スポンサーリンク

宝満山あるある


登山口ネタに行き詰ったので、宝満山あるあるを考えてみました・・・

宝満山あるあるの画像

宝満山あるある

  • 竈門神社でお参りしている山ガールを見かけると、今日こそ何かが始まりそうな予感がする。
  • 駐車場の料金に納得いかず路肩に停められるところがないか彷徨うが、結局駐車場に引き返してしまう。
  • 水場の水流が思いのほか強く、ずぶぬれになる。
  • 登山者が多すぎて、すれ違いざまのあいさつが億劫になる。
  • すれ違いざまのあいさつが億劫になりすぎると、山ガール以外からのあいさつに答えなくなる。
  • そして最終的に、好みのタイプの山ガール以外からのあいさつは全て無視するようになる。
  • 登山道の救急箱を開けてしまう。
  • 羅漢道で道に迷う。
  • 小学生に抜かれる。
  • 「宝満山に登れたら日本中どこの山にだって登れる」と、したり顔で熱弁するおっさんが必ず一人はいる。
  • 山頂の人が多すぎて、来たことを後悔する。
  • 下山途中に水場で休憩するが、やっぱりずぶぬれになる。
  • 夕方に下山すると、下から普段着の人が登って来る。
  • 下山後の竈門神社で、「出会いの神様」が存在しないことにようやく気付く。

縁結びの神様竈門神社の画像


【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!