スポンサーリンク

万年山の登山口に豊後森駅からバスでアクセスする方法

九重連山の北西に位置する万年山(1140.2m)。

万年山登山道の入口付近(黒猪鹿地区)の画像切り立った断崖が特徴的な大分の秀峰です。

(📷 画像は黒猪鹿地区の登山道入口を撮影したもの。)

大分でも人気の山岳だけあって万年山の登山ルートもいくつかあるようですが、万年山の南東部、黒猪鹿地区から登る場合には黒猪鹿地区改善センターの近くにある九州自然歩道入口から登山コースに入ることが可能です。

そこで今回は、福岡市内から黒猪鹿地区にある万年山登山口(九州自然歩道入口)にアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭😭
 山岳名 万年山
 登山口名 万年山登山口(黒猪鹿地区の九州自然歩道入口)
 最寄バス停 黒猪鹿バス停(九重町営バス・うるが線)
 柚の木バス停(大分交通(豊後森~菅原・串野温泉線)
 最寄駅 JR豊後森駅(久大本線)

スポンサーリンク

万年山の登山口に豊後森駅からバスでアクセスする方法

~ 豊後森駅から路線バス、または引治駅からコミュニティバス ~

STEP1
(福岡市内から豊後森駅まで)

JRを利用する場合

博多駅からJR在来線(久留米まで鹿児島本線、それ以降は久大本線)に乗車し、豊後森駅で下車する。

※ 運賃は2,070円(特急ゆふ号・ゆふいんの森号を利用する場合は特急券1,700円が別途必要)(※割引切符などの情報は後述のワンポイントアドバイスをご覧ください)。

高速バスを利用する場合

Step1
(福岡市内から玖珠インターまで)

博多バスターミナル、天神バスセンターから西鉄バスの運行する湯布院行き高速バス「ゆふいん号(注2)」に乗車し、玖珠インターで降車する。

※ 運賃は2,450円(※割引乗車券は後述のワンポイントアドバイスをご覧ください)。

Step2
(玖珠インターバス停から豊後森駅まで)

玖珠インターバス停から豊後森駅まで歩く。

道順はこんな感じです(徒歩約20分)。

STEP2
(豊後森駅前から柚の木バス停まで)

豊後森駅前バス停から大分交通の運行する菅原・二瀬・串野温泉方面行き路線バスに乗車し、柚の木で降車する。

※ 運賃は560円。

JR豊後森駅と豊後森駅バス停の画像

📷 豊後森駅と豊後森駅バス停(http://goo.gl/maps/IjEE7)。

 

 

柚の木バス停(大分交通)の画像📷 柚の木バス停(http://goo.gl/maps/medNC)。

 

 

 

⌚ 路線バスの時刻表を作りましたので参考にしてください(午前中の便のみ抜粋)。

 豊後森駅~柚の木 バス時刻表(※2019年版)
 豊後森駅07:4508:1609:1009:4010:4011:14
 柚の木08:0508:3609:4210:0011:0011:34
〇:毎日運行 ◇平日のみ運行 ◆:土日祝のみ運行
⚠ 時刻表は大分交通で最新のものを確認してください。

⌚帰りの時刻表はこちらです(夕方以降の便のみ抜粋)。

 柚の木~豊後森駅 バス時刻表(※2019年版)
 柚の木14:2215:1015:5316:0116:3917:37
 豊後森駅14:4215:3016:1316:2116:5917:57
〇:毎日運行 ◇平日のみ運行 ◆:土日祝のみ運行
⚠ 時刻表は大分交通で最新のものを確認してください。

STEP3
(柚の木バス停から万年山の登山口まで)

柚の木バス停から登山口まで歩く。

柚の木バス停横の万年山方面への道の画像柚の木でバスを降車したら、すぐ横のT字路から脇道に入ってください。

 

 

黒猪鹿地区改善センター(九重町コミュニティバスうるが線・黒猪鹿バス停)の画像すぐ先のT字路を右にとり、そのまま道なりに真っ直ぐ進みましょう。

バス停から歩くこと50分ほどで黒猪鹿地区改善センター(左の画像)に到着します。

ちなみに後述の「蛇足」にも記載していますが、ここには九重町の運行するコミュニティバス「うるが線」の黒猪鹿バス停があります。

黒猪鹿地区改善センター前の3差路の画像改善センターに到着したら、改善センターの手前からUターンするように右側の小道に入ります。

左の画像は改善センターから柚の木バス停から来た道を振り返って撮影したもので右側の道が柚の木バス停から来た道。登山口は画像左側の道に進んでください。

黒猪鹿地区改善センターから万年山登山口に至る途中の分岐の画像改善センターから5分ほど歩くと分岐があるので左折します。

 

 

万年山登山道の入口付近(黒猪鹿地区)の画像左折してそのまま道なりに進むと万年山登山道に至ります。

※登山道入口付近に駐車場はありません。自家用車でアクセスする場合は後述の「蛇足の蛇足」に記載した別の登山口を利用してください。

 

柚の木バス停から万年山の登山口までの道順はこんな感じです(徒歩約30分)。

蛇足

引治駅から九重町のコミュニティバスを利用する場合

九重町の運行するコミュニティバスの「うるが線」を利用すると、柚の木バス停よりも登山口に近い黒猪鹿バス停で降車することが出来ます。

黒猪鹿地区改善センター(九重町コミュニティバスうるが線・黒猪鹿バス停)の画像

📷 黒猪鹿バス停(http://goo.gl/maps/V79vx

(※バス停は黒猪鹿地区の改善センターの前にあります)

 

このコミュニティバスの「うるが線」は引治駅前のバス停(http://goo.gl/maps/5wpm1)から乗車することができますが、水曜と金曜のみの運行(※祝日は運休)で、豊後森駅から引治駅に移動する際の久大本線の普通列車の本数も少なくコミュニティバスとの乗継ぎが不便なことからこの前述の”STEP2”に記載しませんでした。

もっとも、万年山の登山口周辺で野宿前泊する人もいるかもしれませんので、ここでは念のため引治駅バス停から黒猪鹿バス停までのコミュニティバスの「うるが線」の時刻表を掲載しておくことにします。

※ なお、コミュニティバスの運賃は一律300円(小学生150円)です。

⌚ コミュニティーバスの時刻表を作りましたので参考にしてください。

 引治駅~黒猪鹿改善センター バス時刻表(※2019年)
水金のみ運行(祝日・正月は運休)
 引治駅09:1811:4814:48
 黒猪鹿09:4412:1415:14
⚠ 時刻表は九重町で最新のものを確認してください。

⌚ 帰りの時刻表はこちらです。

 黒猪鹿改善センター~引治駅 バス時刻表(※2019年)
水金のみ運行(祝日・正月は運休)
 黒猪鹿08:1610:2612:41
 引治駅08:4210:5213:07
⚠ 時刻表は九重町で最新のものを確認してください。

自家用車でアクセスする場合

黒猪鹿地区改善センターの先の分岐の画像今回ご紹介した黒猪鹿地区改善センター近くの登山口には駐車場はありません。

車でアクセスする場合は黒猪鹿地区改善センターの先の分岐を右にとり道なりに進みます。

万年山林道の入口(口の園2バス停)の画像そのまま道なりに5分ほど走らせるとさらに分岐があるのでそこも右側の林道に進みます。

目印は「口の園2」のバス停。

 

万年山登山口(駐車スペースのある登山口)の画像さらに10分ほど車を走らせると、駐車スペースのある登山口に到着です。

3台程度の駐車スペースがあります。

 

ワンポイントアドバイス

JRの割引切符について

2枚きっぷを利用する場合

博多~豊後森間で利用可能な自由席特急券付乗車券としては、緑の窓口で「2枚きっぷ」が販売されています。
「2枚きっぷ」は5,200円(1枚あたり2,600円・有効期間1か月)で購入可能です。
※博多~豊後森の区間では4枚きっぷおよび10枚きっぷは販売されていません。
※金券ショップでは博多~豊後森間の特急券付乗車券は販売されていないようです。

高速バスの割引乗車券について

4枚つづり回数券を利用する場合
福岡~別府・大分・由布院間高速バス4枚つづり回数券の画像福岡市内~玖珠IC間の高速バス割引乗車券は販売されていないようです。

福岡市内~湯布院・別府・大分間で使用可能な4枚綴り回数券が博多バスターミナルなどの正規窓口で8,220円で販売されていますのでこれを利用するしかないでしょう。

なお、同回数券の金券ショップにおける1枚当たりの価格相場は2,200円です。

参考サイト

JR九州列車の旅
http://www.jrkyushu.co.jp/train/

西鉄グループ
http://www.nishitetsu.co.jp/

大分交通
http://www.oitakotsu.co.jp/

九州のバス時刻表
http://qbus.jp/time/

九重町
http://www.town.kokonoe.oita.jp/
※時刻表→http://www.town.kokonoe.oita.jp/docs/2018091900022/file_contents/3jikoku.pdf

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。


【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

九重連山の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!