雲仙・普賢岳の登山口 仁田峠にアクセスする方法(諫早駅経由)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最初の国立公園である雲仙。

普賢岳山頂の画像1990年の普賢岳の噴火によって隆起した平成新山(1486m)にその座は譲りましたが、噴火まで県内最高峰を誇った普賢岳(1359.3m)と、隣接する国見岳(1347m)、妙見岳(1333m)をめぐるコースは夏はミヤマキリシマ、積雪期には霧氷のトンネルが楽しめるプチ縦走コースとして親しまれています。

普賢岳一帯の登山口はロープウェイの駅がある仁田峠にあり、登山基地となる雲仙温泉街から登山道を歩くか乗合タクシーを利用してアクセスすることが可能です。

雲仙温泉街までの公共交通機関としては、諫早から乗車する島鉄バスの島原・雲仙方面行き路線バスと、長崎駅前バスターミナルから乗車する長崎県営バスの特急バスがあります。

そこで今回は、諫早から島鉄バスに乗車することを想定し、博多駅からJRを利用して諫早まで移動し、諫早駅前で島鉄バスに乗換えて雲仙温泉街(および仁田峠)にアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、福岡市内からJRまたは高速バスを利用していったん長崎まで移動し、長崎駅前バスターミナルで長崎県営バスに乗換えてアクセスする場合はこちらのページを参考にしてください。

雲仙・普賢岳の登山口 仁田峠にアクセスする方法(長崎駅経由)

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥
 山岳名  普賢岳、国見岳、妙見岳
 登山口名  仁田峠、池ノ原、雲仙温泉街
 最寄バス停  雲仙(島鉄雲仙営業所前)、別所口、ゴルフ場(以上、島鉄バス)
 最寄駅  –


雲仙・普賢岳の登山口 仁田峠にアクセスする方法(諫早駅経由)

~ 諫早駅前で島鉄の路線バスに乗り換える ~

スポンサーリンク

STEP1
(福岡市内から諫早駅まで)

博多バスターミナル3Fバスのりば(または天神バスセンター)から島原行き高速バス「島原号」に乗車し、県営諫早駅前バスターミナルで降車する。

 運賃は2,500円。

 割引乗車券などの情報は後述のワンポイントアドバイスをご覧ください。

STEP2
(諫早駅前バスターミナルから雲仙まで)

諫早駅前バスターミナル1Fの3番のりばから島鉄バスの島原・雲仙方面行き路線バスに乗車し、雲仙バス停(島鉄雲仙営業所前)もしくは別所口バス停またはゴルフ場バス停で降車する。

 運賃は1,300円。

 バス停の位置
 諫早駅前県営バスターミナル  http://goo.gl/maps/qHHo5
 雲仙(島鉄雲仙営業所前)  http://goo.gl/maps/kqTIH
 別所口  http://goo.gl/maps/t4Z4o
 ゴルフ場  http://goo.gl/maps/Q2sGE

 割引乗車券などの情報は後述のワンポイントアドバイスをご覧ください。

 福岡市内から雲仙温泉街までの乗換時刻表を作りましたので参考にしてください。

 博多BT・天神BC~諫早駅前~雲仙・別所口・ゴルフ場バス停乗換時刻表(※午前中の便のみ一部抜粋)
 博多BTまたは天神BCから高速バス「島原号」に乗車する 
博多BT発 07:19 12:46
天神BC発 07:35 13:05
諫早駅前BT着 09:26 14:56
 諫早駅前で島鉄バスの雲仙・島原駅前方面行き路線バスに乗り換える 
諫早駅前BT発 07:15 08:50 09:50 11:50 16:00
雲仙着 08:38 10:13 11:13 13:13 17:23
雲仙発 09:10 10:26 11:13 13:13 17:23
別所口着 09:11 10:27 11:14 13:14 17:24
ゴルフ場着 09:13 10:29 11:16 13:16 17:26
 時刻表は西鉄グループまたは島鉄グループのサイトで最新のものを確認してください。
 諫早駅前16:00発の便は雲仙温泉街で前泊することを前提に利用してください。

STEP3
(雲仙市街から仁田峠まで)

雲仙温泉街から仁田峠まで歩く。

雲仙温泉街から池ノ原までは車道歩きとなります。写真は島鉄バスの雲仙バス停(島鉄雲仙営業所前)。

雲仙バス停(島鉄雲仙営業所前)の画像雲仙バス停(島鉄雲仙営業所前)でバスを降りたら国道57号線をバスの進行方向に進んでください。

長崎県営バス雲仙公園バスセンターの画像少し歩くと右手に長崎県営バスのバスターミナルが見えますので、そのままバスターミナルを右に見送り、道なりに国道57号線を歩いてください。

国道57号線から国道389号線への分岐の画像しばらく歩くと国道389号線との分岐が見えますので左折してください。

池の原の遊歩道入口の画像左折して国道389号線に入ったすぐ右側に池ノ原の遊歩道入口があります(ちなみに389号線に入ったすぐ左側に雲仙温泉街から続く登山道(後述するアビタシオン雲仙の裏手から続く登山道)の出口があります)。

遊歩道は舗装されていますが池ノ原の無料駐車場を超えたあたりからふたたび登山道となります。雲仙温泉街から仁田峠まで1時間半程度必要。

仁田峠の画像池ノ原から40分ほど歩いたら仁田峠に到着です。

雲仙バス停(島鉄雲仙営業所前)から池ノ原の遊歩道入口までの道順です。

 島鉄バスをゴルフ場バス停で降車した場合は、徒歩でいったん国道389号線の分岐まで戻り、池ノ原の遊歩道から仁田峠を目指してください。


ワンポイントアドバイス

福岡~雲仙までの割引乗車券「乗り継ぎ切符」について

福岡~雲仙間の高速バス(及び路線バス)について往復乗車券や回数券は販売されていません。
その代わり「乗り継ぎ割引切符」という割引乗車券が販売されています。
通常運賃が3,800円(福岡~諫早2,500円、諫早~雲仙1,300円)のところ、3,040円(福岡~諫早2,000円、諫早~雲仙1,040円)で販売されています。
博多バスターミナルもしくは天神バスセンター窓口で購入可能です。詳細は後述の参考サイトのリンクから西鉄グループまたは島鉄バスのサイトで確認してください。

仁田峠への乗合タクシーについて

雲仙温泉街から仁田峠までは平成観光タクシーの乗合タクシーも運行されています。

ただし、乗り合いタクシーの利用は事前予約が必要となりますのでご注意ください(下の画像の看板下に平成観光タクシーの電話番号が写ってます(※画像はクリックすると拡大できます))。

 乗合タクシーの運賃は430円(子供は220円)。

仁田峠の乗合タクシー時刻表の画像

 画像は仁田峠に設置してある乗合タクシーのりばの時刻表。


蛇足

アビタシオン雲仙の裏手にある登山道から仁田峠に登る場合

雲仙温泉街から池ノ原の遊歩道入口まで車道ではなく登山道を歩くことも可能です。

雲仙温泉街の登山道入口は、アビタシオン雲仙の裏手にあります。

別所口バス停前のT字路の画像島鉄雲仙営業所前から仁田峠方面に少し歩くと、別所口バス停のところでT字路になっていますのでそこを左折し、すぐに右折してホテル東洋館横の小道に入ってください。

 画像は別所口バス停前のT字路を振り返って撮影。)

アビタシオン雲仙の裏にある登山道入口の画像その先のT字路を右に入って道なりに歩くと、アビタシオン雲仙さんの裏手に登山道の入口を見つけることができます。

 画像はアビタシオン雲仙の裏手にある登山道入口と案内板。ここから池ノ原まで登ることができます。)

雲仙バス停(または別所口バス停)からアビタシオン雲仙裏手の登山道入口までの道順です(B地点は別所口バス停)。


参考サイト

西鉄グループ
http://www.nishitetsu.co.jp/

島鉄グループ
http://www.shimatetsu.co.jp/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス