津久井城跡の登山口 津久井湖にバスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

津久井湖の南に悠然とたたずむ津久井城跡(城山:375m)。

津久井湖観光センター前にある津久井城山の登山口鎌倉時代に三浦半島に勢力を誇った三浦氏が構築した山城で、戦国時代には北条氏の居城、小田原城の支城として小田原防衛の重要拠点ともなっていた要害として知られています。

現在では津久井湖城山公園として整備された津久井城跡の縄張りは、家族連れでも安心して楽しめるお手軽ハイキングスポットとして歴史愛好家だけでなく多くの一般市民が訪れています。

そんな津久井城跡の登山コースは、北側からアプローチする場合は津久井ダムの横にある津久井湖観光センター前の遊歩道入口から、東側からアプローチする場合は県道51号線沿いの城山登山口からそれぞれ城山公園へのトレイルに入ることが可能です。

津久井城跡(津久井湖城山公園)の登山口となる津久井湖観光センターと県道510号線の城山登山口までは橋本駅から路線バスも運行されていますので公共交通機関を利用したハイキングも全く問題ありません。

そこで今回は、津久井城跡(津久井湖城山公園)の登山口となる津久井湖観光センターと県道510号線の城山登山口に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は東京(新宿)発着のアクセス方法となりますので、福岡から東京(新宿)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
福岡から東京にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

 登山口データ
 アクセス難易度  😭😭
 山岳名  津久井城跡(津久井湖城山公園)
 登山口名  津久井湖観光センター、城山登山口
 最寄りバス停  津久井湖観光センター前、城山登山口バス停(神奈川中央交通)
 最寄り駅  橋本駅(京王相模原線、JR横浜線、JR相模線)


津久井城跡の登山口 津久井湖にバスでアクセスする方法

~ 橋本駅から路線バスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(新宿から橋本駅まで)

新宿駅から京王線準特急に乗車し、橋本駅で下車する。

※ 運賃は440円。

新宿駅(JR側)📷 新宿駅。

橋本駅(JR横浜線・京王相模原線)📷 橋本駅。

STEP2
(橋本駅から津久井湖のバス停まで)

橋本駅(北口)バス停から神奈川中央交通の運行する「三ヶ木」方面行き路線バスに乗車し、「津久井湖観光センター前」または「城山登山口」で降車する。

※「津久井湖観光センター前」で降車する場合は「久保沢・中野経由」に、「城山登山口で降車する場合は「新小倉橋・関経由」に乗車してください。

※ 運賃は310円。

橋本駅北口バス停(神奈川中央交通)📷 橋本駅(北口)バス停(https://goo.gl/maps/quQGFr6Je712)。

津久井湖観光センター前バス停(神奈川中央交通)📷 津久井湖観光センター前バス停(https://goo.gl/maps/vWUkVU3WP2R2)。

城山登山口バス停(神奈川中央交通)📷 城山登山口バス停(https://goo.gl/maps/jYh6JmhokqA2)。

⏰ 路線バスの発着時刻については後述の参考サイトから神奈川中央交通のサイトにアクセスして各自お調べください。

STEP3
(バス停から津久井城山の登山口まで)

津久井湖観光センター前または城山登山口バス停から津久井城山の登山口まで歩く。

津久井湖観光センター前から登山コースに入る場合

津久井湖観光センター前にある津久井城山の登山口津久井湖観光センター側の津久井城山(津久井城跡)の登山口はバス停のすぐ前にあります。

津久井湖観光センター前バス停横にある津久井城山の登山口の場所はここです。

城山登山口バス停から登山コースに入る場合

県道510号線の津久井城山登山コース入口にある歩道橋県道510号線側の津久井城跡(津久井城山)の登山コースは、城山登山口バス停のすぐ下の歩道橋を渡ったところから始まります。

城山登山口バス停から津久井城山の登山口となる歩道橋までの道順はこんな感じです。


参考サイト

京王線
https://www.keio.co.jp/train/

JR東日本
https://www.jreast.co.jp/

神奈川中央交通
http://www.kanachu.co.jp/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス