えびの高原とえびの高原バス停(左側の建物の前にバス停があります)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

えびの高原とえびの高原バス停(左側の建物の前にバス停があります)。の画像

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス