【登山は選挙に行ってから!】
2019年7月21日(日曜:07:00~20:00)は参議院議員選挙の投票日です。民主主義が機能しなくなれば自由に登山を楽しむこともできません。投票所入場券を忘れても身分証等で本人確認できれば投票可能です。登山の前に(下山後に)必ず投票へ行きましょう!

スポンサーリンク

スギとヒノキの見分け方

今回は、杉(スギ)と檜(ヒノキ)を見分ける方法についてのお話です。

伐採したスギの木たくさんの画像

 

登山道でよく見かけるスギやヒノキですが、その見分け方を皆さんご存知でしょうか?

スギもヒノキも木肌が同じなので…

登山道に植林されているスギやヒノキの画像

登山道を歩いていてもそれがスギなのかヒノキなのか見分けがつきません…よね?

スポンサーリンク

切り倒す?

たまたまチェンソーを持っているときであれば、切り倒してみるのも確認方法として有効でしょう。

登山道の人工林の伐採跡(切株)の画像

 

スギの中心は黒くなっていますが…

伐採したスギの断面の画像

 

ヒノキの中心部分は白いので一目瞭然です。

伐採したヒノキの断面の画像

 

でも、伐採の事前許可を取っておかないといけないのでこの方法はちょっと面倒…

葉っぱを見る?

もっと簡単な方法があります。

葉っぱを見る方法です。

スギの葉が固く、棒状で先が尖っているのに対し…

杉(スギ)の葉の画像

 

ヒノキの葉は柔らかく、平べったくて先が丸いのが特徴です。

檜(ヒノキ)の葉の画像

 

でも、背が高いので葉っぱの形まではよく見えませんよね?

スギやヒノキの人工林を見上げたところの画像

 

そんなときどうするか…

 

やっぱり切り倒す…?

伐採した直後のスギやヒノキの画像

いえいえ…

木の根元を見ます。

根本の落ち葉を見る!

木の根元に落ちている落ち葉を見れば良いのです。

スギやヒノキは常葉樹なので基本的に落葉しませんが、風などの影響でちぎれて落ちてしまう葉っぱが必ずありますので、木の根元を探してみましょう。

杉の木の根元の画像

 

この落ちている葉は固く、棒状で先が尖っているからスギ(杉)。

人工林の根元に落ちているスギの枯葉の画像

なので、この横に植えられているのはスギ(杉)の木です。

 

一方、こっちの葉は柔らかく、平べったくて先も丸いのでヒノキの葉。

人工林の根元に落ちているヒノキの枯葉の画像

だから、この傍に植えられているのはヒノキ(檜)の木に間違いありません。

 

「そんなこと知ってるよ」

という方も多いかもしれませんが

知らない人もいらっしゃるようなので記事にしてみました。

 

木の「上」に生えている葉っぱを確認するために

木の「下」を見るというのが意外に面白いと思ったのでご紹介した次第です。

おまけ

最後におまけ話をひとつ…

切り倒したスギやヒノキがそのままにしてあるのを見たことはありませんか?

伐採した後のスギやヒノキの画像

 

「せっかく切ったのに、なんでほったらかしにしているの?」

「もったいないじゃないのよ!」

と思ったことはないでしょうか?

でもこれ、別にほったらかしにしている訳ではないのです。

切り倒してすぐ枝を取り除いてしまうと、木が水を含んだままの状態で重くなり輸送コストが大きくなってしまいます。

そのため伐採してしばらくの間、枝をつけたままにして幹の水分を吸い上げさせるのです。

伐採して枝をつけたままにしたスギやヒノキの画像

 

そうすると吸い取られた分だけ木が軽くなり、製材所までの輸送が楽チンになります。

伐採して長さをそろえられたスギの画像

 

ちなみに、これはスギやヒノキなど人工林に限ったお話。

備長炭など木炭の原木(樫・ウバメガシなど)を切る場合は、切り倒した後すぐに枝を落とさなければなりません。

ウバメガシの原木

備長炭などの木炭を焼く際は窯の中で原木に熱を加えてギュッと小さく縮めるのですが、水分の抜けた原木ではこの「ギュッ」と縮める際に密度を高くすることが出来ず、スカスカの軽い炭に焼きあがってしまうので切り倒したらすぐに枝を打ち払い、形を整えて窯入れする必要があるからです。

黒炭

 

以上、登山にチェンソーを持って行く奴がいるわけねーだろ……のお話でした 

【PR】登山用品をレンタルするならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。
【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!