆土日祝運休
⚠ 時刻表は真庭市で最新のものを確認してください。

STEP4
(南光バス停から津黒山の登山口まで)

南光バス停から津黒山の登山口まで歩く。

南光バス停から国道の方に進む南光でバスを降車したら、バス停横の辻を国道の方に歩いてください。

南光バス停から国道の方に進み国道に出たら左折すぐ先で国道482号線に出たら左折し・・・

国道482号線から津黒高原の方に入るすぐに右折して津黒高原の方に進んでください。

(※ここから基幹林道美作北2号になるようです)

津黒高原スキー場の入口前道なりに歩くと津黒高原スキー場の入口がありますが、そのまま車道を直進です。

津黒山の登山口に行く途中の車道沿いにある湧水の水汲み場途中、車道脇に湧水の水汲み場があるので水を忘れた場合はここで汲んでいきましょう。

津黒山登山口手前の展望台と駐車場南光バス停から4.5kmほど歩き、車道の左手に展望台が見えたら・・・

津黒山の登山口前そのすぐ先の車道右手に津黒山の登山口があります。

南光バス停から津黒山の登山口までの道順はこんな感じです。


参考サイト

JRおでかけネット
http://www.jr-odekake.net/

真庭市
http://www.city.maniwa.lg.jp/webapps/www/index.jsp
※バスのページ→http://www.city.maniwa.lg.jp/webapps/www/service/detail_2.jsp?id=2279
※蒜山高原方面のバスは「蒜山・久世ルート」の時刻表に掲載されています。
※別所方面行きのバスは「蒜山地区」の時刻表に掲載されています。


スポンサーリンク
【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス