【山えさ入門】コーンフレーク茶漬け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーンフレーク茶漬け完成品の画像

スポーツドリンクのエキスがコーンフレークに浸み込んで何とも言えない変な味に。

ぐちゃぐちゃに混ぜて喉に流し込めばそんなまずく感じないから不思議です。

夏の暑い時期など「腹は減ってるけど食欲がわかない」という時に、水分補給とエナジー補給として腹を満たすならこの程度で十分です。


スポンサーリンク

◆ 材料(1人分)

・スポーツドリンクの粉末   少々(※ポカリスエット、アクエリアスなど)
・コーンフレーク         食べたいだけ(※フルーツグラノーラでも可)
・水                 カップに半分程度(※好きなだけOK)

◆ 調合方法

コーンフレーク茶漬け行程2(1)
カップにポカリスエットやアクエリアスなどスポーツドリンクの粉末を少し入れます。ちなみに粉末は100円ショップで1L用2袋入りのやつが売られています。

コーンフレーク茶漬け行程2の画像(2)
カップに半分ほど水を注ぎ、よくかき混ぜてスポーツドリンクの粉末をむらなく溶かします。もっとも、しょせん「エサ」なので混ぜ残しがあっても気にしないようにしましょう。

コーンフレーク茶漬け行程3の画像(3)
カップからはみ出ない程度にそのとき食べたいだけ適当にコーンフレークをぶち込みます。カップの外に落ちたコーンフレークは拾ってつまみ食いします。

コーンフレーク茶漬け完成品の画像(4)
ぐちゃぐちゃにかき混ぜれば出来上がりです。コーンフレークは味がないもの(プレーン味)の方がエサ具合が引き立ちます。フルーツグラノーラなどを利用するのもありですが、あまりお金をかけすぎると「山めし」になってしまうので気を付けましょう。

◆ エサ具合を和らげるコツ

スポーツドリンクを濃い目に作ると不味さが緩和される気がします。

◆ このエサの生い立ち

行動食として持参していたコーンフレークを食べようとこころみたがパサパサで喉を通らないので水につけて飲み込もうとしたところ、スポーツドリンクの粉末があったことを思い出し、どうせなら味が付いた液体に浸した方が食えるだろうと考えて試しに作ってみたら結構食えた。

◆ 他の「山えさレシピ」はこちら ≫ 山えさ入門(目次)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス