【登山口ねっと!日本昔話】 第壱話 三つ子石

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


三つ子石(香川県木田郡三木町)

むかしむかし、讃岐のとある村に、大そう意地悪な継母がおってのぉ

毎日のように継子に無理なことを言いつけていじめておったんじゃ

その日も、いつものように継子を困らせて面白がろうとしたんじゃろうか

継子を大きな岩の前に連れて行き

「おい、この岩を背負って歩かんかい」と

縄を放り投げてせせら笑っとったそうな

継母に好いてもらいたい一心の継子は、べそを掻きながら大きな岩に縄をかけ

「よいしょ」と膝を立ててみた

そうしたら、なんとも不思議なことに

ひょい、と大きな岩が軽々と持ち上がったそうな

それを見た継母は

「これは熊野権現様のご加護じゃ~」

と恐れをなし、改心して継子をやさしくかわいがったげな


スポンサーリンク

三つ子石

香川県のハイキングスポットとして知られる嶽山と二子山の間に「三つ子石池」という池があり、その北側にポツンと置かれたような大きな岩が「三つ子石」と呼ばれています。
三つ子石には子供が背負った時に付いた縄の跡が残っていると伝えられていますが、一説には熊野清光という武士が熊野権現の霊夢によって運んだとも言われています。

ちなみに、三つ子石の場所はココ→https://goo.gl/maps/2MBK9

なお、嶽山および両子山登山口へのアクセス方法についてはこちらのページをご覧ください。
 嶽山の嶽山登山口と三木町総合運動公園にアクセスする方法
 二子山の登山口 公渕森林公園にアクセスする方法

※このページは登山口ねっと!のfacebookページに掲載した記事を加筆修正したものです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス