六ヶ岳の宮若市側の登山口にバスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

直方市、宮若市、鞍手町の3市町にまたがる六ヶ岳。

六ヶ岳山頂2の画像標高は338.9mしかありませんが、展望の開けた山頂は初日の出にもピッタリの低山といえるでしょう。

宮若市側から登る場合の登山口は、本城地区の竜徳バス停または北校下バス停から林道を登ったところにあるため池の横にあります。

今回は、福岡・博多から六ヶ岳の宮若市側の登山口である竜徳バス停と北校下バス停までアクセスする方法をレポートいたします。

なお、鞍手町側の鞍手登山口から登る場合はこちらのページを参考にしてください。。
▶ 六ヶ岳の鞍手登山口に鞍手町の町営バスでアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度   😥
 山岳名  六ヶ岳
 登山口名  内野池、西教寺、宮田北小学校(付近)
 最寄バス停  竜徳バス停(JR九州バス)、北校下バス停(JR九州バス、西鉄バス)
 最寄駅  JR直方駅


六ヶ岳の宮若市側の登山口にバスでアクセスする方法

~ 博多バスターミナルからJRバスで直接アクセスする ・ JR直方駅前から西鉄バスに乗り換えてアクセスする ~

スポンサーリンク

STEP1
(福岡市内から北校下または竜徳まで)

JR九州バスを利用する場合

 博多バスターミナルから直方行きJR九州バスに乗車し「北校下」または「竜徳」バス停で降車する。

 博多BTからの運賃はどちらのバス停で降車しても1,150円。

北校下バス停(JR九州バス)の画像 北校下バス停(http://goo.gl/maps/cvoXc)。

竜徳バス停の画像 竜徳バス停(http://goo.gl/maps/Bz732)。

 JR九州バスの時刻表を作りましたので参考にしてください。

 直方行きJR九州バス時刻表(※博多BT発、午前中の便のみ抜粋)
平日 土日祝
博多バスターミナル発 06:30 09:30 11:00 08:00 09:00 11:00
北校下バス停着 07:58 11:03 12:33 09:28 10:28 11:28
竜徳バス停着 07:59 11:04 12:34 09:29 10:29 11:29
 時刻表はJR九州バスのサイトで最新のものを確認してください。

直方駅までJRで移動して西鉄バスに乗り換える場合

Step1
(博多駅からの直方駅まで)

JR博多駅からJR在来線を乗り継いでJR直方駅まで移動する。

※在来線は博多駅から篠栗線に乗車するか(桂川から筑豊本線※直通)、鹿児島本線(上り)に乗車して折尾で筑豊本線に乗り換えてください。

 博多から直方駅までの在来線運賃は910円。

Step2
(直方駅から北校下まで)

し、JR直方駅前の直方バスセンターから西鉄バスの運行する宮若市役所行き[10]路線バスに乗車し、北校下バス停で降車する。

 直方バスセンターから北校下までのバス運賃は340円。

直方バスセンター(http://goo.gl/maps/XJJBW)。

北校下バス停(西鉄バス)の画像 北校下バス停(http://goo.gl/maps/LbYMi)。

 路線バスの時刻表を作りましたので参考にしてください。

 直方バスセンター~北校下 バス時刻表(※午前中の便のみ一部抜粋)
平日 土日祝
直方BC 06:50 07:30 08:40 09:40 10:50 08:00 09:00 10:00 11:20
北校下 07:14 07:54 09:04 10:04 11:14 08:24 09:24 10:24 11:44
 時刻表は西鉄バスのサイトで最新のものを確認してください。

なお、JR博多駅からJR直方駅までのアクセス方法及び時刻表は『尺岳の登山口 竜王峡(直方駅からコミュニティバスに乗る)』のページにも記載しています。

STEP2
(竜徳または北校下バス停から六ヶ岳の登山口まで)

竜徳バス停または北校下バス停から登山口まで歩く。

竜徳バス停から歩く場合

竜徳バス停の画像 竜徳バス停

竜得バス停からの道順はこんな感じです。

北校下バス停から歩く場合

北校下バス停(JR九州バス)の画像 JR九州バスの北校下バス停

北校下バス停(西鉄バス)の画像

 西鉄バスの北校下バス停

ここではJR九州バスの北校下バス停からの道順を挙げておきます。


参考サイト

JR九州バス
http://www.jrkbus.co.jp/index.html

JR九州列車の旅
http://www.jrkyushu.co.jp/train/

西鉄グループ
http://www.nishitetsu.co.jp/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス