虚空蔵山の岩屋・木場登山口にバスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

九州のマッターホルンとも称される虚空蔵山(608.5m)。

犬の墓の画像

九州百名山の一つにも数えられる秀峰で、山頂の展望の良さから多くのハイキング愛好家に親しまれている長崎でも有数の登山スポットです。

 画像は虚空蔵山の山中にある犬の墓。)

九州でも人気の山岳だけあって登山ルートも複数あるようですが、長崎の川棚町方面から登る場合は岩屋登山口もしくは木場登山口から入山するコースが多く利用されているようです。

川棚町の岩屋・木場登山口に直接アクセスする路線バスはありませが、途中まで西肥バスの路線場を利用することができるため公共交通機関を利用したハイキングも問題ありません。

そこで今回は、虚空蔵山の登山口である岩屋登山口と木場登山口に路線バスを利用してアクセスする方法をレポートすることにいたしましょう。

なお、虚空蔵山に川内登山口から登る場合はこちらのページを

▶ 虚空蔵山 川内登山口へのアクセス方法(樋口バス停から歩く)

また、嬉野の不動山方面から登る場合はこちらのページを参考にしてください。

虚空蔵山の登山口 不動山にアクセスする方法※武雄温泉までJR

虚空蔵山の登山口 不動山に嬉野温泉経由でアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥
 山岳名  虚空蔵山
 登山口名  岩屋登山口、木場登山口(日向の棚田)
 最寄バス停  石木バス停(西肥バス)
 最寄駅  JR川棚駅(JR大村線)


虚空蔵山の岩屋・木場登山口にバスでアクセスする方法

~ 博多駅からJR在来線に乗車し、川棚駅前で西肥バスに乗換える ~

スポンサーリンク

STEP1
(博多駅から川棚駅まで)

特急かもめに乗車する場合(早岐経由)

JR博多駅から特急かもめに乗車し、肥前山口駅で佐世保線に乗り換え、更に早岐駅で大村線に乗り換えて川棚駅で下車する。

運賃は3,520円(※土日祝は3,720円)(肥前山口までの指定席特急券1,100円(※土日祝は1,300円)含む)。

特急かもめに乗車する場合(諫早経由)

JR博多駅から特急かもめに乗車し、諫早駅で大村線の佐世保行きシーサイドライナーに乗り換えて川棚駅で下車する。

運賃は4,650円(※土日祝は4,850円)(諫早までの指定席特急券1,500円(※土日祝は1,700円)含む)。

特急ハウステンボスに乗車する場合

JR博多駅から特急ハウステンボス号に乗車し、早岐駅で長崎行きのシーサイドライナーに乗り換えて川棚駅で下車する。

 運賃は3,920円(※土日祝は4,120円)(早岐までの指定席特急券1,500円(※土日祝は1,700円)含む)。

 割引乗車券などの情報は後述のワンポイントアドバイスをご覧ください。

STEP2
(川棚駅から石木まで)

JR川棚駅の横のそばにある川棚バスセンターから西肥バスの運行する「内海」行き路線バスに乗車し、石木で降車する。

 運賃は150円。

 バス停の位置
 川棚バスセンター  http://goo.gl/maps/H1nf5
 石木  http://goo.gl/maps/M5XI3

 博多駅から石木バス停までの乗換時刻表を作りましたので参考にしてください。

 川棚駅~石木 バス時刻表(※午前中の便のみ抜粋)
川棚BC発 07:10 07:50 08:10 09:10 11:02 11:30
石木着 07:14 07:54 08:14 09:14 11:06 11:34
の便は日祝運休(平日と土曜日のみ運行)
 時刻表はJRおよび西肥バスのサイトで最新のものを確認してください。

STEP3
(石木バス停から岩屋登山口または木場登山口まで)

石木バス停から岩屋登山口もしくは木場登山口まで歩く。

石木バス停から岩屋登山口の林道入口までの道順はこんな感じです。

石木バス停から日向の棚田で有名な木場地区までの道順はこんな感じです。

 なお、川棚駅から岩屋登山口および木場登山口までの道順については、川棚町観光ガイドさんのサイトのコンテンツが写真入りで分かり易いです(後述の「参考サイト」にリンクを張っています)。


ワンポイントアドバイス

JRの割引乗車券について

福岡市内~佐世保間の「2枚きっぷ」及び「4枚きっぷ」を利用する場合(いずれも指定席)

福岡市内から佐世保駅までの指定席特急券付乗車券についてはみどりの窓口で「2枚きっぷ」「4枚きっぷ」が販売されています。「2枚きっぷ」は4,500円(1枚あたり2,250円、有効期限1か月間)、「4枚きっぷ」は8,000円(1枚あたり2,000円、有効期限2か月間)で購入可能です。

博多駅~肥前山口間の「2枚きっぷ」および「4枚きっぷ」を利用する場合(いずれも自由席)

福岡市内から肥前山口駅までの自由席特急券付乗車券についてはみどりの窓口で「2枚きっぷ」「4枚きっぷ」が販売されています。「2枚きっぷ」は3,340円(1枚あたり1,670円、有効期限1か月間)、「4枚きっぷ」は6,280円(1枚あたり1,570円、有効期限2か月間)で購入可能です。

福岡市内~大村間の「2枚きっぷ」及び「4枚きっぷ」を利用する場合(いずれも指定席)

福岡市内~大村間の指定席特急券付乗車券については緑の窓口で「2枚きっぷ」「4枚きっぷ」が販売されています。「2枚きっぷ」は6,000円(1枚あたり3,000円・有効期間1か月)、「4枚きっぷ」は11,080円(1枚あたり2,770円・有効期間2か月)で購入可能です。
ちなみに2枚きっぷと4牧きっぷは諫早~大村間の普通乗車券も含まれているようです(特急かもめは大村で停車しないため諫早で下車して大村線に乗換える必要があるから)。詳細はJRの窓口でお尋ねください。

なお、JRの割引切符の詳細は、後述の「参考サイト」から「JR九州列車の旅」のサイトにアクセスしてご確認ください。


参考サイト

JR九州|JR九州列車の旅
http://www.jrkyushu.co.jp/train/

西肥バス
http://www.bus.saihigroup.co.jp/

川棚町観光ガイド
http://www.kawatana.jp/kankou/

川棚町観光協会|木場地区にある日向の棚田のページ
http://kankou-kawatana.jp/spot/tanada.html


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス