鏡石山・熊尾寺山の登山口 別所越え登り口にアクセスする方法

スポンサーリンク

海南市の東の郊外に位置する鏡石山(555m)と熊尾寺山(543m)。

薬師院禅林寺(海南市)ウバメガシの雑木林に囲まれた、紀北の秀峰です。

熊野古道にも通じる市街地に近い里山だけあって登山ルートは複数あるようですが、北側の別所越方面から登る場合は国道370号線から住宅街を奥に進んだところにある別所越えへの登り口が登山口となります。

(📷 画像は別所越えの登り口に行く途中に通る禅林寺。高野長峰霊場の第一番札所としても有名らしいです。)

そこで今回は、鏡石山および熊尾寺山の登山口となる別所越えの登り口にアクセスする方法をご紹介いたしましょう。

なお、今回は和歌山駅発着のアクセス方法となりますので、和歌山までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
大阪から和歌山にアクセスする方法(JR・南海電車)

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭😭
 山岳名 鏡石山、熊尾寺山、別所越え
 登山口名 別所越え登り口
 最寄バス停 –
 最寄駅 海南駅(JR紀勢本線)

スポンサーリンク

鏡石山・熊尾寺山の登山口 別所越え登り口にアクセスする方法

~ 海南駅から歩く ~

STEP1
(和歌山駅から海南駅まで)

和歌山駅からJR紀勢本線(御坊行き)に乗車し、海南駅で下車する。

※ 運賃は240円。

JR海南駅📷 JR海南駅(西口)。

 

 

 

STEP2
(海南駅から別所越えの登り口まで)

海南駅から禅林寺前を通り別所越えの登り口まで歩く。

JR海南駅(東口)海南駅でJRを下車したら、駅の東口に出てください。

 

 

JR海南駅の東口前の車道東口から駅の外に出たら、駅前の車道を東に真っ直ぐ進みます。

 

 

JR海南駅の東口から健康ロードに入るところ駅から150mほど歩いたら、「健康ロード」の入口があるのでここから遊歩道に入ってください(健康ロードについては後述の蛇足を参照ください)。

 

 

 

海南駅から健康ロードの入口までの道順はこんな感じです。

健康ロードから国道370号線の幡川交差点に出るところ健康ロードをまっすぐ進み、高速道路の高架下をくぐって国道370号線の幡川の交差点に着いたら…

 

 

国道370号線の幡川交差点の横断歩道を渡るところ横断歩道を使って国道の反対側に(ローソンの方に)渡ってください。

 

 

国道370号線の幡川交差点横のローソン手前から左に入る高速の高架の手前にコンビニ(ローソン)の横に小路がありますので、ローソンの左にある小路に入ります。

 

 

国道370号線の幡川交差点横のローソン手前から左に入った先で小さな橋を渡るところ道なりに小路を進み、小さな橋を渡って道なりに直進すると…

 

 

禅林寺の手前のT字路T字路にぶつかるので左折。

 

 

禅林寺の手前のT字路を左に入った先にある分岐すぐ先の分岐も左にとって道なりに進むと…

 

 

禅林寺の手前で橋を渡るところ川があるので橋を渡って川沿いを真っ直ぐ進みましょう。

 

 

禅林寺前の車道(海南市)禅林寺を左に見送りさらに川沿いを進んだら…

 

 

禅林寺(海南市)の先で橋を渡るところその先で再び橋を渡ります。

 

 

禅林寺(海南市)の先で橋ってすぐに左折する橋を渡ったらすぐ先のT字路を左折。

 

 

別所越えの登り口手前の住宅街の坂道(海南市)道なりに真っ直ぐ進み、住宅街の坂を上って行くと…

 

 

別所越えの登り口(海南市)別所越えに続く登山道の入口に到着です。

 

 

 

ローソンの横で小路に入る地点から禅林寺を経由して別所越えの登り口までの道順はこんな感じです。

蛇足

健康ロードって何?

海南市の健康ロードとは、廃線となった野上電気鉄道の軌道が遊歩道として整備されたものです。

海南市の健康ロードの案内図

参考サイト

JR西日本
https://www.westjr.co.jp/

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。


【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

紀北の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!