石巻山(石巻尾根)の間場登山口にバスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豊橋市の市街地北東に位置する石巻山(358m)

石巻山の間場登山口に設置されている道標自然歩道が整備された石巻尾根の西端にそびえる300m足らずの低山ながら、円錐形の山容が多くのハイキング愛好家を魅了し続けている東三河でも人気の秀峰として知られています。

石巻山や石巻尾根にアプローチする登山コースは複数整備されているようですが、オーソドックスな登山ルートとしては西側山麓の間場にある間場登山口を起点とするコースが比較的多く利用されているようです。

(📷 石巻山の間場登山口から見る登山コースの入口)

石巻山の間場登山口に直接アクセスする路線バスはありませんが、西に約1kmほどを通る県道31号線までは豊橋駅からの路線バスも乗り入れていますので公共交通機関を利用したハイキングも比較的簡単です。

そこで今回は、豊橋市の秀峰、石巻山(石巻尾根)の間場登山口に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は名古屋駅発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から名古屋までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
▶ 福岡から名古屋にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

ちなみに、石巻山に南側の赤岩寺方面(赤岩尾根方面)からアプローチする場合はこちらのページを参考にしてください。
▶ 赤岩寺自然歩道(赤岩尾根)の登山口にアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度  😭
 山岳名  石巻山(いしまきやま)
 登山口名  間場登山口(あいばとざんぐち)
 最寄りバス停  石巻登山口バス停(豊鉄バス:和田辻東・嵩山・四ツ谷線)
 最寄り駅  豊橋駅(JR東海道本線)


石巻山(石巻尾根)の間場登山口にバスでアクセスする方法

~ 豊橋駅前から路線バスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(名古屋駅から豊橋駅まで)

名古屋駅からJR東海道本線(豊橋方面行き)に乗車し、豊橋駅で下車する。

※ 運賃は1,320円。

📷 豊橋駅(※画像はありません)。

STEP2
(豊橋駅前から石巻登山口まで)

豊橋駅前バス停から豊鉄バスの運行する「和田辻東」、「嵩山」または「四ツ谷」方面行き路線バスに乗車し、石巻登山口で降車する。

※運賃は380円。

豊橋駅前バス停(https://goo.gl/maps/KY8yxCMut3s)。

石巻登山口バス停(豊鉄バス)📷 石巻登山口バス停(https://goo.gl/maps/KpxtomBbb6o)。

⏰ 路線バスの時刻表を作りましたので参考にしてください(※早朝の便のみ抜粋)。

 豊橋駅前~石巻登山口 バス時刻表(※2017年版より抜粋)
 豊橋駅前 07:11 07:42 08:08 08:22 08:35 09:10 09:40
 石巻登山口 07:31 08:02 08:28 08:42 08:55 00:30 10:00
◆:土日祝運休
⚠ 時刻表は最新のものを確認してください。

⏰ 帰りの時刻表はこちらです(※夕方の便のみ抜粋)。

 石巻登山口~豊橋駅前 バス時刻表(※2017年版より抜粋)
 石巻登山口 15:34 15:58 16:08 16:28 16:42 17:12 17:47
 豊橋駅前 15:55 16:19 16:29 16:49 17:03 17:33 18:08
◆:土日祝運休 ◇:土日祝のみ運行
⚠ 時刻表は最新のものを確認してください。

STEP3
(石巻登山口バス停から間場登山口まで)

石巻登山口バス停から石巻山の間場登山口まで歩く。

石巻登山口の交差点石巻登山口でバスを降車したら、バス停横の交差点まで進み…

石巻登山口の交差点の横断歩道を渡るそのまま真っすぐに横断歩道を渡ってください。

石巻登山口の交差点横から石巻山自然歩道の入口に入る横断歩道を渡ったら、すぐ左側に石巻山自然歩道の入口がありますので、左折して石巻山自然歩道の方に進みましょう。

石巻山自然歩道の入口から車道を直進するあとは車道を道なりにひたすら直進するだけです。

石巻山自然歩道の入口から車道を直進し県道31号線を横切る途中、県道31号線が横切りますが、そのまま直進すると…

石巻山の間場登山口前のT字路その先でT字路に突き当たります。

石巻山の間場登山口前石巻山の間場登山口はそのT字路の正面にありますので…

石巻山の間場登山口に設置されている道標道標に従って石巻山自然歩道に入り石巻山の山頂を目指してください。

石巻登山口バス停から石巻山の間場登山口までの道順はこんな感じです。


参考サイト

豊鉄バス
http://www.toyotetsu.jp/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス