涌蓋山の登山口 筋湯温泉にバスでアクセスする方法

スポンサーリンク

九重連山の西端に位置する涌蓋山(1499.5m)。

登山道から見る涌蓋山とみそこぶし山の画像大分と熊本の県境に鎮座する独立峰です。

(📷 画像は登山道から見る涌蓋山。右手前の山はみそこぶし山。)

九重九湯(筋湯温泉、宝泉寺温泉、壁湯温泉、川底温泉、竜門温泉、湯坪温泉、筌の口温泉、長者原温泉、寒の地獄温泉)にも含まれる秘湯、筋湯温泉が登山口となります。

公共交通機関を利用して筋湯温泉にアクセスする場合は、別府や由布院から九州横断バスを利用するか、豊後中村駅前から路線バスを利用するしかありません。

そこで今回は、別府及び由布院ならびに豊後中村駅から筋湯温泉にアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は別府駅、由布院駅、または豊後中村駅(九重インター)発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から別府駅、由布院駅または豊後中村駅(九重インター)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
▶ 福岡市内から別府・大分にアクセスする方法(JR・高速バス)
▶ 福岡市内から由布院にアクセスする方法(JR・高速バス)
福岡市内から豊後中村駅・九重インターにアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭😭
 山岳名 涌蓋山
 登山口名 筋湯
 最寄バス停 筋湯バス停(日田バス・森町~中村~牧の戸線)
 筋湯温泉入口バス停(九州横断バス)
 最寄駅 JR豊後中村駅(久大本線)

スポンサーリンク

涌蓋山の登山口 筋湯温泉にバスでアクセスする方法

~ 別府または由布院から九州横断バスに乗るか豊後中村駅から路線バスに乗る ~

別府または由布院からアクセスする場合

別府市内のバス停(別府観光港[第三埠頭]・別府交通センター・別府北浜・別府駅前)または由布院駅前バスセンターから産交バスの運行する熊本行き九州横断バスに乗車し、筋湯温泉で降車する。

※ 別府市内からの運賃は2,210円、由布院からは1,650円。

別府観光港[第三埠頭]バス停(フェリーさんふらわー前バス停)の画像📷 別府観光港[第三埠頭]バス停(http://goo.gl/maps/VsM0l)。

 

 

別府交通センターの画像📷 別府交通センター(http://goo.gl/maps/jSX9O)。

 

 

【別府北浜バス停】の画像📷 別府北浜バス停(http://goo.gl/maps/E5psu)。

 

 

【別府駅前バス停(九州横断バス)】の画像📷 別府駅前バス停(http://goo.gl/maps/uSifI)。

 

 

由布院駅前バスセンター(高速バス「ゆふいん号」・亀の井バス・九州横断バス)の画像📷 由布院駅前バスセンター(http://goo.gl/maps/BTxdU)。

 

 

 

⌚ 九州横断バスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 長者原と牧ノ戸峠(九重)にバスでアクセスする方法※別府発着

九重インター・豊後中村駅からアクセスする場合

九重インターまたは豊後中村駅から日田バスの運行する長者原・牧ノ戸峠方面行き路線バスに乗車し、筋湯で降車する。

※ 運賃は910円。

九重インターチェンジバス停の画像📷 九重インターバス停(http://goo.gl/maps/NgB7w)。

 

 

【豊後中村駅】の画像📷 豊後中村駅バス停(http://goo.gl/maps/jSN5r)。

 

 

筋湯バス停(日田バス)の画像📷 筋湯バス停(http://goo.gl/maps/bgvLk)。

※筋湯バス停は左の画像の家の前にあります。

 

 

⌚ 路線バスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

長者原と牧ノ戸峠にアクセスする方法※九重IC・豊後中村駅発着

ワンポイントアドバイス

一目山からみそこぶし山を経由して登る場合

涌蓋山(一目山・みそこぶしやま)登山口の画像一目山からみそこぶし山を経由するコースの登山口( 左の画像)は筋湯温泉中心部から県道40号線を少し南側に下ったところにあります(八丁原地熱発電所の方向)。

20台ほどの駐車スペースもあります。

筋湯温泉から一目山・みそこぶし山を経由するコースの登山口までの道順はこんな感じです(徒歩約45分)。

参考サイト

産交バス(九州横断バス)
https://www.kyusanko.co.jp/sankobus/kyushu_odan/

日田バス
http://www.nishitetsu.ne.jp/hitabus/

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。


九重連山の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!