若杉山の登山口 千手院・7番札所 にアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

篠栗四国八十八ヶ所の霊山である若杉山

若杉山頂の画像明らかに登山口と呼べる入り口はないようで、JR篠栗線の篠栗・筑前山手・城戸南蔵院前の各駅から「へんろ道」と書かれた案内板(または石柱)を頼りに登ります。

登山道が麓から山頂まで通しでつながっているわけではなく、途中で車道を歩いたかと思えばお寺の中を通り抜けたり、民宿の庭先を通ったりとバラエティーに富んだ山登りを堪能できます。

初めて歩くときは「ほんとにこのコースでいいの?」と疑心暗鬼になってしまい、正しいルートを探そうと右往左往して(たいていそのまま歩いて大丈夫なのですが・・・)ガイドブックに記載されたコースタイムの3倍以上時間を使ってしまう(私だけかもしれませんが)ぐらい難易度の高い山です。

今回は、JR城戸南蔵院前駅から少し登ったところにある7番札所とその先の三角寺・千手院を登山口と考えてそこまでのアクセス方法をご紹介します。

 登山口データ
 山岳名  若杉山
 登山口名  7番札所・千手院
 最寄バス停  -
 最寄駅  JR城戸南蔵院前駅、JR篠栗駅、JR筑前山手駅(以上JR篠栗線)


若杉山の登山口 千手院・7番札所 にアクセスする方法

~ JR博多駅から篠栗線を利用しJR城戸南蔵院前駅から歩く ~

スポンサーリンク

STEP1
(博多駅から城戸南蔵院前駅まで)

JR博多駅から篠栗線を利用し城戸南蔵院前駅で下車する。

 運賃は360円。

 篠栗線は比較的本数も多いためこのページでは時刻表を作成していません。時刻表はJRのサイトで確認してください。なお、博多駅からの所要時間はおおよそ30分です。

STEP2
(城戸南蔵院前駅から千手院まで)

JR城戸南蔵院前駅から7番札所・三角寺・千手院まで歩く。

JR城戸南蔵院前駅の画像スタートはJR城戸南蔵院前駅です。

駅の外にはトイレもあります。

JR城戸南蔵院前駅から国道201号線手前に架かる橋の画像駅を出て左側に歩くと橋が架かっていますので橋を渡ってその先の信号を左折します。

左折したらそのまま車道を直進します。ちなみに、この車道が国道201号線。

国道201号線から7番札所方面への入り口の画像多々良川にかかる短い橋を渡って少し歩くと左側に入る車道が見えてきますのでそこを左折。ボーっと歩いていると見過ごしてしまうので注意です。

7番札所へ続く坂道の画像ここから坂を上って行きます。

(※左の写真の先に見える高架はJRの線路です。その先に八木山バイパスの高架があり、その高架をくぐり抜けたすぐ先の左側に「へんろ道」の案内板があります。「へんろ道」は登山道になっていて7番札所への近道となります)

7番札所の画像車道をそのまま歩くか「へんろ道」の山道を歩くかしてしばらくすると7番札所に到着です。

若杉山頂へ続くへんろ道の案内板の画像ここから先は、基本的に車道歩きとなります。「へんろ道」の案内板がこんな感じでガイドしてくれます。

三角寺の画像7番札所からしばらく車道を歩くと三角寺に到着です。

千手院のトイレの画像三角寺のすぐ先が千手院。千手院にはトイレもあります。

千手院の先にある登山道入り口の画像千手院のすぐ先の左側に若杉山頂へ向かう登山道の入り口があります。

若杉山頂へ続く登山道の画像ここからようやく登山らしくなります・・・

若杉山頂へ続く林道の画像といいたいところですが、ほぼこんな感じの林道が山頂まで続きます。

参考までにマップをつけてみました。地図にするとこんな感じですが、八木山バイパスをくぐり抜けてすぐ左側に「へんろ道」の標識があり、7番札所までショートカットできる登山道を歩くことが可能です。下の地図はへんろ道を利用せず車道を歩いた場合の地図です。


参考サイト

JR九州列車の旅
http://www.jrkyushu.co.jp/train/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス