石割山の登山口 平野の石割神社にバスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山中湖の北側にそびえる石割山(1412.5m)。

石割神社の参道入口山梨県の山中湖村と忍野村の境界上に位置する中級山岳で、尾根続きの長池山や平尾山、大出山などとの縦走コースが山梨のみならず神奈川や東京周辺の登山愛好家に古くから親しまれている富士五湖でも人気のハイキングスポットとして知られています。

石割山の登山ルートはいくつかありますが、一般的には南山麓の平野地区にある石割神社の参道入口から直登するコースと、西側の大出山の登り口から稜線まで登り大出山から長池山、大平山、平野山と縦走するコースを周回ルートで登るのが一般的なようです。

(📷 画像は平野にある石割神社の参道入口)

このうち、平野の石割神社から直登するコースは、平野が高速バスのバス停となっていることから東京方面からアプローチする場合も非常に簡単です。

そこで今回は、石割山の登山口となる平野の石割神社に東京方面から高速バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は東京(新宿)発着のアクセス方法となりますので、福岡から東京(新宿)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
福岡から東京にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

ちなみに、石割山に西側の大平山方面から縦走してアプローチする場合はこちらのページを参考にしてください。
▶ 大平山・石割山の登山口 大出山入口にアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度  😭😭
 山岳名  石割山(いしわりやま)
 登山口名  石割神社の参道入口
 最寄りバス停  平野(山中湖)バス停(京王バス東等:新宿~富士五湖線)
 石割山ハイキングコース入口バス停(富士急山梨バス:ふじっ湖号)
 最寄り駅  –


石割山の登山口 平野の石割神社にバスでアクセスする方法

~ バスタ新宿から高速バスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(新宿から平野まで)

バスタ新宿から京王バス東・富士急山梨バス・フジエクスプレスの共同運行する「富士五湖」行き高速バス(新宿~富士五湖線)に乗車し、終点の山中湖(平野)で降車する。

※ 運賃は2,100円。

バスタ新宿📷 バスタ新宿(新宿駅新南口)(https://goo.gl/maps/qLxVoiUXqBz)。

平野(山中湖)バス停(京王バス東、富士急山梨バス等)📷 山中湖(平野)バス停(https://goo.gl/maps/517gFJTgmAG2)。

⏰ この路線のバスは比較的本数が多いのでこのページでは時刻表は省略します。高速バスの発着時刻については後述の参考サイトから京王バス・富士急山梨バス・フジエクスプレスのサイトにアクセスして各自お調べください。

STEP2
(平野から石割神社の参道入口まで)

平野バス停から石割山の登山口となる石割神社の参道入口まで歩く。

平野バス停から国道413号線を道志方面に進む平野(山中湖)でバスを降車したら、バス停横の信号のある交差点を右折して国道413号線を道志方面に歩いてください。

国道413号線の石割山ハイキングコース入口バス停横から石割神社の参道入口に向かう脇道に入る200mほど歩いたら赤い鳥居のある不動明王社に着きますので、左の小路に入ってください。

(※ここに石割山ハイキングコース入口のバス停があります※後述します。)

石割神社前宮を右に見送り石割神社の参道入口の方に進むあとは石割神社の参道に続く車道をまっすぐ進むだけです。

石割神社の参道入口前石割神社前宮から1.5kmほど歩いたら、石割神社の参道入口に到着。

右手に見える橋を渡ったら…

石割神社の参道入口石段を登り、石割山に続く登山コースに入ってください。

平野バス停から石割山の登山口となる石割神社の参道入口までの道順はこんな感じです。


ワンポイントアドバイス

路線バスを利用してアクセスする場合

路線バスを利用する場合は富士山駅や河口湖駅から富士急山梨バスなどの運行する「平野」方面行き路線バス(道志線・平野線)もしくは「ふじっ湖号」などに乗車し、石割山ハイキングコース入口バス停で降車してください。

※富士山駅バス停から石割山ハイキングコース入口までの運賃は790円。

石割山ハイキングコース入口バス停(富士急山梨バス)📷 石割山ハイキングコース入口バス停(https://goo.gl/maps/hgefsBQJPH92)。


参考サイト

京王バス
http://www.keio-bus.com/

富士急行
http://www.fujikyu.co.jp/

富士急山梨バス
http://bus.fujikyu.co.jp/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス